武井隆次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
男子 陸上競技
アジア競技大会
2002 釜山 男子マラソン

武井 隆次(たけい りゅうじ、1971年5月18日 - )は、日本の陸上競技選手。前エスビー食品陸上競技部監督。専門は長距離走。墨田区立鐘淵中学校、國學院久我山高等学校早稲田大学人間科学部スポーツ学科卒業。

来歴・人物[編集]

高校時代の1989年インターハイ1500m(3分53秒35)・5000m(大会新14分13秒73)で優勝し注目される。、全国高等学校駅伝競走大会の東京都予選では、共にインターハイに出場した植井孝秀(中大)、弟・武井康真(中大)、翠尾崇(東海大)らと共に東京高校記録を出し、都大路では1区(10.0km)で区間賞(29分49秒)に輝く。その後、高校生として初めて5000mで14分台の壁を破る13分57秒90を記録する。

早稲田大学競走部では同期の花田勝彦櫛部静二とともに早大三羽烏と呼ばれる。 第60回(1991年)日本インカレでは10000M(28分42秒94)と5000M(13分56秒03)の二冠を制す。また箱根駅伝では1年から3年連続区間新、4年連続区間賞と大活躍。特に、3年時の第69回には1年に渡辺康幸が入学し、早大は総合優勝を果たす。

ちなみに箱根駅伝での3年連続区間新を記録したのは6人のみ。(最近では第81-83回の今井正人や第82-84回の佐藤悠基)

大学卒業後はエスビー食品に入社。長く伸び悩んでいたが、2002年のびわ湖毎日マラソンでは2時間8分35秒で優勝。釜山アジア大会代表に選出された。アジア大会本番では銅メダルを獲得する活躍を見せた。しかし、オリンピック出場はならず、怪我の影響もあって引退した。引退後、ヱスビー食品に残りコーチをしていたが、瀬古利彦の異動に伴い後継指名を受け監督に就任した。2008年4月より早稲田実業学校コーチに就任。

極度の近視。度の強い丸メガネを愛用している。走るときはメガネをはずしているため、ほとんど何も見えなかったという。

弟・康真中央大学で4年連続箱根駅伝出場。共にエスビー食品に進んだ。

マラソン全成績[編集]

  • 1,2時間13分42秒 2位 96フランクフルト
  • 2,2時間26分24秒 66位 97福岡国際
  • 3,2時間10分24秒 3位 99別府大分毎日
  • 4,2時間19分06秒 29位 99ベルリン
  • 5,2時間09分23秒 3位 00びわ湖毎日
  • 6,2時間13分18秒 11位 01パリ
  • 7,2時間25分04秒 2位 01エドモントン
  • 8,2時間08分35秒 優勝 02びわ湖毎日
  • 9,2時間18分38秒 3位 02アジア大会・釜山
  • 10,2時間11分55秒 6位 03東亜
  • 11,2時間11分42秒 10位 04びわ湖毎日
  • 12,2時間46分43秒 90位 05長野

外部リンク[編集]