上野渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上野 渉(うえの わたる、1990年8月2日-)は日本陸上競技選手。専門は長距離福岡県宗像市出身。身長171cm、体重53kg。宗像市立日の里西小学校、宗像市立日の里中学校仙台育英学園高等学校駒澤大学法学部政治学科卒業。HONDA在籍。

来歴・人物[編集]

福岡県宗像市立日の里中学時代に陸上競技を初め、2年生の時に全国中学大会3000m2位、全国中学駅伝優勝、3年生で全国中学大会3000m優勝を経験する。仙台育英高校進学後に兵庫国体で3000m3位に入賞を果たす、2年の時に全国高校駅伝で優勝に貢献し、3年の全国高校駅伝でのちにチームメイトになる千葉健太と競り合い1区区間賞を獲得。

駒澤大学進学後に1年生でトラック5000mで13分台、10000m28分台に突入し、第86回箱根駅伝予選会(20km)では1時間00分17秒の個人17位で健闘をするが、本選では故障で欠場をした。2年生になった上野は、第22回出雲駅伝で5区を走り、区間新記録を樹立。第42回全日本大学駅伝では鎧坂哲哉大迫傑柏原竜二に次いで区間5位の力走を見せ、第87回箱根駅伝で3区を任され、前回欠場のリベンジを成し遂げて区間5位の力走を見せて3位に貢献を果たす。第23回出雲駅伝で2区を走り、区間2位で区間新。第43回全日本大学駅伝では4区を走り、区間賞を獲得し、チームの優勝に貢献した。第88回箱根駅伝は7区を任されて、区間2位と悔しさを残した。3年の終盤にハーフマラソンのタイムを大幅更新をした。最終学年では主将として、眼鏡からコンタクトレンズに変えた。第24回出雲駅伝は3区を走ったが、チームは5位で敗れる。第44回全日本大学駅伝で2年連続で4区を走り、区間4位で優勝と大会新記録に貢献。第89回箱根駅伝はでは9区(23.2km)にエントリー、6位でタスキを受け取り、帝京大学と序盤から権太坂まで併走、中盤からペースアップをして、前を行く早稲田大学明治大学を抜いて、終盤に3位に浮上をして、区間賞と総合3位、復路優勝に貢献をした。

記録[編集]

自己ベスト

  • 5000m 13分46秒79 (2011年9月25日 日体大記録会)
  • 10000m 28分38秒33 (2013年11月30日 八王子ロングディスタンス)
  • ハーフマラソン1時間02分39秒 (2012年3月4日 立川学生ハーフ)

日本代表選出

  • 2009年 世界クロカン ジュニア40位
  • 2013年 世界クロカン 79位[1]

関連人物[編集]

脚注[編集]