田村和希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村 和希 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Kazuki Tamura
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 住友電工
生年月日 (1995-07-16) 1995年7月16日(24歳)
生誕地 山口県の旗 山口県岩国市玖珂町
身長 168cm
体重 50kg
自己ベスト
5000m 13分40秒94(2018年)
10000m 27分57秒14(2019年)
ハーフマラソン 1時間01分56秒 (2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

田村 和希(たむら かずき、1995年7月16日 - )は、日本陸上競技選手。専門は長距離走山口県岩国市(旧玖珂郡玖珂町)出身。山口県立西京高等学校青山学院大学経営学部経営学科卒業[1]住友電工所属。身長168cm、体重50kg。[2]

経歴[編集]

西京高校時代は全国高校駅伝に3年連続で出場し、特に3年時は3区で区間4位(日本人2位)の快走をみせた。 大学1年時の2015年1月、第91回箱根駅伝青山学院大学の10区間中唯一の1年生として出場。4区を走り54分28秒というタイムを記録し、第88回大会2区担当の出岐雄大第89回大会8区担当の高橋宗司に続く青山学院大学史上3人目の箱根駅伝区間賞獲得者となった。また、田村が小田原中継所に到着する46秒前に駒沢大学の同じく1年生の工藤有生が打ち立てた54分31秒の区間記録を3秒上回り、青山学院大学史上初めての箱根駅伝区間記録保持者となった。[3] 青山学院大学は田村以降に走った5区〜10区の選手が全員区間賞か区間2位の区間順位で走り、完全優勝を成し遂げた。

大学2年時の2015年11月には、第47回全日本大学駅伝で2度目の大学駅伝に出走した。田村も3区を担当して区間記録にあと4秒と迫るも、同大会MVPに輝いた東洋大学口町亮に1秒及ばず、大学駅伝2大会連続区間賞を逃した。第92回箱根駅伝では前回区間記録を樹立した4区に2年連続で出走し、前回の記録には及ばなかったものの2年連続で区間賞を獲得した。青山学院大学は往路1区から1度も先頭を譲らない往復完全優勝を大会史上39年ぶりに成し遂げた。[4]

2016年11月26日に開催された学生陸上10000m記録挑戦競技会で、それまで青山学院大学の陸上部員の最高記録を持っていた田村より3学年先輩の藤川拓也(現‣中国電力)の28分20秒31の記録を2秒上回り、28分18秒31をマークし最高記録を更新した。

2016年シーズンでは、出雲駅伝と全日本大学駅伝ではいずれも区間賞を獲得すると共に首位を奪取する快走を見せた。だが、箱根駅伝では大会3日前に風邪で体調を崩し、本調子では無かった。田村も復路の当日エントリーで7区を走り、15㎞までは後続との差を広げる快走を見せたが15㎞で給水を摂取してから突然、脱水症状を起こし本来の走りが出来なくなった。平塚中継所の時点では2位と1分21秒差まで詰められながらも、笑顔で襷を渡した。その後、8区の下田裕太が5分30秒差まで広げる快走を見せ、チームの3連覇に導いた。

2017年シーズンでは春から怪我に泣かされ、満足な練習が出来なかった。しかし、出雲駅伝では区間新記録を樹立し完全復活を果たした。全日本大学駅伝でも区間賞を獲得したが、チームは3位に終わった。田村はその後のインタビューで「去年までなら区間賞で満足できたけれど、今は満足できません‼」と力強く語っている。

大学卒業後も競技は継続し、住友電工陸上部に就職した。

人物・エピソード[編集]

  • 田村は年次を重ねるごとに着実に成長を遂げているが、陸上部の原晋監督は「暑さに弱いのが課題」と指摘し、田村自身も自認している。夏合宿で2年次までは度々脱水症状を起こしていたが、3年次は「1回だけで乗り越えられました」と、ラジオ・雑誌・学院内ネット広報などの多数のインタビューで語っている。
  • 趣味はイラスト作成。陸上部員に絵を描くことが趣味としている部員が多いことから、2015年秋頃から「啓発されてイラストを描くようになりました」と語り、❝たむかず画伯❞と称して作品を自身のSNSサイトで公開している。それまでは「趣味が無かったですね」と発言していた。なお、大学陸上誌『大学駅伝』2015年秋号では趣味を「探し中」と答えていたが、これを実際に取材でプロフィールを記入したのは4月頃のことであった。
  • 3歳下と6歳下の弟2人も陸上競技を行っており、2017年1月22日に行われた第22回天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会では山口県チームに3兄弟が同時に出場、1区(次男・高校生)→2区(三男・中学生)→3区(和希)の大会史上初となる「三兄弟たすきリレー」が行われた[5]

大学駅伝成績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2014年度)
第26回
― - ―
大会中止
第46回
― - ―
出走なし
第91回
4区-区間賞
54分28秒(区間新)
2年生
(2015年度)
第27回
― - ―
出走なし
第47回
3区-区間2位
26分59秒
第92回
4区-区間賞
55分17秒
3年生
(2016年度)
第28回
2区-区間賞
16分24秒
第48回
2区-区間賞
38分07秒
第93回
7区-区間11位
1時間05分40秒
4年生
(2017年度)
第29回
2区-区間賞
15分47秒(区間新)
第49回
2区-区間賞
38分04秒
第94回
3区-区間2位
1時間02分43秒

ベスト記録[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]