ダニエル・ジェンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダニエル・ジェンガ(Daniel Njenga、1976年5月7日 - )は、ケニア出身で日本を拠点に活動する陸上競技選手ヤクルト所属。

来歴[編集]

リフトバレー州ライキピア県のニャフルル出身。1992年、15歳の時に日本に留学。以後日本を拠点に競技生活を送る。仙台育英高校時代には全国高校駅伝で史上初の3年連続区間賞(1年:3区、2年・3年:1区)を達成。高校3年時の1994年日本陸上競技選手権大会3000メートル障害でジュニア世界新記録(当時)を樹立して優勝(8分19秒21)。高校卒業後の1995年4月、流通経済大学に進学。1995年にはユニバーシアード福岡大会の男子3000メートル障害で優勝している。

1999年3月、流通経済大学卒業後はマラソンに転向、2004年東京国際マラソンでマラソン初優勝、2007年に始まった東京マラソンでは初代王者に輝いている。また、シカゴマラソンでは2位3回、3位3回と、スピードレースで比較的相性のいいところを見せている。

自己最高記録も2002年のシカゴマラソンで出した2時間06分16秒である。

また、ヤクルトのメンバーとして出場した全日本実業団対抗駅伝大会(ニューイヤー駅伝)では区間賞3回、20人抜きの記録を持っている。

2009年8月30日北海道マラソンで優勝した。

正式に引退したのかどうかは不明であるが、2016年度より公式Webサイト上では選手としてではなくコーチとして紹介されている。

既婚者で、ケニアに妻と娘がいる。

主な戦績[編集]

記録[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]