全日本実業団ハーフマラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全日本実業団ハーフマラソン(ぜんにほんじつぎょうだんハーフマラソン)は、山口県山口市で開催される陸上競技大会の一つ。愛称は全日本実業団 山口ハーフマラソン。2013年までは3月中旬に行われ、2014年は世界ハーフマラソン選手権大会が3月に開催される関係で2月中旬に実施された[1]。2015年以降も2月に行われている。

参加できるのは日本実業団陸上競技連合に加盟しているチームの選手に限られ、学生や実業団陸連以外の社会人ランナーは参加できない。長距離陸上競技では珍しく、上位3名の合計順位で競う「団体戦」が行われるのが特色である。また女子は10kmレースも併せて開催される。

概要[編集]

1973年全日本実業団マラソンの名称で第1回大会が石川県小松市で開催された[2]。当初は一般が30km、ジュニアが10マイルの距離で開催された[3]1981年の第9回大会から全日本実業団30kmロードレースに改称[4]1989年の第17回大会より全日本実業団ハーフマラソンに改称、この時に距離が30kmからハーフマラソンに変更、ジュニア10マイルを廃止し女子の部を新設した[5]1991年の大会より石川県から山口県に開催地を移している[6]

コース[編集]

歴代優勝者[編集]

男子[編集]

※1997年以降、優勝者の氏名・所属は当時。

開催年 氏名 国籍・所属 タイム 備考
25 1997年 高岡寿成 日本の旗 日本鐘紡 1時間02分01秒
26 1998年 ジュリアス・ギタヒ  ケニア日清食品 1時間01分33秒
27 1999年 デイビッド・モーリス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国本田技研浜松 1時間02分00秒
28 2000年 市之瀬進 日本の旗 日本・鐘紡 1時間01分30秒
29 2001年 森勇気 日本の旗 日本コマツ電子金属 1時間01分27秒
30 2002年 坪田智夫 日本の旗 日本コニカ 1時間01分16秒
31 2003年 高岡寿成 日本の旗 日本・カネボウ 1時間01分07秒
32 2004年 瀬戸智弘 日本の旗 日本・カネボウ 1時間01分49秒
33 2005年 ダニエル・ジェンガ  ケニアヤクルト 1時間01分31秒
34 2006年 下里和義 日本の旗 日本日産自動車 1時間02分00秒
35 2007年 前田和浩 日本の旗 日本九電工 1時間02分10秒
36 2008年 ベケレ・ゲブレサディック エチオピアの旗 エチオピアHonda 1時間01分40秒
37 2009年 ジョセフ・ギタウ  ケニアJFEスチール 1時間01分25秒
38 2010年 サムエル・ドゥング  ケニア愛知製鋼 1時間01分19秒
39 2011年 東北地方太平洋沖地震の影響により大会中止[7]
40 2012年 宮脇千博 日本の旗 日本トヨタ自動車 1時間00分53秒
41 2013年 丸山文裕 日本の旗 日本旭化成 1時間01分15秒 [8]
42 2014年 ギタウ・ダニエル  ケニア富士通 1時間00分59秒
43 2015年 チャールズ・ディランゴ  ケニア・JFEスチール 1時間00分18秒 大会記録[9]
44 2016年 チャールズ・ディランゴ  ケニア・JFEスチール 1時間01分00秒 [10]
45 2017年 アビヨット・アビネット エチオピアの旗 エチオピア八千代工業 1時間01分21秒
46 2018年 チャールズ・ディランゴ  ケニア・JFEスチール 1時間01分55秒

女子[編集]

※2000年以降、優勝者の氏名・所属は当時。

開催年 氏名 国籍・所属 タイム 備考
28 2000年 岡本幸子 日本の旗 日本沖電気宮崎 1時間09分42秒
29 2001年 野口みずき 日本の旗 日本グローバリー 1時間08分45秒
30 2002年 川上優子 日本の旗 日本・沖電気 1時間09分38秒
31 2003年 野口みずき 日本の旗 日本・グローバリー 1時間08分29秒
32 2004年 ルーシー・ワゴイ  ケニアスズキ 1時間09分47秒
33 2005年 阿蘇品照美 日本の旗 日本京セラ 1時間09分54秒
34 2006年 野口みずき 日本の旗 日本シスメックス 1時間08分49秒
35 2007年 オンゴリ・フィレス・モラー  ケニアホクレン 1時間09分50秒
36 2008年 赤羽有紀子 日本の旗 日本・ホクレン 1時間08分11秒 大会記録
37 2009年 チェイエチ・ダニエル  ケニアユニクロ 1時間08分46秒
38 2010年 会津容子 日本の旗 日本四国電力 1時間18分26秒
39 2011年 東北地方太平洋沖地震の影響により大会中止[7]
40 2012年 田中智美 日本の旗 日本第一生命 1時間09分47秒
41 2013年 赤羽有紀子 日本の旗 日本・ホクレン 1時間08分59秒 [8]
42 2014年 田中智美 日本の旗 日本・第一生命 1時間09分24秒
43 2015年 沼田未知 日本の旗 日本豊田自動織機 1時間09分27秒 [9]
44 2016年 清水美穂 日本の旗 日本・ホクレン 1時間09分41秒 [10]
45 2017年 宇都宮亜依 日本の旗 日本宮崎銀行 1時間10分47秒
46 2018年 パウリン・カムル  ケニアルートインホテルズ 1時間09分40秒

運営[編集]

テレビ中継[編集]

毎年、開催日当日にTBS系列で録画放送(午前10時スタート→午後2時から放映)される。TBSテレビが制作、中国放送 (RCC) とテレビ山口 (tys) が制作協力を行っている。

男子・女子で別々の実況が行われる。実況担当のアナウンサーはTBSから主に派遣され、tysアナウンサーが一部サポートする形となっている。

中継出演者(2017年)[編集]

別記がない場合はTBSアナウンサー

中継出演者(2015年)[編集]

別記がない場合はTBSアナウンサー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第42回 全日本実業団ハーフマラソン大会 要項 (PDF) 日本実業団陸上競技連合(2013年12月16日閲覧)
  2. ^ 日本実業団陸上競技連合/編集 『日本実業団陸上競技連合50年史 半世紀の足跡』 日本実業団陸上競技連合、2008年、56-57頁。 
  3. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会 編 『日本陸上競技連盟七十年史』 日本陸上競技連盟、1995年、130頁。 
  4. ^ 日本実業団陸上競技連合/編集 『日本実業団陸上競技連合50年史 半世紀の足跡』 日本実業団陸上競技連合、2008年、82頁。 
  5. ^ 日本実業団陸上競技連合/編集 『日本実業団陸上競技連合50年史 半世紀の足跡』 日本実業団陸上競技連合、2008年、106頁。 
  6. ^ 日本実業団陸上競技連合/編集 『日本実業団陸上競技連合50年史 半世紀の足跡』 日本実業団陸上競技連合、2008年、111頁。 
  7. ^ a b 「全日本実業団ハーフマラソン大会『中止』のお知らせ (PDF) - 日本実業団陸上競技連合2011年3月14日
  8. ^ a b “全日本実業団ハーフマラソン:丸山、初優勝 女子は赤羽”. 毎日jp. (2013年3月18日). http://mainichi.jp/select/news/20130318ddm035050155000c.html 2013年3月18日閲覧。 
  9. ^ a b “女子は沼田、男子はディランゴが初V 全日本実業団Hマラソン”. スポニチアネックス. (2015年2月15日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/02/15/kiji/K20150215009814310.html 2015年2月15日閲覧。 
  10. ^ a b “清水が初優勝、伊藤10位 実業団ハーフマラソン”. スポニチアネックス. (2016年2月14日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/02/14/kiji/K20160214012040090.html 2016年11月19日閲覧。