さが桜マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

さが桜マラソン(さがさくらマラソン)は、佐賀県佐賀市神埼市で毎年春に開催されている市民参加型のマラソン大会。日本陸上競技連盟公認大会。

概要[編集]

佐賀市が最初に発足して100周年を迎えた[1]のを記念し、1989年に第1回大会を開催。佐賀県総合運動場陸上競技場を発着点に、ハーフマラソン、10km走、5km走及びジョギングの4種目で実施。1997年にコースを全面変更した。

2012年大会の開会式で当時県知事だった古川康が翌年のフルマラソン化を宣言[2]。準備期間僅か1年というスピードで、九州各県で唯一フルマラソン大会の無かった佐賀県初のフルマラソン大会となった。その際10km走、5km走及びジョギングを廃止し約10kmのファンランに切り替えられたが、こちらは陸連未公認コースとなっている。

開催時期はフルマラソン化して以降4月第1日曜に行われてきたが、温暖化の影響で開催時期には桜が散ってしまったり、全国でフルマラソン大会が乱立する状況となったこともあり、2017年は3月第3日曜(19日)に繰り上げられた。これが単年度の措置となるのか以後も続くのかは明らかになっていない。

東京マラソンが2015年から導入したプログラム「RUN as ONE」による提携大会となっていて、この大会で一定の成績を残した陸連登録選手は翌年の東京マラソンに「準エリート」枠で出場するための推薦資格を得る。2017年では福岡県に該当する同様の大会が無く、佐賀県では他に鹿島祐徳ロードレースが大会として、この大会を主管する佐賀陸協とともに提携関係にある。

運営[編集]

  • 主催 : 佐賀県・佐賀市・神埼市・佐賀陸上競技協会・佐賀新聞
  • 主管 : 佐賀陸上競技協会

コース[編集]

佐賀県総合運動場前の国道263号線を南に向かってスタートし、佐賀城公園を巡り再度263号に入り北上。県道48号線を東に向かい神埼市に入ると吉野ヶ里歴史公園内を周回して西進、その後多布施川沿いを南に向かい、国道34号線から佐賀県総合運動場陸上競技場をゴールとする。コース全体の高低差が10mほどしかない国内屈指のフラットなコースが特徴で完走率も比較的高い。制限時間6時間30分。

歴代優勝者[編集]

フルマラソンのみ

回数 開催日 男子の部 女子の部
氏名 所属 記録 氏名 所属 記録
1 2013年4月7日 鬼塚智徳 九電工佐賀支店 2時間21分51秒 吉冨博子 F-DREAM 2時間36分20秒
2 2014年4月6日 川内優輝 埼玉県庁 2時間13分02秒 楊花 中華人民共和国の旗 中国貴州省陸上競技チーム 2時間38分23秒
3 2015年4月5日 福田将治 東ソー 2時間22分29秒 俵千香 TEAM R×L(武田レッグウェアー) 2時間50分04秒
4 2016年4月3日 豊永哲央 長府製作所 2時間24分20秒 俵千香 TEAM R×L(武田レッグウェアー) 2時間51分05秒
5 2017年3月19日 舒成富 中華人民共和国の旗 中国貴州省 2時間23分18秒 吉冨博子 メモリード 2時間41分07秒

テレビ中継[編集]

佐賀県内のケーブルテレビに番組配信・インターネット接続支援を行う佐賀デジタルネットワークが番組を制作し、出資・回線接続する県内全てのケーブルテレビが「県民チャンネル」で中継放送する[3]。中継担当社はぶんぶんテレビ。

関連項目[編集]

  • 君原健二 - ゲストランナーとして毎年出場。ハーフ時代の第1回大会から連続出場している[4][5]

外部リンク[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の佐賀市は、2005年に発足したことになっている。これは周辺自治体と合併した際、編入併合ではなく佐賀市を含めた関係の全自治体を一旦廃止したため。
  2. ^ さが桜マラソン成功 佐賀新聞 - 2015年05月04日
  3. ^ CATV全局で今年も生中継佐賀新聞 - 2015年04月03日
  4. ^ ゲストランナー君原健二さん(75)「最終調整」に手応え - 佐賀新聞2016年04月04日
  5. ^ なお地元の北九州マラソンは加齢による体力の衰えや怪我、2月開催ということもあり、2016年以降ファンラン(最大5km)への参加に留めている。