京セラドキュメントソリューションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
KYOCERA Document Solutions Incorporated
Kyocera logo.svg
Headquarter of KYOCERA DOCUMENT SOLUTIONS Corporation.JPG
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
540-8585
大阪府大阪市中央区玉造一丁目2番28号
JR西日本大阪環状線 玉造駅前)
設立 1948年(昭和23年)7月(三田工業株式会社)
(創業は1934年(昭和9年)11月)
業種 精密機器
法人番号 6120001090378
事業内容 モノクロおよびカラーのプリンター、複合機、広幅複合機、ドキュメントソリューション、アプリケーションソフトウェアおよびサプライ製品の製造・販売
代表者 代表取締役会長 久芳徹夫
代表取締役社長 九鬼隆
資本金 120億円
売上高 連結3,326億円(連結売上 2016年3月期実績)
従業員数 グループ17,311人(2016年3月末時点)
主要株主 京セラ株式会社 100%
主要子会社 京セラドキュメントソリューションズ ジャパン株式会社(販売会社) 他
関係する人物 稲盛和夫
外部リンク http://www.kyoceradocumentsolutions.co.jp/
特記事項:※2000年平成12年)1月18日 京セラミタ株式会社へ社名変更
2012年平成24年)4月1日 京セラドキュメントソリューションズ株式会社へ社名変更
テンプレートを表示

京セラドキュメントソリューションズ株式会社(きょうセラドキュメントソリューションズ)は、大阪府大阪市中央区に本社を置く情報機器メーカーである。

1934年(昭和9年)に、三田工業として創業した。社名は創業者の姓に由来している。2000年(平成12年)1月18日からは京セラの子会社となり京セラミタ株式会社に、2012年(平成24年)4月1日には京セラドキュメントソリューションズ株式会社に社名を変更している。

事業内容[編集]

モノクロおよびカラープリンター、モノクロおよびカラー複合機、広幅複合機、複写機ソフトウェア、その他パソコン用周辺機器等の製造販売。また、それらに付随する各種サービス

  • 商標
    • ECOSYS(エコシス) - プリンター
    • TASKalfa(タスクアルファ) - 複合機

2000年から2003年までは京セラミタの名称で販売していたが、2004年以降は京セラのブランド名称とロゴに統一している。

会社更生法適用と再建[編集]

1998年8月10日、三田工業は会社更生法の適用を申請した。複写機のデジタル化の流れに乗り遅れたことや、その後の粉飾決算事件、放漫的な同族経営等が原因として挙げられていた。京セラが支援に名乗りを上げた。

更生計画に従い、2000年(平成12年)1月18日に、東証1部上場で電子機器会社の京セラが子会社化して、「京セラミタ株式会社」として再出発。京セラが受け持っていたエコシスプリンターなどの印刷機、入出力機器事業を集約した。

2002年3月5日、予定より7年繰り上げて更生計画を終了。

なお、三田工業には出版部門として、科学技術分野で質の高い本を出版していた三田出版会があったが、こちらは1999年1月16日に出版文化社版権等を継承している。

沿革[編集]

  • 1934年(昭和9年)11月 - 創業。
  • 1948年(昭和23年)7月 - 三田工業株式会社設立。
  • 1998年(平成10年)8月10日 - 大阪地裁に会社更生法適用申請、事実上倒産、京セラ支援表明。
  • 2000年(平成12年)1月18日 - 更生計画認可決定。京セラミタ株式会社に商号変更。
  • 2002年(平成14年)3月5日 - 更生手続終結決定。京セラ本体のプリンター事業を京セラミタに統合。
  • 2008年(平成20年)3月 - 本社敷地内に「京セラミタR&Dセンター」竣工。
  • 2008年(平成20年)4月 - 年内に複写機やプリンターの国内生産から一部を除き、年内に事実上撤退する方針を明らかにした。量産品の製造は中国の工場に移管する。
  • 2010年(平成22年)2月24日 - 連結子会社でOAクラッチの製造を行うダイケンの株式をシンフォニアテクノロジーに譲渡[1]
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 京セラドキュメントソリューションズ株式会社に社名変更。三田工業から続いたミタの社名が消滅。

国内関連会社[編集]

海外関連会社[編集]

  • 京セラドキュメントソリューションズ 本社統括地域
    • 京セラドキュメントソリューションズ 韓国
    • 京セラドキュメントソリューションズ 中国
    • 京セラドキュメントソリューションズ 香港
    • 京セラドキュメントソリューションズ 台湾
    • 京セラドキュメントソリューションズ タイ
    • 京セラドキュメントソリューションズ シンガポール
    • 京セラドキュメントソリューションズ インド
    • 京セラドキュメントソリューションズ オーストラリアニュージーランドを含む)
  • 京セラドキュメントソリューションズ アメリカ統括地域
    • 京セラドキュメントソリューションズ アメリカ
    • 京セラドキュメントソリューションズ カナダ
    • 京セラドキュメントソリューションズ メキシコ
    • 京セラドキュメントソリューションズ ブラジル
    • 京セラドキュメントソリューションズ チリ
  • 京セラドキュメントソリューションズ ヨーロッパ統括地域
    • 京セラドキュメントソリューションズ イギリス
    • 京セラドキュメントソリューションズ フランス
    • 京セラドキュメントソリューションズ ドイツ
    • 京セラドキュメントソリューションズ オランダ
    • 京セラドキュメントソリューションズ ベルギー
    • 京セラドキュメントソリューションズ イタリア
    • 京セラドキュメントソリューションズ スペイン
    • 京セラドキュメントソリューションズ ポルトガル
    • 京セラドキュメントソリューションズ スイス
    • 京セラドキュメントソリューションズ オーストリア
    • 京セラドキュメントソリューションズ スウェーデン
    • 京セラドキュメントソリューションズ ノルウェー
    • 京セラドキュメントソリューションズ デンマーク
    • 京セラドキュメントソリューションズ フィンランド
    • 京セラドキュメントソリューションズ ロシア
    • 京セラドキュメントソリューションズ トルコ
    • 京セラドキュメントソリューションズ UAE
    • 京セラドキュメントソリューションズ 南アフリカ

CM[編集]

三田工業として[編集]

「コピーは三田」のキャッチフレーズとともに、話題になり記憶に残るCMがあった。1980年代正月三が日のテレビ各局の特別番組では筆頭スポンサーの常連であった。

1982年女優ジャズシンガー阿川泰子が歌うジャズをバックに、アメリカで撮られた老朽化したビルをダイナマイト爆破解体してゆくシーンを立て続けに放送するCMが話題を呼んだ[2]。阿川はこれがCM初出演。もともとこのCMのコンセプトは「明日は変わるでしょうか。コピーは変わるでしょうか。」という城達也ナレーションが指し示すように“技術の革新”をテーマにしたものであり、シュールな内容ではあったものの、テレビでは大いに反響を呼び、売り上げを伸ばすことになった。同じ阿川の出演で街中に突如空母を登場させるバージョンもあった。

プロレスラージャイアント馬場を起用した「バババ馬場〜、馬場も丸どり〜」の歌(セントルイス・ブルースのメロディ)が流れるCM[3]もあった。

また広島東洋カープ在籍時代の江夏豊のCM初出演が三田工業だった[2]

京セラミタ・京セラドキュメントソリューションズとして[編集]

在阪テレビ局制作のお正月スペシャル番組などに提供される事が多い。基本的にはスポットCMが中心。

プロ野球に関しては2005年度は毎週土曜日、2006年から毎週水曜日にMBSタイガースナイターMBSラジオ)に協賛しCMも放送していた。

スポーツ協賛事業[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]