星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン(通称:野辺山ウルトラ)とは、例年5月中旬に開催されるマラソン大会である。

概要[編集]

  • 100kmと71kmの部があるウルトラマラソンである。数年前から本大会の入門向けに42kmの部が追加された。
  • 最高点の標高が1,908mに及ぶ本大会の八ヶ岳近辺の周回コースは高地トレーニングエリアとして開発されている程である[1]。 さらに最大高低差が1,000m以上あるなどアップダウン(勾配)が厳しい[2]ことから国内の100kmレースでは屈指の難コースとも言われ、「野辺山を制する者はウルトラを制する」と評されている[1]
  • 100kmの部の完走率は、毎年60%~70%である。[3]
  • 第24回大会(2018年5月20日開催)・男子71Kmの部では、公務員ランナー(当時)・川内優輝が当ウルトラマラソンに初出走。結果2位以下の選手に30分近くの大差を付ける、4時間41分55秒と16年振りに同種目で大会記録を更新した[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大会の特徴- RUNNER'S Wellness
  2. ^ コース図(PDF)- RUNNER'S Wellness
  3. ^ 【大会報告と結果】第15回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン- RUNNER'S Wellness
  4. ^ 2018年 星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン・リザルト- Dogsorcaravan.com

外部リンク[編集]