名古屋国際女子マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋国際女子マラソン
開催時期 3月
開催地 日本の旗 日本名古屋市
コース ロードコース
距離 マラソン
主要スポンサー メナード化粧品
創立 1980年
終了 2010年
最高記録 日本の旗高橋尚子 2:22:19
公式サイト 名古屋国際女子マラソン大会

名古屋国際女子マラソン(なごやこくさいじょしマラソン、英語: NAGOYA INTERNATIONAL WOMEN'S MARATHON)は、2010年まで毎年3月愛知県名古屋市を舞台に繰り広げられたマラソン大会である。

概要[編集]

1980年に20kmロードレース大会としてスタート。東海テレビによると、当初は豊橋市で行われ、名古屋に移ったのは1982年(名称が『中日名古屋スピードマラソン』に変更される)であるという。その後、1984年にフルマラソン大会へと格上げされ、同時に名称を『国際招待名古屋女子マラソン』に変更されるが、翌1985年から現在の名称が使用される。

コースは瑞穂陸上競技場を発着地として名古屋城を周回する42.195kmで争われ、横浜国際女子マラソン大阪国際女子マラソンと同様に市内の名所を通る。代表的な場所はナゴヤドーム久屋大通公園そして折り返し地点となる名古屋城等が挙げられる。

2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリスト高橋尚子2009年は引退レースとして一般参加)、2004年アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきは共にこの大会の優勝者として名が刻まれている。名古屋から4大会連続でオリンピック女子マラソン代表(1996年真木和、2000年高橋尚子、2004年土佐礼子、2008年中村友梨香)を輩出している。また、2000年大会以降は日本の選手が優勝しているほか、大阪と異なり、通算で3回以上優勝した選手がいない。

その年にオリンピック世界陸上選手権アジア競技大会が行われる場合、その女子マラソンの最終代表選考会として位置づけられている。1994年びわ湖毎日マラソン[1]と当大会の日程が入れ替わってからは、当大会がスケジュール的に男女を通じてマラソンの最後の選考会となるため、当大会の翌日に男女揃って代表選手が発表されることが多い[2]

2011年は3月13日に第32回大会を実施する予定であったが、前々日の3月11日に発生した東日本大震災のため中止となった[3]。翌2012年からは名古屋国際女子マラソンは「名古屋ウィメンズマラソン」に模様替えし、ハーフマラソン名古屋シティマラソンとの同時開催の形式となる「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知」の一部となり、女子のエリート選手と市民ランナーによるフルマラソン競技として実施されることになった。このため、「名古屋国際女子マラソン」としての開催は実質2010年の大会が最後である。

参加資格[編集]

  • 大会当日の時点で満年齢が19歳以上である女子
  • 日本陸連が指定した期日以降に、陸連公認のマラソン等に出場し、陸連が定める一定以上の記録を保持している者
    • マラソン - 3時間15分以内
    • 30km - 2時間13分以内
    • ハーフマラソン - 1時間30分以内
    • 20km - 1時間25分以内
    • 10km - 38分以内
  • 日本陸上競技連盟が認める競技者

歴代優勝者[編集]

※優勝者の氏名・国籍・所属は当時のものである。

  日付 氏名 国籍・所属 記録 備考
1 1980年3月9日 佐々木七恵 日本の旗岩手県立盲学校 1時間16分10秒 20kmロードレース大会
2 1981年3月8日 田中三恵 日本の旗大阪体育大学 1時間17分50秒  
3 1982年3月7日 キャシー・トゥーミー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1時間06分52秒 20kmの世界最高記録
4 1983年2月27日 エレン・ハート アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1時間08分58秒  
5 1984年3月4日 グレニス・クイック英語版 ニュージーランドの旗 ニュージーランド 2時間34分25秒 この回からフルマラソン大会
6 1985年3月3日 佐々木七恵 日本の旗エスビー食品 2時間33分57秒  
7 1986年3月2日 カトリン・ドーレ 東ドイツの旗 東ドイツ 2時間29分33秒  
8 1987年3月1日 カーラ・ビュースケンス英語版 オランダの旗 オランダ 2時間28分27秒  
9 1988年3月6日 趙友鳳 中華人民共和国の旗 中国 2時間27分56秒  
10 1989年3月5日 趙友鳳 中華人民共和国の旗 中国 2時間28分20秒  
11 1990年3月4日 ワンダ・パンフィル英語版 ポーランドの旗 ポーランド 2時間31分04秒  
12 1991年3月3日 山下佐知子 日本の旗京セラ 2時間31分02秒  
13 1992年3月1日 大江光子 日本の旗日本生命 2時間31分04秒  
14 1993年3月7日 カミラ・グラデュス英語版 ポーランドの旗 ポーランド 2時間27分38秒 マラソンコースを大幅に変更
15 1994年3月13日 浅井えり子 日本の旗NEC・HE 2時間30分30秒  
16 1995年3月12日 カミラ・グラデュス ポーランドの旗 ポーランド 2時間27分29秒  
17 1996年3月10日 真木和 日本の旗ワコール 2時間27分32秒  
18 1997年3月9日 マディナ・ビクタギロワ英語版 ベラルーシの旗 ベラルーシ 2時間29分30秒  
19 1998年3月8日 高橋尚子 日本の旗積水化学 2時間25分48秒 日本最高記録
20 1999年3月14日 リュボフ・モルグノワ英語版 ロシアの旗 ロシア 2時間27分43秒 マラソンコースの一部を変更
21 2000年3月12日 高橋尚子 日本の旗積水化学 2時間22分19秒 大会記録
22 2001年3月11日 松尾和美 日本の旗天満屋 2時間26分01秒  
23 2002年3月10日 野口みずき 日本の旗グローバリー 2時間25分35秒  
24 2003年3月9日 大南敬美 日本の旗UFJ銀行 2時間25分03秒  
25 2004年3月14日 土佐礼子 日本の旗三井住友海上 2時間23分57秒  
26 2005年3月13日 原裕美子 日本の旗京セラ 2時間24分19秒  
27 2006年3月12日 弘山晴美 日本の旗資生堂 2時間23分26秒 18.4km地点関門閉鎖実施
28 2007年3月11日 橋本康子 日本の旗セガサミー 2時間28分49秒  
29 2008年3月9日 中村友梨香 日本の旗天満屋 2時間25分51秒  
30 2009年3月8日 藤永佳子 日本の旗資生堂 2時間28分13秒  
31 2010年3月14日 加納由理 日本の旗セカンドウィンドAC 2時間27分11秒  
32 2011年3月13日 大会中止[4]  

協賛企業[編集]

大会公式ソング[編集]

  • 2004年~2006年:「Chance!」(BREATH

テレビ・ラジオによる中継体制[編集]

テレビ[編集]

東海テレビを制作局としてFNS系列28局ネットで全国放送する。

  • 中継は看板スポーツアナを中心とした東海テレビのアナウンサーが担当する。メイン実況は森脇淳(2004年から)。かつては吉村功が定年退職後も2005年(2004年・2005年は競技場実況)まで務め、2006年からは吉村が担当していた競技場実況を小田島卓生にバトンタッチした。
  • ちなみに大会当日は、中京競馬場中央競馬が開催され[5]、東海テレビでは自社制作している。以前は東海テレビもアナウンサー4人体制だったが、マラソン中継などのあおりを受け、斉藤誠征加藤晃の2人体制となった[6]
  • テレビ中継では毎年第1放送車として東海テレビの移動中継車が、第2放送車はフジテレビの移動中継車が使われているが、2006年は全編ハイビジョンで放送するため、第1放送車がフジテレビ、第2放送車が関西テレビの移動中継車が使われ、同局の大橋雄介が実況を担当した。2008年からはフジテレビの竹下陽平が第2移動車の実況を担当。又、2002年には第2放送車として福島テレビの移動中継車(東日本女子駅伝中継で使用)が使われた。
  • かつては第2放送車の実況にフジテレビから福井謙二、関西テレビから馬場鉄志が助っ人として担当していたことがあった。
  • 1990年代中頃(詳細時期失念)にはNNNNNS系列の青森放送でも後日ハイライトとして放送していたことがあった。
  • 提供クレジットは1998年までと2000年・2001年は全編通しての提供。1999年と2002年以降は2部制に分離。1999年と2002年はカード会社などの提供入れ替え、2003年以降は二階堂酒造などのグループとキリンビール・キリンビバレッジなどのグループの提供入れ替えとなっていた。
    • 2006年以降からは提供クレジットも絨毯つきのカラー表示された。提供の文字は2006年まで続いた。

ラジオ[編集]

1984年のフルマラソン格上げ時より東海ラジオで放送開始[7]

但し1996年大会はSTVラジオに、2008年まではニッポン放送でもネットされていた。またオリンピック選考予選と重なった場合や,代表が大阪で決まらない場合など全国的に注目されると急遽ネット局が増える場合がある[8]

  • 東海ラジオ本社スタジオを「放送センター」として使用・放送の中心とし、中継車2台・瑞穂陸上競技場からの実況やレポートを交えて放送を進める(以前はコース中の数ヶ所にもアナウンサーを配置・実況を行っていた)。
  • 実況は、元ニッポン放送スポーツアナウンサーでフリーアナウンサー深山計が実況スタッフとして加わっている。
  • また解説は、大阪体育大学豊岡示朗や元ダイエー陸上部所属でマラソン選手だった山本佳子が担当している。
  • ラジオ放送ということもあり、マラソン中継中随時、東海ラジオのみコース周辺の車両規制情報等を本社スタジオから伝えている。
  • 中継で放送されるジングルのひとつに、当大会の英語表記名を男性外国人がしゃべったバージョンがある。

競技制限[編集]

第27回大会から、競技者の安全を確保するためとして、桜通りの大津交差点にある18.4km地点において、関門閉鎖が実施されている。

ここを通過できるのは先頭集団(一定人数)とこれに付き添う大会関係車両のみで、これより後ろに位置する選手は、タイムがどうであれ全員無制限でレース打ち切りとなる。このことは、大会本部がホームページ(下記外部リンク参照)で事前に参加希望者に告知している。

脚注[編集]

  1. ^ 1994年のびわ湖毎日マラソンは「毎日国際マラソン」として広島で開催。
  2. ^ ただし、2009年東京マラソンがこの大会の2週間後に行われたため、正式発表日はその後となった。なお東京マラソンには、10kmロードレースの部の共催者として、東京新聞を発行する中日新聞東京本社が名を連ねている。
  3. ^ 世界陸上大邱大会女子マラソン代表選考会としての代替レースは、当初2011年4月開催予定の長野マラソンだったが、同年3月12日発生の長野県北部地震などの影響でこれも中止となり、結果、同世界陸上女子マラソン代表の最終選考会は、同年4月17日に開催されたロンドンマラソンなどの海外レースに変更された。
  4. ^ 大会の前々日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による、競技者・観客の安全確保や交通渋滞を勘案すると同時に、被災地・被災者に対する救援物資の輸送・援助を最優先した措置である。尚、大会運営側は前日の12日午後まで大会を開催する意向であったが、未曾有の大地震と大津波の発生により1万人を超す死者・行方不明者という事態まで発展し、さらに全国からの抗議が殺到したため大会開催を断念した。
  5. ^ 2009年は函館競馬場の大規模改築工事に伴う日程変更のため、2011年は中京競馬場の大規模改築工事のため、それぞれ当日の中京競馬場での開催はない。
  6. ^ 森脇も以前は競馬中継に関わっていた。なおマラソン中継には斉藤・加藤のどちらかが関わるが、2007年の大会は2人共にマラソン中継に関わったため、競馬中継は関西テレビ石巻ゆうすけが実況を担当した。
  7. ^ これに伴い、直後の大阪国際女子マラソンのラジオ中継の様子を、制作元のラジオ大阪の協力を得て実地研修を行ったりした。なお最初に行ったテストでは、クリアな状態で本社にて電波を受信できたのはわずか1キロだったが、新しい機材の導入等といった改善などを行い、この状況は大幅に改善された(「東海ラジオ放送 創立50年のあゆみ」より引用)。
  8. ^ FBCラジオは2008年にネット受けして放送(テレビは福井テレビ)。2007年の東京国際女子マラソン大阪国際女子マラソンも急遽放送していた。

外部リンク[編集]