太田崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

太田崇(おおた たかし、1976年4月27日 - )は、北海道白老郡白老町出身のホクレン女子陸上部監督。元コニカミノルタ所属、陸上競技選手長距離種目)。身長175cm、体重57kg。

経歴[編集]

中学から陸上競技をはじめ、北海道苫小牧南高等学校を経て札幌学院大学に進学。1999年に日本電気(NEC)へ入社するも、2003年に陸上競技部が廃部。コニカミノルタ陸上競技部へ移籍。2000年から2011年の間、毎年元日に行われるニューイヤー駅伝に12年連続出場。2005年、2006年、2008年には第一区を走り所属するコニカミノルタチームの優勝に貢献。2006年には第40回青梅マラソンにて歴代2位の記録となる1時間30分48秒で優勝。青梅マラソンでは2006年に続き2010年にも優勝。2011年4月よりホクレン女子陸上部コーチに就任。2013年4月より同部監督に就任。

自己記録[編集]

陸上競技全成績[編集]

年月 大会 順位 記録 備考
2008年2月 東京マラソン 10位 2時間12分10秒 自己最高記録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]