さいたま国際マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さいたま国際マラソン
開催時期 11月
開催地 日本の旗 日本埼玉県さいたま市越谷市
コース ロードコース
距離 マラソン
主要スポンサー りそなグループ
創立 2015年
公式サイト saitama-international-marathon.jp

さいたま国際マラソン(さいたまこくさいマラソン、英語名:Saitama International Marathon)は、埼玉県さいたま市越谷市を会場として11月に開催されているマラソン大会である。国際陸上競技連盟のシルバーラベルロードレースに指定されている。

概要[編集]

フルマラソンは「日本代表チャレンジャーの部」と「一般フルマラソンの部」の2部門。「日本代表チャレンジャーの部」は女子専門のエリートレースとして行われ、翌年に開催される夏季五輪夏季アジア大会世界陸上選手権の代表選考会として位置付けられている。また、本大会と大阪国際女子マラソン名古屋ウィメンズマラソンの3大会で3年おきに持ち回りで女子マラソンの日本選手権を兼ねて行われる[1]。また、2017年の第3回大会と2018年の第4回大会は、女子の部が2020年東京五輪のマラソン日本代表候補を決める「マラソングランドチャンピオンレース」(通称:MGC)の対象レースに指定された[2]

一般部門は男女参加可能で、第1回大会(2015年)では「一般(サブ4)の部」として制限時間が4時間に制限されていたが、第2回大会より6時間に拡大され「一般フルマラソンの部」に改称された[3]。他に8km部門や、小中学生、親子、車いすなどを対象としたファンランも行われる。

開催の経緯[編集]

この大会は、さいたま市で開催されていたハーフマラソン主体の「さいたまシティマラソン」と、日本陸上競技連盟主催の国際大会代表選考レースとして横浜市で開催されていた「横浜国際女子マラソン」を統合した後継大会として開催されることになった[4]

さいたまシティマラソンは、さいたま市の母体となった三市が主催していた「与野大かやマラソン」(旧与野市・1979年開始)、「大宮市民マラソン」(旧大宮市・1990年開始)、「浦和ハーフマラソン」(旧浦和市・1995年開始)を三市合併に伴って統合し2002年より毎年2月に開催してきたが、フルマラソン化を2011年より検討開始し2016年度までの実現を目指していた[5]

一方で横浜国際女子マラソンは、世界初の国際陸上競技連盟公認女子限定マラソン大会「東京国際女子マラソン」の系譜を受け継ぐ大会として2009年より毎年11月に開催されていたが、2014年限りで終了したため後継大会の開催が求められていた[5]

2015年4月15日にさいたま国際マラソンの開催が発表され[6]、大会サポーターに埼玉県庁に勤務する世界選手権男子マラソン日本代表経験者の川内優輝が就任[5]。2015年11月15日に第1回大会が開催された[6]

フルマラソンにはロシアタチアナ・ペトロワ・アルヒポワも出場する予定だったが、ロシア陸上競技連盟が組織的なドーピング問題で国際陸上競技連盟から暫定的な資格停止処分を受けたことを受け、日本陸上競技連盟に参加資格の停止を通告され欠場した[7][8][9][10][11][12]

なお、さいたま市に編入された岩槻市(現在のさいたま市岩槻区)は合併前に「いわつき人形(ひな)の里マラソン」(1991年~2003年)を開催していたほか、埼玉県も県の設置120周年を祝う「埼玉120年」記念事業の一環として、上尾運動公園を発着点とする市民フルマラソン大会「彩の国さいたまマラソン」(1992年~2001年)を開催していた。どちらも本大会が誕生する経緯とは無関係である。

フルマラソン参加資格[編集]

  • 日本代表チャレンジャーの部
    • 招待競技者
      • 日本陸上競技連盟、主催者が招待する女性競技者
    • 一般競技者
      • 日本陸上競技連盟登録者
      • 大会当日満19歳以上で規定の記録を出している女性競技者
      • 日本陸上競技連盟、主催者が推薦する女性競技者
  • 一般フルマラソンの部
    • 大会当日19歳以上の競技者で、6時間00分(第1回は4時間00分[13])以内に完走できる男女
      • 第1回は出場者4952人、脱落者1395人(スタート地点から39.4km・ゴールの2.8km手前の第6関門での脱落者は150人以上)、完走率男性73.6%、女性56.2%[13][14]

コース[編集]

第1回[編集]

第2回[編集]

第1回大会とは一部ルートが変更された。主な変更点は、さいたまスーパーアリーナから駒場運動公園交差点の区間の往路復路が入れ替わった点と、山崎折り返しの廃止に伴って、埼玉スタジアムの折り返しと神明町の折り返しが延長され、さいたま新都心周辺のルートも長くなっている点である。また、第1回大会では開催日に同時開催されていた親子ランと1.5kmは、開催前日のファンランにて実施される事になった。

  • フルマラソン:さいたまスーパーアリーナ(スタート) → 八幡通り → 与野中央通り → 埼玉県道214号新方須賀さいたま線 → 吉敷町交差点 → 旧中山道 → 北浦和駅東口交差点 → 元町通り → 本太中学校前交差点 → 産業道路 → 駒場運動公園交差点 → 国道463号越谷浦和バイパス → さいたま市道(通称なし) → さいたま市道(通称なし、順天堂大学病院建設地南側) → さいたま市道(通称なし) → 埼玉スタジアム2002北口(折り返し) → さいたま市道(通称なし) → さいたま市道(通称なし、順天堂大学病院建設地南側) → 尾ケ崎新田(折り返し) → さいたま市道(通称なし) → 国道463号越谷浦和バイパス → 神明町(北)交差点(折り返し) → 国道463号越谷浦和バイパス → 埼玉県道57号さいたま鴻巣線バイパス(新浦和橋・埼玉りそな銀行前通過)→ 与野中央通り → 浦和所沢バイパス(埼大通り) → 北浦和駅入口交差点 → 国道17号(中山道) → 八幡通り交差点 → 八幡通り → さいたまスーパーアリーナ前(ゴール)
    • コースの内訳は緑区約18km、浦和区約7.5km、岩槻区約6.5km、中央区約6km、越谷市約2.5km、大宮区約1.5kmとなっている。
  • 8km:さいたまスーパーアリーナ(スタート) → 八幡通り → 与野中央通り → 埼玉県道214号新方須賀さいたま線 → 吉敷町交差点 → 旧中山道 → 北浦和駅東口交差点 → 元町通り → 本太中学校前交差点 → 産業道路 → 駒場運動公園(ゴール)
  • 車いす、親子ラン、1.5km、リレーマラソン:駒場運動公園内特設コース

第3回[編集]

フルマラソンコースのうち、尾ケ崎新田にあった折り返し地点を大門に変更。

運営[編集]

[14]

歴代優勝者[編集]

日本代表チャレンジャーの部[編集]

開催日 優勝者 国籍・所属 タイム 代表選考会等 日本人最高位
1 2015年11月15日 アツェデ・バイサ エチオピアの旗 エチオピア 2時間25分43秒[18] リオデジャネイロオリンピック 吉田香織(2位)[18][19]
2 2016年11月13日 チェイエチ・ダニエル  ケニア 2時間23分18秒[20] ロンドン世界陸上競技選手権 那須川瑞穂(5位)[20]
3 2017年11月12日 チェイエチ・ダニエル  ケニア 2時間28分39秒[21] ジャカルタアジア競技大会
マラソングランドチャンピオンシリーズ2017-2018
岩出玲亜(5位)[21]

一般の部[編集]

男子
開催日 優勝者 所属 タイム
1 2015年11月15日 児玉雄介 コモディイイダ 2時間18分50秒[22]
2 2016年11月13日 石原洸 新電元工業 2時間25分34秒[23]
3 2017年11月12日 川内優輝 埼玉県庁 2時間15分53秒[24]
女子
開催日 優勝者 所属 タイム
1 2015年11月15日 澤畠朋美 さわはた~ず 2時間43分26秒
2 2016年11月13日 澤畠朋美 さわはた~ず 2時間48分11秒[23]

放送体制[編集]

第1回(2015年)[編集]

テレビ中継
  • 日本テレビ系全国ネット(テレビ大分を除く28局):「りそなグループスポーツスペシャル 第1回さいたま国際マラソン」として、「日本代表チャレンジャーの部」(「一般(サブ4)の部」のスタートシーン含む)を生中継(9:00 - 11:50)。
  • 日テレジータス:「さいたま国際マラソン2015 フルマラソン全員のフィニッシュ見せます」として、「日本代表チャレンジャーの部」の中継録画と「一般(サブ4)の部」の完走者のフィニッシュシーンを11月29日に放送(13:30 - 18:30)。
  • テレビ埼玉:「第1回さいたま国際マラソン 一般の部 生中継」として、 「一般(サブ4)の部」をマルチチャンネル(テレ玉2は「第1回さいたま国際マラソン 市民ランナーのゴールシーンを全て見せます!」として、 フィニッシュ地点の定点映像を中継)で生中継(12:00 - 14:00)[25]
ラジオ中継
  • 文化放送:「文化放送スポーツスペシャル 第1回さいたま国際マラソン実況中継」として、第1部で「日本代表チャレンジャーの部」(9:00 - 12:00)、第2部で「一般(サブ4)の部」(12:00 - 13:00)を生中継。
  • FM NACK5:「SUNDAY BIRDS Special〜さいたま国際マラソン〜」として、併催イベント「埼玉うまいもの市場」会場のけやきひろばからの生放送と交通規制エリアの交通情報を放送(8:00 - 12:00[26]、12:55 - 13:55)[17]


第2回(2016年)[編集]

テレビ中継
  • 日本テレビ系全国ネット(テレビ大分を除く28局):「りそなグループスポーツスペシャル 第2回さいたま国際マラソン」として、「日本代表チャレンジャーの部」(「一般フルマラソンの部」のスタートシーン含む)を生中継(9:00 - 11:50)。
  • 1号車
実況:蛯原哲
解説:高橋尚子
  • 2号車
実況:佐藤義朗
解説:赤羽有紀子
  • バイク(尾ヶ崎新田折返し)
実況:上重聡
  • スタート
実況:菅谷大介
  • 埼玉スタジアム折返し
実況:辻岡義堂
  • 神明町折返し
実況:後藤晴菜
  • フィニッシュ
インタビュアー:中島芽生
  • 技術協力
札幌テレビ山口放送
NiTRO、イメージスタジオ109、ジャパンテレビ、バンセイ、田中電気、さがみエンヂニアリング、朝日航洋、キューアップ、日テレITプロデュース
フォアキャスト・コミュニケーションズ、アールビーズ、NSD、ウェザーニューズ、キャニットG
  • 協力
日テレイベンツ
アガサス、日テレアート、日本テレビ音楽、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ、さいたまスーパーアリーナ
さいたまメディアウェーヴ、ランド・アクシス・タワー、浦和ロイヤルパインズホテル、埼玉スタジアム2002
埼玉陸上競技協会、早稲田大学陸上競技同好会
  • 制作協力
AXON、ファルコ・ビジョン、オフィスて・ら
  • 日テレジータス:「第2回さいたま国際マラソン フルマラソン全員のフィニッシュ見せます」として、「日本代表チャレンジャーの部」の中継録画と「一般フルマラソンの部」の完走者のフィニッシュシーンを11月23日に放送(9:00 - 16:00)。
  • テレビ埼玉:「第2回さいたま国際マラソン 情報LIVEステーション」として、 「一般フルマラソンの部」をマルチチャンネル(テレ玉2は「第2回さいたま国際マラソン 市民ランナーのゴールシーンを全て見せます!」として、 フィニッシュ地点の定点映像を中継)で生中継(11:45 - 15:45)。
ラジオ中継
  • 文化放送:「文化放送スポーツスペシャル 第2回さいたま国際マラソン実況中継」として、第1部で「日本代表チャレンジャーの部」(9:00 - 12:00)、第2部で「一般フルマラソンの部」(12:00 - 13:00)を生中継。
  • FM NACK5:「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜 さいたま国際マラソンスペシャル」として、併催イベント「埼玉うまいもの市場」会場のけやきひろばからの生放送と交通規制エリアの交通情報を放送(8:00 - 12:00[27])。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本陸上競技選手権 100回記念 MEMORIAL BOOK』 日本陸上競技連盟、2016年、110頁。 
  2. ^ マラソン代表の選考方法、MGCレースとは?これまでとの違い
  3. ^ 「第2回さいたま国際マラソン」開催決定しました。
  4. ^ 横浜国際女子マラソン代替大会、埼玉で開催 来年11月朝日新聞デジタル2014年12月22日20時5分配信
  5. ^ a b c “さいたま国際マラソン、Qちゃん「街と自然が味わえるコース」”. 産経ニュース. (2015年4月16日). http://www.sankei.com/region/news/150416/rgn1504160031-n1.html 
  6. ^ a b “五輪選手育む大会に さいたま国際マラソン”. YOMIURI ONLINE. (2015年4月16日). http://www.yomiuri.co.jp/local/saitama/news/20150415-OYTNT50377.html 
  7. ^ ロシア資格停止 さいたま国際マラソン欠場へNHKニュースウェブ2015年11月14日18時46分配信
  8. ^ ロシア・ドーピング問題 日本、厳格に対応 さいたま国際マラソン1人出場停止東京新聞2015年11月15日朝刊
  9. ^ ロシア選手に出場停止通告 さいたま国際マラソン47NEWS2015年11月14日14時35分配信
  10. ^ ロシア選手に出場停止通告 さいたま国際マラソン東京新聞2015年11月14日夕刊
  11. ^ 日本陸連:ロシア選手にさいたま国際マラソン出場停止通告毎日新聞2015年11月14日14時48分配信
  12. ^ ロシア選手に出場停止通告 さいたま国際マラソン産経ニュース2015年11月14日13時41分配信
  13. ^ a b 走者に無情のロープ…4時間制限、完走率低くYOMIURI ONLINE2015年11月17日12時25分配信
  14. ^ a b 第1回さいたま国際マラソン大会概要日本テレビ放送網
  15. ^ 交通規制のお知らせ2015.11.15さいたま国際マラソン
  16. ^ a b さいたま国際マラソン、コース発表 リオ五輪選考で使用朝日新聞デジタル2015年4月15日19時16分配信
  17. ^ a b 第1回さいたま国際マラソンさいたま市
  18. ^ a b 吉田が2位、渋井は4位/さいたま国際マラソン詳細 日刊スポーツ 2015年11月15日配信
  19. ^ ドーピング違反での資格停止から2年 吉田香織が復活2位 さいたま国際マラソン ZAKZAK 2015年11月16日配信
  20. ^ a b 那須川瑞穂5位で世界選手権内定届かず ダニエルV - 日刊スポーツ、2016年11月13日配信、同日閲覧
  21. ^ a b 読売新聞. (2017年11月12日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20171112-OYT1T50029.htmltitle=岩出が日本人トップ5位…さいたま国際マラソン+2017年11月12日閲覧。 
  22. ^ 主なレース結果”. コモディイイダ駅伝部. 2015年11月27日閲覧。
  23. ^ a b 大会結果”. さいたま国際マラソン. 2016年11月17日閲覧。
  24. ^ “川内優輝、女子招待選手抜き去りさいたま国際マラソン優勝”. スポーツ報知. (2017年11月12日). http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20171112-OHT1T50096.html 2017年11月12日閲覧。 
  25. ^ 月刊テレ玉かわら版11月号・裏 2015年10月29日
  26. ^ 途中内包番組挿入。
  27. ^ 途中内包番組挿入。

外部リンク[編集]