熊本城マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊本城マラソン
開催時期 2月
開催地 日本の旗熊本県熊本市
コース 公道コース
距離 マラソン / 30キロ / 4キロ
創立 2012年
公式サイト kumamotojyo-marathon.jp/

熊本城マラソン(くまもとじょうマラソン)は、熊本県熊本市2012年から毎年2月に行われている市民マラソン大会である。

概要[編集]

熊本市が2012年4月1日付けで政令指定都市へ移行することを記念する形で開始された。そのため、第1回大会ならびに第2回大会の正式名称には「政令指定都市移行(誕生)記念」という副題が付けられていた。

また、これまで同時期に開催されていた「金栗記念熊日30キロロードレース」を今大会のレース種目の一つとして統合し、コースもびぷれす熊日会館前スタート・ゴール〜熊本県道337号熊本菊陽線(旧国道57号線)〜菊陽バイパス折り返しではなく、歴史めぐりフルマラソンとほぼ同一のものに変更された。

このため、レースとしても30kmが優先されており、スタート時刻の設定などにもその様子が見られる。

運営[編集]

  • 主催 : 熊本城マラソン実行委員会(熊本市、熊本日日新聞社、熊本陸上競技協会)
  • 主管 : 熊本陸上競技協会、熊本市陸上競技協会

種目・コース[編集]

  • 歴史めぐりフルマラソン
参加定員 - 12,000名(第3回大会より[1]
制限時間 - 6時間58分
参加資格 - 大会当日に満18歳以上の方(高校生不可)、6時間40分以内に完走できる男女
  • 金栗記念熊日30キロロードレース
参加定員 - 150名
制限時間 - 2時間
参加資格 - 大会当日に満18歳以上(高校生不可)の日本陸連登録者
  • 復興チャレンジファンラン[2]
参加定員 - 1,500名
制限時間 - 1時間15分(第4回大会より[3]
参加資格 - 中学生以上

歴代優勝者[編集]

※30キロロードレースは2012年以前の優勝者も記載

歴史めぐりフルマラソン(男子)[編集]

開催日 優勝者 所属 タイム
1 2012年2月19日 地下翔太 球磨村役場 2時間23分41秒
2 2013年2月17日 地下翔太 球磨村役場 2時間19分30秒
3 2014年2月16日 川内優輝 埼玉県庁 2時間10分14秒
4 2015年2月15日 園田隼 黒崎播磨 2時間18分00秒
5 2016年2月21日 杉枝真二 人吉下球磨消防組合 2時間24分54秒
6 2017年2月19日 岡山春紀 東京農業大学 2時間22分45秒

歴史めぐりフルマラソン(女子)[編集]

開催日 優勝者 所属 タイム
1 2012年2月19日 坂口一美 2時間56分22秒
2 2013年2月17日 坂口一美 2時間52分17秒
3 2014年2月16日 坂口一美 2時間57分54秒
4 2015年2月15日 吉松千草 2時間49分30秒
5 2016年2月21日 酒井優実 メモリード 2時間48分31秒
6 2017年2月19日 吉松千草 2時間56分20秒

30キロロードレース(男子)[編集]

開催日 優勝者 所属 タイム 備考
44 2000年2月20日 高橋健一 富士通 1時間29分55秒
45 2001年2月18日 高岡寿成 カネボウ 1時間29分23秒
46 2002年2月17日 松下龍治 駒澤大学 1時間30分04秒 学生記録(当時)
47 2003年2月16日 松宮隆行 コニカ 1時間28分36秒 世界記録(当時)
48 2004年2月15日 瀬戸智弘 カネボウ 1時間29分50秒
49 2005年2月27日 松宮隆行 コニカミノルタ 1時間28分00秒 世界記録(当時)
50 2006年2月26日 清水智也 佐川急便 1時間31分09秒
51 2007年2月25日 ウィリー・カンゴゴ 安川電機 1時間29分59秒
52 2008年2月24日 下重正樹 コニカミノルタ 1時間30分33秒
53 2009年2月22日 三津谷祐 トヨタ自動車九州 1時間29分55秒
54 2010年2月28日 藤田敦史 富士通 1時間29分46秒
55 2011年2月27日 森田知行 カネボウ 1時間32分14秒
56 2012年2月19日 宇賀地強 コニカミノルタ 1時間30分01秒
57 2013年2月17日 川内優輝 埼玉県庁 1時間29分31秒
58 2014年2月16日 服部勇馬 東洋大学 1時間28分52秒 学生記録
59 2015年2月15日 木村慎 明治大学 1時間31分27秒
60 2016年2月21日 設楽啓太 コニカミノルタ 1時間30分45秒
61 2017年2月19日 上野裕一郎 DeNA 1時間30分17秒

30キロロードレース(女子)[編集]

※女子は2006年大会から創設

開催日 優勝者 所属 タイム
50 2006年2月26日 野田頭美穂 ワコール 1時間44分13秒
51 2007年2月25日 奥永美香 九電工 1時間45分46秒
52 2008年2月25日 野田頭美穂 ワコール 1時間44分00秒
53 2009年2月22日 松尾千春 九電工 1時間48分22秒
54 2010年2月28日 松尾千春 九電工 1時間50分18秒
55 2011年2月27日
56 2012年2月19日 箱山侑香 ワコール 1時間43分26秒
57 2013年2月17日 水口侑子 デンソー 1時間43分46秒
58 2014年2月16日 高島由香 デンソー 1時間44分19秒
59 2015年2月15日 野田沙織 大阪学院大学 1時間45分00秒
60 2016年2月21日 松見早希子 第一生命 1時間45分59秒
61 2017年2月19日 新井沙紀枝 大阪学院大学 1時間46分29秒

テレビ中継[編集]

地元テレビ局の熊本放送(RKK、TBS系列)とテレビ熊本(TKU、フジテレビ系列)で生中継されている。RKKでは8:00 - 11:30、TKUでは8:25[4] - 14:00[5]に放送される。

大会当日の中継時は、本来放送されている番組については以下の対応となる。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第2回大会までは9,000名。
  2. ^ 第5回大会までは「城下町4キロ」。
  3. ^ 第3回大会までは1時間30分。
  4. ^ 2012年 - 2016年までは8:55から。
  5. ^ 途中11:50 - 12:00は中継を一旦中断して『TKUニュース』(『産経テレニュースFNN』→『FNNスピークWeekend』をTKUサイドでタイトルを差し替えたもの)が放送される。EPGには表示されない。
  6. ^ 2012年 - 2016年までは『列車に乗って』。
  7. ^ 2012年 - 2014年までは『笑っていいとも!増刊号』を翌日未明(大会当日の深夜)に時差ネットで放送していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]