宮崎女子ロードレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎女子ロードレース(みやざきじょしロードレース)とは、宮崎県宮崎市で開催される陸上競技大会のひとつである。

概要[編集]

1979年(昭和54年)に開催された宮崎国体の開催を記念して、1981年(昭和56年)3月1日に、男子が「宮崎30キロロードレース大会」、女子が「宮崎レディースロードレース大会」(20キロ)として開催された。その後、1985年の第5回大会より女子のみとなり、第15回からは20kmがハーフマラソンになった。

ハーフマラソンの部は、宮崎県庁楠並木通り(宮崎県警本部前)をスタートして市内を回り、宮崎県総合運動公園陸上競技場に入ってゴールする公認コース(21.0975キロ)で開催される。

しかし競技のレベルや有力選手の招待などが困難となったことから、2010年の第30回大会で終了することが発表された[1]

歴代優勝者[編集]

開催年 優勝記録 氏名 所属
18 1998 1時間12分22秒 市河麻由美 三井海上
19 1999 1時間10分33秒 川上優子 沖電気宮崎
20 2000 1時間09分40秒 大南博美 東海銀行
21 2001 1時間09分42秒 エレナ・マイヤー  南アフリカ共和国
22 2002 1時間08分22秒 野口みずき グローバリー
23 2003 1時間10分06秒 千葉真子 豊田自動織機
24 2004 1時間07分47秒 野口みずき グローバリー
25 2005 1時間09分58秒 リディア・シモン  ルーマニア
26 2006 1時間09分57秒 奥永美香 九電工
27 2007 1時間08分30秒 野口みずき シスメックス
28 2008 1時間09分34秒 ジュリア・モンビ  ケニアアルゼ
29 2009 1時間11分22秒 須澤麻希 京セラ
30 2010 1時間10分27秒 勝又美咲 第一生命

運営[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]