福知山マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福知山マラソン
Fukuchiyama marathon 2008.jpg
三段池公園
開催地 日本の旗 日本福知山市
開催時期 11月23日
種類 ロードコース
距離 マラソンなど
最高記録 男子:川内優輝 2時間12分59秒
2014年・第24回大会)[1]
女子:矢尾桃子 2時間39分36秒
2022年・第30回大会)
創立 1991年
スポンサー ステップグンゼ
公式サイト 福知山マラソン

福知山マラソン(ふくちやまマラソン)は、京都府福知山市で毎年11月23日(国民の祝日勤労感謝の日)に行われる、市民マラソン大会である。

概要と歴史[編集]

  • 第1回大会は、1991年11月23日に開催された。
  • スタート地点は、当初1994年・第4回大会まで福知山市民運動場野球場であったが、1995年・第5回大会以降は三段池公園の総合体育館前の道路となり、今現在も定着している。
  • コースはスタート地点から間もなく右折した後で、丘の上にある三段池公園から距離で約1kmの高低差40m程の急な下り坂が有る。それ以降は小刻みなアップダウンが有るものの、ゴール手前までの高低差は少ない。3Km地点を過ぎると音無瀬橋(由良川)を渡り、福知山市の市街地に入る。小さな市のため、7km地点ののちに新音無瀬橋を渡り、市街地を後にする。このアーチが美しい新音無瀬橋は、福知山マラソンのシンボルともなっている。コースはその後左折し、由良川沿いの舞鶴街道を延々と北上を続け、約25km地点を過ぎた辺りで折り返す。
  • 帰路は同じ舞鶴街道を南下するが、市街地は通らずに街道から左折して、三段池公園への坂に直接入ることになる。
    • かつて2017年の第27回大会までは、40km地点を越えてからゴール直前迄、再び約1Kmの高低差40mもの登り坂を走行するのが、福知山マラソンにおいて最大の難所だった。なおこの坂では、地元の小学生が助っ人伴走ランナーとして、へたったり歩いたりするランナーの手を取り走る風習が有った。
  • 2019年の第29回大会が株式会社アールビーズの「2019 全国ランニング大会100撰」に選定された。
  • 2020年~2021年の2年間、新型コロナウイルスの日本全国における感染拡大防止を要因に中止されていたが2022年11月23日第30回を迎えた。

コース変更(ゴール前の上り坂短縮)など[編集]

  • しかし、翌2018年の第28回大会より、フィニッシュ地点を前年までの500m手前へ設定変更により、従来のゴール目前の上り坂が短縮される[2][3]。それにより、不足する距離についてはスタート・折返しの各地点を、それぞれ調整する事となった[4]
  • さらに、同年・第28回大会直前の11月1日11月9日の9日間、及び翌年の第29回大会前・2019年10月1日10月23日の23日間[5]、「11月中に出場予定大会無し・出走大会不明」などのランナーの為に、1次エントリー終了後に同大会への出走を提供する「オータムランナーエントリー」を実施した(但しスタート時は最後尾・順位表彰及び駐車場用意は無し・参加賞有り)。

開催中止[編集]

  • 但し過去には4回、同マラソン大会が開催中止となった事がある。
  • なお2014年の第24回大会前には、同年8月に福知山市街を中心とする豪雨(平成26年8月豪雨)が発生。昨2013年に引き続き又しても同市内で洪水被害が起こり、2年連続してマラソン中止も危ぶまれたが、その後ボランティア等懸命の復旧活動により無事開催された。

優勝者[編集]

フルマラソン 第13回、第15回~第18回は記録が見つからなかったため掲載なし
開催日 男子選手 記録 女子選手 記録
1 1991年11月23日 高橋 義之 2時間29分27秒 大谷 妙子 2時間55分50秒
2 1992年11月23日 福沢 潔 2時間27分52秒 大谷 妙子 2時間49分43秒
3 1993年11月23日 仲川 栄二 2時間22分30秒 大谷 妙子 2時間47分33秒
4 1994年11月23日 内芝 修司 2時間33分31秒 金子 慶子 2時間46分16秒
5 1995年11月23日 長谷川 良治 2時間25分00秒 大谷 妙子 2時間50分18秒
6 1996年11月23日 内芝 修司 2時間25分37秒 野村 加代子 2時間48分00秒
7 1997年11月23日 内芝 修司 2時間25分51秒 大谷 妙子 2時間54分42秒
8 1998年11月23日 岸本 実 2時間24分58秒 野村 加代子 2時間46分30秒
9 1999年11月23日 田中 耕一 2時間22分02秒 野村 加代子 2時間50分04秒
10 2000年11月23日 宮里 康和 2時間25分07秒 野村 加代子 2時間45分12秒
11 2001年11月23日 高田 伸昭 2時間22分05秒 野村 加代子 2時間47分38秒
12 2002年11月23日 喜多村 和弘 2時間27分24秒 石戸 香 2時間47分14秒
19 2009年11月23日 上山 博也 2時間25分19秒 吉住 友里 2時間42分12秒
20 2010年11月23日 高田 伸昭 2時間21分59秒 小林 玲子 2時間44分48秒
21 2011年11月23日 行場 竹彦 2時間25分36秒 小林 玲子 2時間47分37秒
22 2012年11月23日 高田 伸昭 2時間24分15秒 小林 玲子 2時間45分17秒
24 2014年11月23日 川内 優輝 2時間12分58秒 小林 玲子 2時間51分16秒
25 2015年11月23日 久本 駿輔 2時間26分20秒 谷 舞子 2時間49分53秒
26 2016年11月23日 川内 鴻輝 2時間27分20秒 床呂 沙紀 2時間50分22秒
27 2017年11月23日 山本 采矢 2時間27分36秒 小林 玲子 2時間55分59秒
28 2019年11月23日 川内 鮮輝 2時間23分16秒 太田 美紀子 2時間48分24秒
29 2019年11月23日 瀬尾 良平 2時間28分19秒 川戸 希望 2時間43分13秒
30 2022年11月23日 行場 竹彦 2時間21分55秒 矢尾 桃子 2時間39分36秒

運営者[編集]

  • 主催:福知山市、福知山市教育委員会、(一財)京都陸上競技協会、福知山市陸上競技協会、(一財)福知山市スポーツ協会
  • 主管:福知山マラソン実行委員会
  • 特別協賛:ステップ、グンゼ
  • 企画協力:アールビーズ

種目・部門[編集]

  • フルマラソン
    • 登録の部 2022年度日本陸上競技連盟登録者(18歳以上、高校生除く)
    • 一般の部 2022年度日本陸上競技連盟未登録者等(18歳以上、高校生除く)
  • ブラインド(盲人)マラソンの部
  • ステップラン・5km[8](2018年の第28回大会より新種目[9]、2017年の第27回大会までステップラン・10kmを開催[10]
  • ファンラン・2km
    • 小学1・2年生の部
  • ファンラン・3km
    • 小学3・4年生の部
    • 小学5・6年生の部
    • 中学生男女の部
    • 高校生以上の部
    • ペアの部(小学生以上のペア)

参考文献[編集]

  • 『福知山マラソンオフィシャルメモリアルプログラム』

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 福知山マラソン:川内優輝選手、別格の走り - 両丹日日新聞・2014年11月25日記事
  2. ^ フィニッシュ地点の変更について - 福知山マラソン公式HP・2018年10月31日記事
  3. ^ 第28回福知山マラソン S/F地点 - PDF式
  4. ^ フィニッシュ地点を変更します! - 福知山マラソン公式ブログ・2018年7月2日記事
  5. ^ オータムエントリーにおける注意点について - 福知山マラソン公式HP・2019年6月20日記事
  6. ^ 「福知山マラソン」の中止について - 福知山マラソン公式HP・2020年6月18日記事
  7. ^ 福知山マラソン中止決定 コロナ感染拡大防止のため - 両丹日日新聞・2020年6月20日記事
  8. ^ ステップラン5㎞コースについて - 福知山マラソン公式HP・2018年7月13日記事
  9. ^ ステップラン5Kmコースマップ - PDF式
  10. ^ 2014年・第24回福知山マラソン ステップラン(10Km)・ファンランコース図 - PDF式