京セラ女子陸上競技部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京セラ女子陸上競技部(きょうセラじょしりくじょうきょうぎぶ)は、鹿児島県霧島市を拠点にする京セラ陸上競技部である。

沿革[編集]

1982年昭和57年)2月、鹿児島県の川内工場で「陸上競技部」を創部。当時は男子選手も在籍していた。

1983年(昭和58年)3月、鹿児島県の国分工場へ拠点を移す。

2000年平成12年)3月、京都府京都市伏見区の京都本社に拠点を移す。「女子陸上競技部」になり、女子選手だけが在籍するようになる。

2009年(平成21年)3月、監督の大森国男、選手の原裕美子、小川清美が退部[1]

2009年(平成21年)4月、廃部となった沖電気陸上競技部より監督の新原保徳および選手の宮内洋子宮内宏子双子)が移籍[2]

2013年(平成25年)12月、監督の新原保徳が病気のため、死去[3]。その後はしばらくコーチの長渡憲司が暫定的に指導を行っていた。

2014年(平成26年)2月、中国電力陸上競技部所属の元選手、佐藤敦之の監督就任、妻である佐藤美保のコーチ就任が報道された[4][5]

2014年(平成26年)3月、コーチの長渡憲司、選手の宮内洋子、宮内宏子が退部。

2014年(平成26年)4月、佐藤敦之監督、佐藤美保コーチが正式に就任。

2014年(平成26年)5月、活動拠点を14年ぶりに京都本社から鹿児島県の国分工場に再び移転[6][7]

オリンピックへの出場[編集]

選手・スタッフ[編集]

  • 監督:佐藤敦之
  • コーチ:佐藤美保
  • 選手:古瀬麻美、足立由真、立山沙綾佳、戸田真由香、藤本彩夏、堀口あずき、盛山鈴奈、床呂沙紀、藤田理恵、松田杏奈、中島愛華、山ノ内みなみ(2018年4月現在)

脚注[編集]

  1. ^ “駅伝の強豪京セラの大森監督が退社へ - スポーツニュース : nikkansports.com” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20090326-475831.html 2018年11月8日閲覧。 
  2. ^ “京セラ女子陸上部新監督に新原保徳氏 - スポーツニュース : nikkansports.com” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20090327-476114.html 2018年11月8日閲覧。 
  3. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部. “京セラ女子陸上部監督 新原保徳氏が死去 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/12/21/kiji/K20131221007244600.html 2018年11月8日閲覧。 
  4. ^ 朝日新聞 2014年2月2日東京朝刊14版 27面
  5. ^ “佐藤敦之氏が京セラ女子陸上部監督に - 陸上ニュース : nikkansports.com” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/f-sp-tp0-20140203-1252634.html 2018年11月8日閲覧。 
  6. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部. “京セラ女子陸上部 佐藤敦之新監督迎え、新拠点で本格始動 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/05/07/kiji/K20140507008114330.html 2018年11月8日閲覧。 
  7. ^ デイリースポーツ社. “京セラ女子陸上部、新拠点で出発/スポーツ速報/デイリースポーツ online” (日本語). www.daily.co.jp. 2018年11月8日閲覧。

外部リンク[編集]