設楽悠太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
設楽 悠太
したら ゆうた
Portal:陸上競技
Yuta Shitara - Rio 2016.jpg
リオデジャネイロ五輪
選手情報
フルネーム 設楽 悠太
ラテン文字 Yuta Shitara
愛称 ゆたしゃん
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走駅伝
所属 Honda
大学 東洋大学経済学部経済学科卒業
生年月日 (1991-12-18) 1991年12月18日(26歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
身長 170cm
体重 48kg
自己ベスト 1500m : 3分48秒29(2015年)
3000m : 7分59秒97(2012年)
5000m : 13分34秒68(2015年)
10000m : 27分41秒97(2017年)
ハーフマラソン :1時間00分17秒 (2017年)日本記録
マラソン:2時間06分11秒(2018年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する
2017年の東京マラソン

設楽 悠太(したら ゆうた、1991年12月18日 - )は、日本陸上競技選手。埼玉県大里郡寄居町出身。武蔵越生高等学校東洋大学経済学部卒業。Honda所属。双子二卵性双生児)であり、日立物流所属の設楽啓太は兄。ハーフマラソン日本記録保持者。

来歴・人物[編集]

小学校6年の時に兄の影響を受け、陸上を始める[1]

宝物は仲間で、好きな女性タレントは小島瑠璃子[2]、その他にももいろクローバーZ玉井詩織の大ファンでもある。

右利きだが、左利きの兄・啓太の影響を受け腕時計は右にしている。

双子の他に2歳上の姉がいる。

中学時代には兄・啓太と共にチームを初の全国中学校駅伝大会出場へと導いた。

高校時代には兄・啓太と共にチームを初の全国高等学校駅伝競走大会出場へと導いた。

兄・啓太とは大学まで同じチームで活躍していた。

2010年11月に開催された全日本大学駅伝では5区を担当。区間新の走りをしたが前を走る早大同学年の志方文典がそれを越えるタイムを出し、前との差を詰められずチームは3位になった。また、翌年1月に行われた第87回東京箱根間往復大学駅伝競走では3区を走ったが、ここでも早稲田の矢澤曜との差を広げられてしまい、チームは史上最小の21秒で敗れた。

2012年1月に開催された第88回東京箱根間往復大学駅伝競走第7区を走り、それまでの第7区の区間記録である1時間02分35秒(東海大佐藤、2008年)を3秒短縮し、1時間02分32秒で区間記録を更新。3回目となる東洋大学の総合優勝に大きく貢献した[3]。同年の出雲全日本大学選抜駅伝競走では4区を走り区間2位、また全日本大学駅伝では4区を走り区間3位となる好走をみせた[4][5]

2014年1月に行われた第90回東京箱根間往復大学駅伝競走では3区を走り、21秒前にスタートした油布郁人を捉え首位に浮上、歴代4位となる1時間02分13秒で走りきり東洋大学の往路優勝、総合優勝へ貢献した。

大学卒業後は兄・啓太とは袂をわかちHondaに入社した。2015年元旦の第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会ではルーキーながら最長区間の4区(22.0 km)を走り、10番手から4番手へ順位を上げる6人抜きの走りで兄・啓太や村澤明伸、同い年の窪田忍、4区の区間記録保持者である今井正人ら有力選手を抑え区間賞を獲得すると共に、2013年に今井が記録した1時間02分50秒を上回る1時間02分47秒の区間新記録を樹立した。

2015年は名実ともにチームのエースとなり、第99回日本選手権では10000mに出場、2位入賞を果たした。前月のゴールデンゲームズinのべおかで世界陸上参加標準記録を突破していたため、同年8月開催予定の世界陸上北京10000m日本代表に内定。兄の啓太に先んじて初の世界陸上出場を決めることになった。世界陸上では、2周回遅れの23位であった。

2016年元旦の第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会では前年区間記録を樹立した4区を1時間02分45秒で走り、区間記録を更新し区間賞を獲得、Hondaを一時先頭まで押し上げた[6]。悠太は大学2年生の2012年箱根駅伝以来、2012年から2014年の箱根駅伝、2015年・2016年のニューイヤー駅伝、2017年の天皇盃、2018年の第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会と7年連続正月の駅伝大会で区間賞を獲得している[5][7][6][8][9]

2017年2月26日、東京マラソン2017(世界陸上ロンドン大会・男子マラソン選考会)で自身初のフルマラソンに挑戦。レース序盤から海外勢の世界記録を上回る超高速ペースへ果敢についていったが、5km手前で離れ始める。それ以降も日本人争いのトップに立ち、日本男子のマラソン最高記録(高岡寿成の2時間6分16秒)を上回るハイペースで飛ばしていた。しかし、30km地点を過ぎた辺りから極端にペースダウン。終盤の38km付近で井上大仁(総合8位・日本男子首位)に追い抜かれ、更にゴール手前で山本浩之にも先を越されてしまい、結果男子総合11位・日本人3着の2時間9分27秒でのフィニッシュとなった[10]

2018年2月25日、東京マラソン2018は30km過ぎまでハイペースの先頭集団に果敢についていった。31km過ぎでディクソン・チュンバケニア)らのロングスパートに対応出来ず、一時ペースを落としたがここから持ち直し、38km過ぎで井上大仁らを抜き返し日本人トップに立つ。結果、優勝者・チュンバから41秒遅れの2時間6分11秒で総合2位・日本人トップに入り、従来高岡寿成が保持していたマラソン日本男子記録を16年ぶりに5秒更新。さらにマラソン日本記録更新の報奨金1億円と、マラソングランドチャンピオンシップ2020年東京オリンピック男子マラソン選考会)の出場権も獲得した[11][12]

設楽悠太のマラソン記録[編集]

5km 10km 15km 20km ハーフ 25km 30km 35km 40km ゴール
タイム 14:51 29:44 44:36 59:27 1:02:43 1:14:24 1:29:20 1:44:20 1:59:31 2:06:11
スプリット 14:51 14:53 14:52 14:51 14:57 14:56 15:00 15:11 06:40
kmあたり 2:58 2:59 2:58 2:58 2:58 2:59 2:59 3:00 3:02 2:59

自己ベスト[編集]

種目 記録 大会 備考
1500m 3分48秒29 2015年7月15日 リージュ国際大会
3000m 7分59秒97 2012年7月21日 トライアルinいせさき
5000m 13分34秒68 2015年4月18日 織田幹雄記念国際陸上競技大会
10000m 27分41秒97 2017年11月25日 八王子ロングディスタンス 日本歴代12位
ハーフマラソン 1時間00分17秒 2017年9月16日 ウスティ・ハーフマラソン 日本記録
マラソン 2時間06分11秒 2018年2月25日 東京マラソン2018 元日本記録

主な戦績[編集]

大会 種目 順位 記録 備考
2009 第44回千葉国際クロスカントリー大会 ジュニア 18位 24分07秒 8 km
2009 第62回全国高等学校総合体育大会陸上競技大会 5000m予選第2組 16位 15分16秒80 決勝進出ならず
2010 第45回千葉国際クロスカントリー大会 ジュニア 13位 24分18秒 8 km
第26回日本ジュニア・ユース陸上競技選手権大会 5000m 3位 14分22秒19
2011 第90回関東学生陸上競技対校選手権大会 10000m 7位 29分08秒39 1部
第24回上尾シティハーフマラソン ハーフマラソン 2位 1時間02分35秒 日本人1位
2012 第7回ニューヨークシティハーフマラソン ハーフマラソン 14位 1時間01分48秒 アメリカ国内日本人学生男子最高記録
第91回関東学生陸上競技対校選手権大会 10000m 3位 28分30秒68 1部
第18回世界学生クロスカントリー選手権大会 10500m 2位 29分15秒
2013 第92回関東学生陸上競技対校選手権大会 10000m 3位 28分31秒14 1部、日本人1位
第27回ユニバーシアード ハーフマラソン 20位 1時間08分25秒
第24回ゴールデンゲームズinのべおか 10000m 3位 27分54秒82
2014 第23回金栗記念選抜中長距離熊本大会 5000m4組 9位 13分49秒98
第25回ゴールデンゲームズinのべおか 10000m 優勝 28分15秒73
ナイトオブアスレチックス 5000mC組 4位 13分44秒13 自己ベスト
2015 第26回ゴールデンゲームズinのべおか 10000m 2位 27分42秒71 自己ベスト
日本実業団連合欧州遠征 1500m4組 9位 3分48秒29 自己ベスト
世界陸上競技選手権北京大会 10000m 23位 30分08秒35
2016 日本選手権 10000m 3位 28分17秒51
リオデジャネイロオリンピック 10000m 29位 28分55秒23
2017 東京マラソン2017 マラソン 11位 2時間09分27秒 初マラソン・世界陸上ロンドン大会男子マラソン選考レース
ビレル・グランプリ・プラハ2017 10k 16位 28分59秒 日本人トップ
ウスティ・ハーフマラソン ハーフマラソン 8位 1時間00分17秒 日本記録更新・日本人トップ
第44回ベルリンマラソン マラソン 6位 2時間09分03秒
2018 第72回香川丸亀国際ハーフマラソン ハーフマラソン 2位 1時間01分13秒 日本人トップ
東京マラソン2018 マラソン 2位 2時間06分11秒 日本記録更新・日本人トップ・MGCシリーズ第4弾2020年東京五輪選考会)

駅伝成績[編集]

大会 区間 距離 順位 記録 備考
2006 第14回全国中学校駅伝大会 4区 3.0 km 区間2位 9分33秒 兄・啓太は1区3位
2007 平成19年度全国高校駅伝埼玉県予選会 4区 8.0875km 区間3位 25分09秒 兄・啓太は3区で区間賞
2007 第60回関東高等学校駅伝競走大会 4区 8.0875km 区間10位 24分51秒 兄・啓太は3区で区間賞
2008 平成20年度全国高校駅伝埼玉県予選会 3区 8.1075km 区間2位 24分25秒 兄・啓太は1区2位
2008 第61回関東高等学校駅伝競走大会 3区 8.1075km 区間4位 24分42秒 兄・啓太は1区2位
2009 平成21年度全国高校駅伝埼玉県予選会 3区 8.1075km 区間賞 24分44秒 兄・啓太は1区で区間賞

全国高校駅伝出場決定

2009 第62回関東高等学校駅伝競走大会 3区 8.1075km 区間14位 25分41秒 兄・啓太は1区2位
2009 第60回全国高等学校駅伝競走大会 3区 8.1075 km 区間10位 24分28秒 兄・啓太は1区28位
2010 第15回天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 4区 5.0 km 区間4位 14分32秒 兄・啓太は5区で区間賞
第22回出雲全日本大学選抜駅伝競走 2区 5.8 km 区間2位 16分55秒
第42回全日本大学駅伝対校選手権大会 5区 11.6 km 区間2位 33分56秒
2011 第87回東京箱根間往復大学駅伝競走 3区 21.5 km 区間8位 1時間04分00秒
第23回出雲全日本大学選抜駅伝競走 3区 7.9 km 区間賞 23分08秒 東洋大学優勝
第43回全日本大学駅伝対校選手権大会 2区 13.2 km 区間8位 38分56秒
2012 第88回東京箱根間往復大学駅伝競走 7区 21.3 km 区間賞 1時間02分32秒 区間新記録、東洋大学優勝
第17回天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 7区 13.0 km 区間9位 38分25秒
第24回出雲全日本大学選抜駅伝競走 4区 6.2 km 区間2位 17分54秒 区間タイ記録
第44回全日本大学駅伝対校選手権大会 4区 14.0 km 区間3位 40分50秒
2013 第89回東京箱根間往復大学駅伝競走 3区 21.5 km 区間賞 1時間04分36
第25回出雲全日本大学選抜駅伝競走 3区 7.9 km 区間3位 23分14秒
第45回全日本大学駅伝対校選手権大会 1区 14.6 km 区間2位 43分10秒
2014 第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 3区 21.5 km 区間賞 1時間02分13秒 東洋大学優勝
第55回東日本実業団対抗駅伝競走大会 2区 15.3 km 区間4位 46分17秒 兄・啓太と駅伝で初の直接対決
2015 第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会[13] 4区 22.0 km 区間賞 1時間02分47秒 区間新記録、啓太との直接対決
第20回天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 3区 8.5 km 区間8位 24分27秒
第56回東日本実業団対抗駅伝競走大会 2区 15.3 km 区間賞 44分20秒 Honda優勝
2016 第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 4区 22.0 km 区間賞 1時間02分45秒 2年連続区間新記録
第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会 6区 10.6 km 区間4位 30分34秒 HONDA5位
2017 第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会 4区 22.0 km 区間13位 1時間04分36秒 HONDA11位
天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 7区 13.0 km 区間賞 37分43秒 7年連続区間賞
2018 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会 4区 22.0 km 区間賞 1時間04分19秒 HONDA2位
天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 7区 13.0 km 区間賞 37分12秒

出典[編集]

  1. ^ サンケイスポーツ(2012年1月3日)より
  2. ^ 月刊陸上競技マガジン1月号増刊箱根駅伝2013(ベースボールマガジン社)P67より
  3. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月7日閲覧。 箱根駅伝公式Webサイト
  4. ^ 月刊陸上競技マガジン1月号増刊箱根駅伝2013(ベースボールマガジン社)P66より
  5. ^ a b [1] 箱根駅伝公式Webサイト-過去の記録 設楽悠太
  6. ^ a b [2]第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 記録集
  7. ^ [3]第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会 記録集
  8. ^ [4]ニューイヤー駅伝:トヨタ追い上げV2 - 毎日新聞
  9. ^ [5]ホンダ・設楽、圧巻の10人抜き「前との差を縮めることしか考えていなかった」/駅伝 - サンスポ
  10. ^ スポーツナビ 陸上:東京マラソン2017・実況2017年2月26日記事掲載
  11. ^ スポーツナビ陸上:東京マラソン2018 2018年2月25日 9時10分スタート
  12. ^ 設楽悠太16年ぶり日本記録更新!2時間6分11秒 日刊スポーツ 2018年2月25日、2018年2月27日閲覧
  13. ^ “花の4区でHonda設楽悠太が区間新”. 日刊スポーツ. (2015年1月1日). http://www.nikkansports.com/sports/athletics/newyear-ekiden/2015/news/f-sp-tp0-20150101-1416487.html 2015年1月4日閲覧。 

関連項目[編集]

兄弟スポーツ選手一覧

外部リンク[編集]

先代:
佐藤敦之
ハーフマラソン日本記録
1時間00分17秒
次代:
(記録保持者)
先代:
高岡寿成
マラソン日本記録
2時間06分11秒
次代:
大迫傑
先代:
今井正人
ニューイヤー駅伝4区区間記録
1時間02分45秒
次代:
(記録保持者)
先代:
佐藤悠基
箱根駅伝7区区間記録
1時間02分32秒
次代:
林奎介