びわ湖毎日マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
びわ湖毎日マラソン
開催地 日本の旗 日本滋賀県
開催時期 3月
種類 ロードコース
距離 マラソン
最高記録 ケニアの旗ウィルソン・キプサング 2:06:13
創立 1946年
スポンサー 住友電工
公式サイト びわ湖毎日マラソン

びわ湖毎日マラソン(びわこまいにちマラソン)は、日本陸上競技連盟が主催するワールドアスレティックス(国際陸連)ゴールドラベルの男子マラソン大会で、国際大会の代表選手選考会も兼ねる。毎年3月の第2日曜日(2019年より)[1]滋賀県で開催される。国際マラソン・ディスタンスレース協会(AIMS)認定コース。

概要[編集]

大津市皇子山陸上競技場を発着点とする42.195kmで争う。コースについては過去何度か変更されている。2010年にもコースが一部変更され、折り返し地点が従来の草津市新浜から大津市大萱に変更となった。30km地点手前の大津市平津付近を除けば高低差も余り無いため高速コースと言われるが、終盤には比良山系からの向かい風がランナー達を苦しめる。

発着点である皇子山陸上競技場
瀬田の唐橋はランナーの走行を4回観戦できるスポットとなっている。

東京マラソンと同様にこの大会でも滋賀(大津市)の名所を通り、浜大津大津港)や国宝・石山寺、日本三名橋の一つ瀬田の唐橋等がその代表的な場所となっている。

オリンピック世界陸上競技選手権大会アジア競技大会の男子代表を選ぶための最終選考会となっている。本大会と福岡国際マラソン、東京マラソンの3大会で3年おきに持ち回りで男子マラソンの日本選手権を兼ねて行われる[2]。また開催時期が3月であり、箱根駅伝などの大学駅伝シーズンも終わり、比較的長い期間マラソン練習が積めるため、有力な学生ランナーにとっては、在学時に最も出場しやすい大会である。過去には日本大学川島義明中京大学中尾隆行、近年では山梨学院大学中村祐二が優勝を果たし、中央大学藤原正和が初マラソン日本人最高記録および学生最高記録更新の快挙を達成している。

2018年・2019年(2017年度・2018年度)の大会は、2020年東京五輪のマラソン日本代表候補を決める「マラソングランドチャンピオンシップ」(通称:MGC)シリーズの対象レースに指定される[3]

この大会の模様はコース上にあるNHK大津放送局に放送センターを置き、大津局を管轄するNHK大阪放送局からテレビとラジオで全国中継している。総合テレビのアナログ放送とNHKワールド・プレミアムではスポーツ中継としては珍しく16:9の画面サイズで放送していたが、2008年~2010年の大会の中継は他のNHKのロードレース中継と同じく14:9の画面サイズで放送した。2011年大会から再び16:9の画面サイズで放送している(アナログ放送はこの大会の放送が最後となるが、NHKワールド・プレミアムでは完全デジタル化後も本大会に限らず、以降に放送されるすべてのマラソン・駅伝大会も16:9レターボックス放送は継続)。ただし、2019年と2020年大会は編成の都合(2019年は『NHKのど自慢』特別編放送、2020年は9時 - 10時が『日曜討論』放送優先のため)や主催者の都合などでEテレFMで放送された。

参加資格[編集]

  • 次の2項をいずれも満たす男子競技者
  1. 日本陸上競技連盟の登録競技者で、大会当日満19歳以上の者
  2. 大会当日より過去2年以内に、下記いずれかの公認記録を出した者
    1. マラソン: 2時間30分以内
    2. ハーフマラソン: 1時間10分以内
    3. 30 km: 1時間40分以内
    4. 20 km: 1時間5分以内
    5. 10000m: 31分以内
  • 日本陸上競技連盟が推薦する者

参加料は一人5000円である。

大会の歴史[編集]

1946年に第1回が行われたことから、「(現在開催されている中では)日本最古のマラソン大会」ともいわれる。

  • 第1回(1946年10月) - 「全日本毎日マラソン選手権」が大阪府で開催される。難波別院跡地の毎日運動場前を発着し、御堂筋十三大橋を経て国鉄池田駅(現・JR川西池田駅)を折返すコースで競われる[5]。スターターは元オリンピック代表の津田晴一郎が務めた[6]
  • 第3回(1948年5月) - GHQの命令により、発着点を梅田毎日新聞大阪本社前に変更[5][7]
  • 第5回(1950年5月) - 「毎日マラソン」と改称。泉北郡高石町(現:高石市)を往復するコースに変更[5]
  • 第7回(1952年5月) - 1952年ヘルシンキオリンピックのマラソン代表最終選考会を兼ねる。以降、1980年モスクワオリンピックを除く全ての夏季オリンピックのマラソン代表選手選考会となる。
  • 第14回(1959年5月) - 大阪市内の交通事情悪化のため、出発点を住之江区に移し、忠岡町折返し・ 毎日新聞大阪本社前をゴールとするコースに変更[5]
  • 第16回(1961年6月) - 発着点を堺市浜寺公園に移し、住之江区と岸和田城を折り返すコースに変更[5]
  • 第17回(1962年5月) - 交通事情の悪化により大阪府から滋賀県(皇子山運動公園発着[8]志賀町折返しの琵琶湖西岸コース)に変更[5][9]
  • 第18回(1963年5月) - 東京オリンピックのマラソンコースを使用して開催(第19回大会〔1964年4月実施〕まで)。
  • 第20回(1965年5月) - 3年ぶりに滋賀県に戻る。発着点は皇子山陸上競技場となり、琵琶湖西岸から琵琶湖大橋を渡って守山町(現・守山市)折返しのコースに変更[5]
  • 第23回(1968年4月) - この回よりコースを皇子山陸上競技場発着、琵琶湖南岸から瀬田唐橋を渡り、東岸の守山市折返しのルートに変更[10]。琵琶湖大橋経由のルートは3回で終了となった。
  • 第30回(1975年4月) - 瀬田唐橋の改修工事に伴い、近江大橋を経由するルートに変更[5]
  • 第36回(1981年3月) - 改修工事完成により、再び瀬田唐橋経由のルートに戻る[5]
  • 第38回(1983年3月) - 「びわ湖毎日マラソン」と改称する。また、世界陸上ヘルシンキ大会のマラソン代表選考会を兼ねる。10年後の世界陸上シュトゥットガルト大会以降、全ての世界陸上競技選手権大会のマラソン代表選手選考会となる。
  • 第41回(1986年3月) - ソウルアジア大会のマラソン代表選考会を兼ねる。以降、バンコクアジア大会を除く全てのアジア競技大会のマラソン代表選手選考会となる。
  • 第44回(1989年3月) - 瀬田川沿いに南郷洗堰を経由して草津市新浜を周回するコースに変更[5]
  • 第49回(1994年3月) - 1994年アジア競技大会と同じコースを使用し、「毎日国際マラソン」として実施。
  • 第51回(1996年3月) - 大会史上初めて2時間10分の壁を、ヨアキム・ピネイロが破る。
  • 第65回(2010年3月) - 折り返し点を大津市大萱とするコース変更。
  • 第74回(2019年3月) - 東京マラソンの開催日の変更にともない本大会も1週繰り下がり、名古屋ウィメンズマラソンと同日開催になる。
  • 第75回(2020年3月) - 競技開始が午前に変更。機材トラブルにより予定より10分遅れてスタートした[11]
  • 第76回(2021年2月) - 本大会も2週繰り上がり、2月最終日曜開催に変更。

1981年頃から1993年頃までは新人の登竜門的な大会で、オリンピックや世界選手権などの選考レースに格付けされていても一線級の参加があまり見られなかったが、1988年の第43回では前年12月の福岡国際マラソンを怪我のため欠場していた瀬古利彦が出場して注目を集めた。瀬古は優勝し同年のソウル五輪の出場権を獲得したことで物議を醸した[12]

1997年(第52回)、前年のアトランタ五輪で4位に入ったマルティン・フィスが参加し、当時の国内マラソン最高記録で優勝したことで状況が変わり、フラットで好記録が出るコースということで、国内の一線級も参加するようになった。

大きな国際大会の前哨戦や大会運営の予行演習として、会場が変更されたことがあった。

  1. 1963年(第18回)と1964年(第19回)は、日本選手権、東京オリンピック選考会並びにオリンピックマラソンのリハーサルも兼ねて国立競技場(新宿区)〜飛田給(調布市)折り返しの甲州街道を通る東京オリンピックのマラソンと同じコースでのレースとなった。
  2. 1994年(第49回)は広島アジア大会のリハーサルも兼ねて、広島にて「毎日国際マラソン」として開催された。

1985年から2004年は、スタート前にトラックでびわ湖全日本女子競歩大会が開催されていた。

大会の開催時期は、第1回が10月に開催されたのち、第2回から24回(1969年)までは5月がメインで、時に4月(第19回・1964年、第23回・1968年)や6月(第16回・1961年、第21回・1966年)にも開催されていた。第25回(1970年)が4月に開催されてからは5月・6月の開催はなくなり、第26回(1971年) - 28回(1973年)が3月、第29回(1974年) - 第34回(1979年)が4月と変遷して、第35回(1980年)以降は3月開催で定着している。第62回(2007年)は、レースの途中で気温が20度以上に上昇し、春先とは思えない過酷なコンディションに見舞われた。日本の招待選手10人が暑さに対応しきれず惨敗した。

2008年、国際陸上競技連盟は、マラソンなどの世界のロードレースを格付けする制度を導入した。びわ湖毎日マラソンは、2009年、国内で初めて最高位の「ゴールド」にランクされた。2010年もこの年に初めてランク入りした東京マラソンともに2年連続「ゴールド」にランクされている。

歴代優勝者[編集]

  滋賀県開催における(当時の)大会記録
日付 タイム 名前 備考
01 1946年10月20日 2時間44分57秒  古賀新三 (JPN)(三井山野) 第16回まで大阪開催
02 1947年5月18日 2時間43分17秒  古賀新三 (JPN) -2-  
03 1948年5月9日 2時間40分05秒  古賀新三 (JPN) -3- スタートを毎日新聞大阪本社前に変更
04 1949年5月8日 2時間40分32秒  山田三郎 (JPN)(岐阜青年)  
05 1950年5月7日 2時間37分25秒  野田義一 (JPN)(坂出クラブ) 高石町往復にコースを変更
06 1951年5月6日 2時間32分41秒  浅井正 (JPN)中京商業高校教員  
07 1952年5月4日 2時間29分55秒4  内川義高 (JPN)(三井山野)  
08 1953年5月10日 2時間41分28秒  宇和博 (JPN)旭化成  
09 1954年5月16日 2時間27分56秒  濱村秀雄 (JPN)山口県教育委員会)  
10 1955年5月8日 2時間26分32秒  広島庫夫 (JPN)(旭化成) 20年ぶりの日本最高記録
11 1956年5月5日 2時間27分45秒  川島義明 (JPN)日本大学  
12 1957年5月3日 2時間31分20秒  広島庫夫 (JPN) -2-  
13 1958年5月11日 2時間25分51秒  中尾隆行 (JPN)中京大学  
14 1959年5月10日 2時間30分06秒  広島庫夫 (JPN) -3- スタートを住之江区、折返しを忠岡町に変更
15 1960年5月15日 2時間34分57秒  貞永信義 (JPN)鐘紡  
16 1961年6月25日 2時間29分27秒  アベベ・ビキラ (ETH) 浜寺公園発着、住之江区・岸和田城折返しに変更
17 1962年5月13日 2時間27分37秒  長田正幸 (JPN)八幡製鉄所 以降、原則として滋賀開催
18 1963年5月12日 2時間20分24秒8  君原健二 (JPN)(八幡製鉄所) 東京開催[13]
19 1964年4月12日 2時間17分11秒4  君原健二 (JPN) -2- 東京開催[13]
20 1965年5月9日 2時間22分55秒8  アベベ・ビキラ (ETH) -2- 3年ぶりの滋賀開催。琵琶湖大橋経由に変更
21 1966年6月5日 2時間26分01秒6  御船芳郎 (JPN)リッカー  
22 1967年5月14日 2時間25分53秒  御船芳郎 (JPN) -2-  
23 1968年4月14日 2時間13分49秒  宇佐美彰朗 (JPN)(桜門陸友会) 瀬田唐橋経由の琵琶湖南岸・東岸ルートに変更
24 1969年5月11日 2時間22分44秒  松原一夫 (JPN)(全鐘紡)  
25 1970年4月12日 2時間13分46秒  ビル・アドコックス英語版 (GBR)  
26 1971年3月21日 2時間16分45秒4  采谷義秋 (JPN)竹原高等学校教員  
27 1972年3月19日 2時間20分24秒  宇佐美彰朗 (JPN) -2-  
28 1973年3月18日 2時間12分03秒  フランク・ショーター (USA)  
29 1974年4月21日 2時間13分24秒  宇佐美彰朗 (JPN) -3-  
30 1975年4月20日 2時間12分40秒  宇佐美彰朗 (JPN) -4- 近江大橋経由に変更
31 1976年4月18日 2時間15分22秒  宇佐美彰朗 (JPN) -5-  
32 1977年4月17日 2時間14分08秒  カレル・リスモン (BEL)  
33 1978年4月16日 2時間15分15秒  宗猛 (JPN)(旭化成)  
34 1979年4月15日 2時間13分26秒  宗茂 (JPN)(旭化成)  
35 1980年3月23日 2時間14分33秒  弓削裕 (JPN)(旭化成)  
36 1981年3月15日 2時間14分38秒  松尾正雄 (JPN)九州電工 瀬田唐橋経由に戻る
37 1982年3月14日 2時間15分23秒  水久保美千男 (JPN)新日鉄八幡製鉄所  
38 1983年3月13日 2時間13分22秒  川口孝志郎 (JPN)中京高等学校職員  
39 1984年3月11日 2時間14分24秒  岩瀬哲治 (JPN)(リッカー)  
40 1985年3月10日 2時間11分04秒  阿部文明 (JPN)日本電気HE  
41 1986年3月9日 2時間14分55秒  渋谷俊浩 (JPN)雪印乳業  
42 1987年3月8日 2時間11分08秒  阿部文明 (JPN) -2-  
43 1988年3月13日 2時間12分41秒  瀬古利彦 (JPN)エスビー食品  
44 1989年3月12日 2時間14分31秒  小指徹 (JPN)ダイエー 草津市折返しの周回コースに変更
45 1990年3月11日 2時間13分03秒  エディ・エルブイク (BEL)  
46 1991年3月10日 2時間11分34秒  サイモン・ムラシャニ英語版 (TZA)  
47 1992年3月15日 2時間13分15秒  マイク・オレイリー (IRL)  
48 1993年3月14日 2時間11分01秒  マイク・オレイリー (GBR) -2-  
49 1994年3月6日 2時間11分05秒  鈴木賢一 (JPN)富士通 広島開催[13]
50 1995年3月19日 2時間10分49秒  中村祐二 (JPN)山梨学院大学  
51 1996年3月3日 2時間09分32秒  ヨアキム・ピネイロ英語版 (PRT)  
52 1997年3月2日 2時間08分05秒  マルティン・フィス (ESP) 当時国内レース最高
53 1998年3月1日 2時間08分43秒  小島宗幸 (JPN)(旭化成)  
54 1999年3月7日 2時間08分50秒  マルティン・フィス (ESP) -2-  
55 2000年3月5日 2時間08分14秒  マルティン・フィス (ESP) -3-  
56 2001年3月4日 2時間07分34秒  アントニオ・ペーニャ英語版 (ESP)  
57 2002年3月3日 2時間08分35秒  武井隆次 (JPN)(エスビー食品)  
58 2003年3月2日 2時間07分39秒  ジャフェト・コスゲイ英語版 (KEN)  
59 2004年3月7日 2時間07分42秒  ホセ・リオス英語版 (ESP)  
60 2005年3月6日 2時間09分00秒  ジョセフ・リリドイツ語版 (KEN)  
61 2006年3月5日 2時間09分15秒  ホセ・リオス (ESP) -2-  
62 2007年3月4日 2時間10分43秒  サムソン・ラマダニ英語版 (TZA)  
63 2008年3月2日 2時間08分23秒  ムバラク・ハッサン・シャミ (QAT)  
64 2009年3月1日 2時間10分22秒  ポール・テルガト (KEN)  
65 2010年3月7日 2時間09分34秒  イエマネ・ツェガエ英語版 (ETH) コースの一部を変更
66 2011年3月6日 2時間06分13秒  ウィルソン・キプサング (KEN)  
67 2012年3月4日 2時間07分04秒  サムエル・ドゥング英語版 (KEN)愛知製鋼  
68 2013年3月3日 2時間08分34秒  ヴィンセント・キプルト (KEN)  
69 2014年3月2日 2時間09分10秒  バズ·ウォルク英語版 (ETH)  
70 2015年3月1日 2時間09分08秒  サムエル・ドゥング (KEN) -2-  
71 2016年3月6日 2時間09分11秒  ルーカス・ロティチ (KEN)  
72 2017年3月5日 2時間09分06秒  エゼキエル・キプトー・チェビー (KEN)  
73 2018年3月4日 2時間07分53秒  マチャリア・ディラング (KEN)愛知製鋼  
74 2019年3月10日 2時間07分52秒  サラエディーン・ブナスル (MAR)  
75 2020年3月8日 2時間07分29秒  エバンス・チェベト (KEN)
76 2021年2月28日 時間分秒   ([[|]])  

参考文献[編集]

毎日新聞社(編)『びわ湖毎日マラソン大会60年史』びわ湖毎日マラソン大会実行委員会、2006年

脚注[編集]

  1. ^ 2020年から天皇誕生日2月23日に変わる影響で『東京マラソン』が2019年に3月第1日曜日に開催日を変更したため、重複を避ける形で従来より1週間後となった。
  2. ^ 『日本陸上競技選手権 100回記念 MEMORIAL BOOK』 日本陸上競技連盟、2016年、110頁。 
  3. ^ マラソン代表の選考方法、MGCレースとは?これまでとの違い
  4. ^ NHK放送文化研究所 編集 『NHK年鑑2003』 日本放送出版協会、2003年、396頁。 
  5. ^ a b c d e f g h i j 『びわ湖毎日マラソン大会60年史』pp.84 - 85
  6. ^ 昭和毎日 びわ湖毎日マラソン、第1回は大阪で 参加賞は足袋用ゴム - 毎日新聞社
  7. ^ GHQ側は、毎日運動場の近くに軍の事務所があることや、御堂筋が軍用道路であることを変更理由とした(『びわ湖毎日マラソン大会60年史』p.84)。
  8. ^ 当時はまだ陸上競技場がなく、公園内の道路上が発着点だった。
  9. ^ 『60年史』によると、前年大会に出場したアベベ・ビキラを見る観客が自動車やオートバイでコース付近に殺到し、その排気ガスがアベベの記録を低調にしたとされたことが移転を後押ししたという。
  10. ^ 朝日新聞1968年4月12日朝刊12頁の大会記事に「大津市皇子山陸上競技場 - 瀬田唐橋 - 守山市杉江の新コースで行われる」とある。
  11. ^ “びわ湖毎日マラソン スタートできないアクシデント 選手一旦待機 10分遅れで仕切り直し”. Sponichi Annex. (2020年3月8日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/03/08/kiji/20200308s00057000129000c.html 2020年3月8日閲覧。 
  12. ^ ソウル五輪男子マラソン競技の代表選考レースは1987年の福岡国際マラソン、そして1988年の東京国際マラソンとこの大会が指定されていたが、、代表候補たちには日本陸上競技連盟から福岡国際への出場が半ば強制されていたため、福岡国際を欠場しびわ湖毎日に出場して代表権獲得を目指した瀬古とそれを容認した日本陸連に批判が集まった。中山竹通瀬古利彦小掛照二も参照
  13. ^ a b c 第18回(1963年)と第19回(1964年)は東京オリンピック、第49回(1994年)は広島アジア大会の運営演習も兼ねて、開催地が変更される。

外部リンク[編集]