久保田和真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久保田 和真 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Kazuma Kubota
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 九電工
大学 青山学院大学
生年月日 (1993-09-24) 1993年9月24日(25歳)
生誕地 熊本県の旗熊本県菊池郡菊陽町
身長 170cm
体重 48kg
自己ベスト
1500m 3分48秒49 (2013年)
5000m 13分49秒27 (2015年)
10000m 28分24秒50 (2015年)
20km 59分28秒 (2012年)
ハーフマラソン 1時間07分12秒 (2014年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

久保田 和真(くぼた かずま、1993年9月24日 - )は日本の陸上競技選手。専門は長距離走熊本県菊池郡菊陽町出身。菊陽町立菊陽中学校九州学院高校青山学院大学教育人間科学部教育学科卒業。現在は九電工に所属[1]

経歴[編集]

  • 九州学院高校1年生の時に全国高校駅伝に初出場。1年生ながら7区を走り区間賞を獲得。
  • 高校3年生の時には日本ジュニア5000mで優勝、国民体育大会5000mで準優勝、インターハイ5000mで6位入賞(日本人3位)と長距離トラックで世代トップクラスの活躍。駅伝でも全国高校駅伝のエース区間1区、都道府県対抗駅伝の高校生最長区間5区でそれぞれ区間賞を獲得した。
  • 青山学院大学1年の時に出雲駅伝で大学駅伝デビュー。3区を走り区間賞を獲得。青山学院大学の大学三大駅伝初優勝に貢献した。続いて第89回箱根駅伝箱根駅伝デビュー。3区を担当し区間4位で走った。
  • 大学2年の時には右脚腸脛靱帯の故障により大学三大駅伝をすべて欠場した。
  • 大学3年の時に右脚腸脛靱帯を手術し、全日本大学駅伝で大学駅伝に復帰。復帰戦ながらエース区間2区を区間3位でまとめた[2]。続いて第91回箱根駅伝で2年ぶりの箱根駅伝出場。1区を担当し駒澤大学の中村匠吾と1秒差の区間2位と好走した。1区から勢いに乗った青山学院大学は同校史上初の往路優勝・復路優勝・総合優勝を達成した。また、2015年世界クロカン日本代表として出場した。
  • 2015年、3年ぶりに出雲駅伝に出場。3年前に区間賞を獲得した3区を再び担当。先頭の駒澤大学と24秒差の2位でタスキを受け取ると駒澤大学の工藤有生を追走し、ラストで振り切り先頭でタスキを繋ぎ再び区間賞を獲得した。青山学院大学はその後も5区まで駒澤大学と先頭争いを繰り広げたが、6区の一色恭志が2位以下を突き放し3年ぶりの優勝を果たした。また今回から3区はコース延長となったため久保田は区間記録保持者となった。
  • 2015年、全日本大学駅伝では4区を走り、区間賞を獲得する。しかし、一旦は追い付いた東洋大学の櫻岡駿にラストで突き放され、またチームも東洋大学に敗れ、2位に終わる。
  • 2016年、第92回箱根駅伝で前年と同じく1区を走る。16キロ過ぎで集団から抜け出し、スパートをかけ、単独首位に立つ。その後、唯一付いてきた明治大学の横手健をも18キロ過ぎで振り切り、最終的に鶴見中継所では後続のランナーに21秒の差をつけて、トップでタスキを渡し、区間賞を獲得。この結果、久保田は大学4年時には、出場した大学三大駅伝全てで区間賞を獲得した。その後、青山学院大学は最終10区まで一度も首位を明け渡さず、最終的に2位の東洋大学に7分11秒の差をつけて、1977年の第53回箱根駅伝以来、39年ぶりの完全優勝を果たし、2連覇を飾った。これにより、久保田は優勝の立役者となり、大会最優秀選手に当たる「金栗四三杯」を受賞した。
  • 青学大卒業後は、既に入社内定していた福岡市の九電工・陸上部に所属中。

人物・エピソード[編集]

  • 身長170cm。血液型O型
  • 青山学院大学の同期生だった神野大地小椋裕介、1学年後輩の一色恭志と共に「青学四天王」とも呼ばれた。
  • 青学大に進学した理由として、「僕の高校(九州学院高校)は一度も優勝したことが無く、また青学大も優勝経験が無く、僕たちの走りで初優勝に導きたいと思って、敢えて此の大学を選びました」と各メディアのインタビューで語っている
  • 大学2年の時の右脚腸脛靱帯の故障で退部を考えたこともあり、かつて寮の同部屋人であった、新年度の主将に就任した藤川拓也から「辞めるか辞めないかで迷っている奴がいるのは迷惑だ。続けるなら、切り替えてくれ。辞めるなら、1月4日に出て行ってくれ」と諭され、2014年の箱根駅伝の翌日に監督の原晋と相談し、手術を決意した、とインタビューで語っている。
  • 2015年初夏にはカリキュラムの一環として、教育実習で母校の九州学院高校で国語科の教べんを取り、卒業時に中学・高校の国語科の教員免許を取得した。
  • 2015年10月、プロ野球は東京ヤクルトスワローズのファンであることを、文化放送の大学駅伝公式サイトで公表された。

ベスト記録[編集]

  • 5000m - 13分49秒27 (2013年5月18日、関東インカレ
  • 10000m - 28分24秒50 (2015年11月21日、学連10000m記録挑戦競技会祭)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]