新井文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 文子(あらい あやこ、1967年 - )は、1980年代後半から1990年代に活躍した日本陸上競技選手。元女子800m日本記録保持者。1,000m・2,000m日本最高記録保持者。群馬女子短期大学附属高等学校(現・高崎健康福祉大学高崎高等学校)から三田工業に入社。のち京セラに移籍。群馬県出身。

略歴[編集]

  • 1984年、第72回日本選手権女子800mにおいて優勝、以降1988年の第76回まで同種目5連覇を飾る[1]
  • 1985年、高校生で800m 2分4秒82の日本新記録を樹立・全国女子駅伝1区で区間新記録を樹立
  • 1987年、800m 2分5秒35の室内日本記録樹立
  • 1988年、関西実業団選手権で2分6秒74の大会新記録を樹立
  • 1990年8月10日、ブリュッセルで行われたイボ・バンダム記念陸上女子1,000mで、2分43秒92の日本最高記録を樹立
  • 1990年8月14日、ヘンゲロで行われたアドリアン・ポーレン記念陸上女子2,000mで5分54秒30の日本最高記録を樹立
  • 1999年、水戸国際陸上に出場し2分7秒49の鹿児島県新記録を樹立

脚注[編集]

  1. ^ 第96回日本陸上競技選手権大会 過去の優勝者・記録 日本陸上競技連盟. 2013-01-28閲覧。

関連項目[編集]