宮内宏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮内 宏子(みやうち ひろこ、1983年6月19日 - )は神奈川県座間市出身の陸上選手双子である宮内洋子の妹。

白鵬女子高等学校卒業後、全日本実業団対抗女子駅伝で3度の優勝を誇る女子陸上の名門「OKI陸上競技部」に入部。しかし、「OKI陸上競技部」が景気悪化を理由に2009年3月末で廃部となり、2009年4月、同陸上競技部の新原保徳監督と双子の洋子と「京セラ女子陸上競技部」に入部。

京セラ入部後、初マラソンに挑戦。「2009横浜国際女子マラソン大会」では8位に入り、新人賞を獲得(2時間32分30秒)。双子の姉・洋子らと共に出走した「2010札幌国際ハーフマラソン」では9位(1時間13分33秒)。「2010北海道マラソン」では、優勝した原裕美子に次いで2位に入った(2時間35分42秒)。「2011大阪国際女子マラソン」は10位(2時間38分31秒。優勝は赤羽有紀子、姉・洋子は8位)。

2014年8月、姉の洋子とともにホクレンへ移籍した。

自己記録[編集]

  • ハーフマラソン 1時間9分54秒 (2008年1月 宮崎女子ロードレース大会)
  • マラソン 2時間32分20秒 (2009年11月 横浜国際女子マラソン大会)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]