坂口泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂口 泰(さかぐち やすし、1961年9月2日 - )は元陸上競技選手(長距離マラソン)で、陸上長距離指導者。日本陸連男子マラソン強化コーチ。

経歴[編集]

広島県世羅郡世羅町出身。古くから駅伝競走の盛んな地で、駅伝の名門広島県立世羅高校へは山奥の自宅から走って通った。全国高等学校駅伝競走大会では中心選手として2年時に4位、3年時は1区・区間賞もチームは9位だった。インターハイ1500m国体5000mで優勝[1]。卒業後は地元の広島大学に入って教師になるつもりだったが、当時早稲田大学競走部瀬古利彦に声をかけられ、中村清監督が実家まで足を運んでくれたため、早稲田大学に進学した。早稲田では箱根駅伝で2年時に9区区間新記録、3年時に9区区間賞。創部70周年の4年時には2区を走りトップを奪うと独走、早稲田30年ぶり10度目の完全優勝の原動力となる[1]。2位日体大との差は15分18秒、3位以下18校は10区で繰上げスタートとさせる圧勝劇だった。

1984年エスビー食品に入社。中村監督の「陸上は芸術」と説く指導法に大いに影響を受けた。瀬古、新宅雅也らと全日本実業団駅伝四連覇に貢献。しかし瀬古の存在は大きく、常に日陰の存在だった。マラソン転向後、1987年びわ湖毎日マラソンで2時間11分8秒で2位。1987年福岡国際マラソンソウルオリンピック最終選考会)は2時間12分25秒で7位。心臓疾患を病み現役引退を余儀なくされた[1]

1990年、郷里・中国電力の陸上部創設に参加。コーチを経て広島大学大学院に通いながら1992年監督就任。この頃の中国電力はまだ無名チームで他の社員と同様夕方まで働き夜、会社近くの暗い道を街灯の灯りを頼りに走った。無名だった油谷繁を発掘したほか、内冨恭則、五十嵐範暁、尾方剛、梅木蔵雄、佐藤敦之、沖野剛久、黒田将由、空山隆児、荒川大作などを指導。チームは2004年全日本実業団駅伝で悲願の初優勝を果たし、2000年代にはコニカミノルタと二強時代を形成した。また2003年世界陸上パリ大会で油谷・尾方・佐藤の三人でマラソン団体金メダル、2005年世界陸上ヘルシンキ大会で、尾方がマラソン銅メダルを獲るなど実績を残した。

花形選手から無名選手まで、経緯の違う選手をトップレベルに引き上げた。師である中村の指導とは少し路線を変え、長距離資質の高いスピードランナー育成で成功を収めている。指導の基本は「何をなすべきか」をわからせること、という。

日本陸連男子マラソン部長(長距離・ロード特別対策委員会)。2016年11月、陸連の2020年東京五輪男子マラソン強化コーチに就任、それに伴い中電陸上部の総監督職となった[2]

マラソン全成績[編集]

  1. 2時間25分04秒  2位 1981年勝田マラソン
  2. 2時間19分33秒  30位 1982年東京国際マラソン
  3. 2時間17分07秒  16位 1983年東京国際マラソン
  4. 2時間22分03秒  3位 1986年
  5. 2時間11分21秒  2位 1987年びわ湖毎日マラソン(生涯自己最高記録)
  6. 2時間12分25秒  7位 1987年福岡国際マラソン(ソウル五輪代表選考会 日本人5番目)

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]