槇嶋範彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まきしま のりひこ
槇嶋 範彦
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県伊勢原市
生年月日 (1974-08-10) 1974年8月10日(44歳)
最終学歴 駒澤大学法学部政治学科
勤務局 文化放送
部署 放送事業局 報道スポーツ センター
職歴 西日本放送アナウンサー
新潟テレビ21アナウンサー
活動期間 1998年 -
ジャンル スポーツ番組
公式サイト 文化放送
出演番組・活動
現在文化放送ライオンズナイター
文化放送ホームランナイター
『千葉真子 BEST SMILE ランニングクラブ』
過去 『陽気なトラポリン』
UXNews
まきしま範彦 SET UP!!

槇嶋 範彦[注 1](まきしま のりひこ、1974年8月10日[注 2] - )は日本アナウンサー文化放送に在職。神奈川県伊勢原市出身[注 3]神奈川県立伊志田高等学校[信頼性要検証][注 4]駒澤大学法学部政治学科卒業[注 5]

槙嶋 範彦[注 6]槇島 範彦[注 7]まきしま範彦[注 8]と表記される場合もある。

来歴・人物[編集]

1998年西日本放送(RNC)へ入社し、アナウンサー生活を開始。その後、新潟テレビ21(NT21→UX。2001年移籍)を経て、2007年文化放送(QR)へ入社[注 9]

新潟テレビ21アナウンサー在籍時[編集]

ニュースのほか、夏の高校野球中継などを担当。また、地上デジタル放送開始前に放送された『陽気なトランポリン』では、テレビ新潟放送網(TeNY)アナウンサー(ゲストとして登場)との共演もあった。

文化放送移籍後[編集]

当初はプロ野球中継に、リポーターとして出演していたが、2007年7月8日の西武対ソフトバンク戦(KBCラジオダイナミックホークス実況中継』への裏送り)で、実況デビュー。同19日のフレッシュオールスターゲームで、文化放送向けの実況を初めて担当した。同27日は、福岡ドームでのソフトバンク対西武戦が、西武の選手が搭乗予定だった飛行機の機体トラブルによって試合に間に合わず急遽中止となったため、槇嶋の先輩の斉藤一美が担当する雨傘番組「うるわしの夜」のパーソナリティーを急遽担当した(この日、斉藤は中止になった試合のディレクターとして、福岡にいた)。

かつて『まきしま範彦 SET UP!!』では独身であることをネタにされていたが、2013年頃に結婚[注 10]

その一方で、Bリーグ制作の公式中継映像(2017年以降)、日テレNEWS24千葉ロッテマリーンズ戦中継(2018年以降)[18]など、文化放送が制作に関与しない映像媒体の中継で実況を担当することもある。

現在の担当番組[編集]

文化放送[編集]

文化放送以外の媒体[編集]

いずれも、スポーツアナウンサーとして実況を随時担当。

過去の担当番組[編集]

文化放送[編集]

新潟テレビ21[編集]

西日本放送[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「槇嶋 範彦」と表記された資料…
  2. ^ 生年月日は次の資料を[6][7][4][5]参照。
  3. ^ 伊勢原市出身とする情報については、文化放送公式サイト内プロフィールを参照。
  4. ^ 卒業生として、高校のPTA広報のインタビュー取材をされたことがある。
  5. ^ 参考:文化放送公式サイト内プロフィール。駒澤大学卒業である旨は、次の資料[7](「駒沢大」表記[6])も参照。
  6. ^ 「槙嶋 範彦」と表記された資料
    • 西日本放送公式サイト[8]
    • 新潟テレビ21公式サイト内プロフィール
    • 文化放送公式サイト内各種ページ(プロフィール、ほか[9]
    • 各種プロ野球名鑑[6][7][10][11]
  7. ^ 「槇島 範彦」と表記された資料
    • NRNナイター公式サイト[12]より、解説者・アナウンサー一覧[13]
    • 文化放送公式サイト内各種ページ[14][9]
    • 文化放送とのネット局関連[15]
  8. ^ 「まきしま範彦」と表記された資料…[16][17]
  9. ^ 西日本放送、新潟テレビ21を経て2007年に文化放送へ入社した、という旨で経歴が記載された資料あり[7]。また、文化放送へ入社した2007年当時に同局公式サイトで配信されたプロフィール内自己紹介でも、香川県を皮切りに新潟県を経て3か所目となる文化放送でアナウンサー生活10年目になる、という旨の記述が見られる。
  10. ^ 『吉田照美 ソコダイジナトコ』2013年2月18日放送後記[14]より、『7時の情報デリバリー』コーナー後記を参照。「槇島さん、ご結婚おめでとうございます♪」とつづられている。
  11. ^ 2007年当時の文化放送公式サイト内プロフィールを参照。『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズでは、2008年版より文化放送プロ野球担当アナ名簿に記載[6]

出典[編集]

  1. ^ 東京アナウンスセミナーのウェブサイト内卒業生一覧 ※文化放送と新潟テレビ21の欄に社会人の卒業生として明記。
  2. ^ a b 『BOAT RACE 宮島 第25回グランドチャンピオン』テレビ・ラジオ中継告知ページ - 『BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE』より(インターネットアーカイブ2015年6月16日付保存キャッシュ)より、同28日の優勝戦ラジオ中継に関する情報を参照。実況アナウンサーとして「槇嶋範彦(文化放送アナウンサー)」の表記あり。
  3. ^ a b c 『プロ野球コンプリート選手名鑑2011年度版』P248に掲載された『文化放送ライオンズナイター』『文化放送ホームランナイター』番組情報内実況アナウンサー一覧を参照。
  4. ^ a b c 『プロ野球コンプリート選手名鑑2012年度版』P259掲載のプロフィール
  5. ^ a b 『プロ野球コンプリート選手名鑑2013年度版』P261掲載のプロフィール
  6. ^ a b c d 『12球団全選手カラー百科名鑑2008』(『ネットマネー』2008年3月号増刊。第3巻・第6号・通巻28号。同31日、廣済堂出版発行)P286に掲載された、文化放送プロ野球担当アナ名簿
  7. ^ a b c d 『プロ野球コンプリート選手名鑑2011年度版』P249掲載のプロフィール
  8. ^ a b 1999年4月当時の西日本放送公式サイト内『RNC TODAY 情報ときめき通り』番組情報ページ(インターネットアーカイブ同28日付保存キャッシュ)
  9. ^ a b BOATRACE RADIO GIRLS -文化放送- (2014年8月26日 - 11月4日分バックナンバー)(インターネットアーカイブ同12月8日付保存キャッシュ)より、以下の記事を参照。
    • 『文化放送ライオンズナイタートークショー』(9月24日配信)…「槇島範彦」表記
    • 『文化放送「ボートレースライブ」』(9月29日配信)…「槙嶋範彦」表記
  10. ^ a b c 『プロ野球コンプリート選手名鑑2012年度版』P242に掲載された文化放送プロ野球中継情報内実況アナウンサー一覧を参照。
  11. ^ a b c 『プロ野球コンプリート選手名鑑2013年度版』P244に掲載された文化放送プロ野球中継情報内実況アナウンサー一覧を参照。
  12. ^ NRNナイター公式サイト
  13. ^ 各局解説者・アナウンサー一覧 - NRNナイター公式サイトより
  14. ^ a b 文化放送『吉田照美 ソコダイジナトコ』スタッフブログ2013年2月18日放送分後記
  15. ^ 2011年8月当時の札幌テレビ(STV)・STVラジオ公式サイト内スポーツポータルサイト(インターネットアーカイブ同12日付保存キャッシュ)より、STV・STVラジオのプロ野球中継放送予定を参照。同28日のSTVラジオ西武対日本ハム戦中継実況担当として「槇島範彦」の名が記載。
  16. ^ 2011年11月当時の文化放送スポーツポータルサイト『スポQ』(インターネットアーカイブ同12日付保存キャッシュ)より、『スポーツ情報バラエティ SET UP!』の番組情報を参照。
  17. ^ 『文化放送ライオンズナイタースペシャル SET UP!!』公式サイト
  18. ^ 千葉ロッテマリーンズ放映スケジュール 2018年4月分

参考資料[編集]

  • 『プロ野球コンプリート選手名鑑』シリーズ(三才ブックス発行)
    • 『プロ野球コンプリート選手名鑑2011年度版』(『三才ムック』vol.366。2011年2月26日発売・3月30日発行)ISBN 9784861993312
    • 『プロ野球コンプリート選手名鑑2012年度版』(『三才ムック』vol.472。2012年2月24日発売・3月1日発行)ISBN 9784861994470
    • 『プロ野球コンプリート選手名鑑2013年度版』(『三才ムック』VOL.598。2013年2月23日発売・3月1日発行)ISBN 9784861995750
  • 各種外部リンク

外部リンク[編集]

その他