HBCファイターズナイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HBCファイターズナイター
ジャンル プロ野球中継日本ハム戦中心)
放送方式 生放送
放送期間 2008年 -
放送時間 火曜日 - 金曜日17:57 - 21:00
(延長の場合、試合終了まで放送。デーゲームと月曜日・土曜日・日曜日のナイターは試合がある時のみ随時中継)
放送局 北海道放送HBCラジオ
ネットワーク

JRN(原則。以下のような例外もあり)

  • 交流戦:ヤクルト主催試合はSTVラジオで放送しない場合に限り、ニッポン放送の技術協力により自社制作で、巨人主催試合はRFラジオ日本からのネットで、DeNA主催試合はTBSラジオからの裏送りで放送。
  • 土・日の日本ハム主催試合の一部はニッポン放送が予備カードとする場合あり。
  • 西武ロッテ主催試合に関しては文化放送(平日)・ニッポン放送(土・日曜)と提携(2018年)
公式サイト 公式サイト
特記事項:
土曜日は『HBCサタデーファイターズ』、日曜日は『HBCサンデーファイターズ』、平日デーゲームは『HBCラジオ・ファイターズ中継スペシャル』のタイトルで随時放送。
テンプレートを表示

HBCファイターズナイター』(エイチビーシーファイターズナイター)とは、2008年から北海道放送HBCラジオ)で平日(原則火曜日から金曜日[注 1])に放送しているプロ野球ナイター中継番組の名称である。

平日ナイター以外にも、土曜日については『HBCサタデーファイターズ』(エイチビーシーサタデーファイターズ)、日曜日については『HBCサンデーファイターズ』(エイチビーシーサンデーファイターズ)、平日のデーゲームについては『HBCラジオ・ファイターズ中継スペシャル』(エイチビーシーラジオ・ファイターズちゅうけいスペシャル)[注 2]のタイトルで随時放送される。

いずれも、日本プロ野球NPB)・北海道日本ハムファイターズ(以下、日本ハム)の試合を放送(火 - 金曜ナイターについては、日本ハム戦以外のカードを放送する場合もある)。HBCラジオの中継番組ウェブサイトでは、『HBCラジオファイターズ中継』(エイチビーシーラジオファイターズちゅうけい)という総称を使用している。

本項では、現行の日本ハム戦のみならず、過去から現在までHBCラジオで放送されたプロ野球中継全般について述べる。

概要[編集]

北海道内にプロ野球球団の存在しなかった2003年までは原則、琉球放送(RBC)同様にJRN系ネットワーク全国中継(主にキー局であるTBSラジオの制作)のフルネットを行っていた[2]。このうち、札幌市円山球場など道内で開かれた読売ジャイアンツ(以下、巨人)の主催試合は、HBC技術協力・TBSラジオ制作で放送された。

日本ハムが東京都から北海道へのフランチャイズ(本拠地)移転を表明した2003年より、道内で開催される日本ハム主催試合について、TBSラジオの解説者・アナウンサーを派遣させる形などで中継放送。正式に移転した2004年からは、日本ハムの試合を中心に放送している[2]

移転当初、土・日・月曜[注 3]に札幌ドームで行われる日本ハム主催試合については『ファイターズ ライブスタジアム』のタイトルで放送[注 4][4]。12試合を予定していた[4]。2004年3月にHBCラジオウェブサイト内で告知された出演者は、解説が大沢啓二・金石昭人・白井康勝・森範行、アナウンサーが管野暢昭・卓田和広・川畑恒一・山内要一だった[4]

地元球団に特化して独自色を強めたことが支持され、かつ競合相手であるSTVラジオがファイターズ中継への対応が遅れた(STVラジオの本格着手は2006年から。ただし、2009年から2012年の間は規模を縮小)事から、2006年以降の札幌地区ラジオ共同聴取率調査で同時間帯トップとなっている。

2006年までは平日のデーゲームや一部のビジターゲームが放送されなかったが、2007年からは平日(月曜日 - 金曜日)のデーゲームも中継。中継日は『カーナビラジオ午後一番!』を短縮するなど通常の番組を時間変更または休止し、『HBCラジオ・ファイターズ中継デーゲームスペシャル』として放送する。例年、140試合以上の放送を実施しているが、放送権の問題(後述)があるため全試合放送できた例は2016年しかない。なお、ビジターでのDeNA戦・ロッテ戦・オリックス戦は、それぞれ予備カードからの昇格でない限り、地元の在京・在阪ラジオ局では原則として放送しないため、特にデーゲームについては事実上の独占中継となる場合がある。

自社制作(他社制作依頼のものも一部含む)分の実況は「ファイターズ熱烈応援実況」を謳い、ファイターズ重視での実況となる。この場合は5回裏終了時に、実況席とHBC本社ラジオ第3スタジオで待機している斉藤こずゑとのクロストークが入り、聴取者からのメールやFAXを紹介する(土曜日と日曜日は『Bravo!ファイターズR』担当アナウンサーとのクロストークになる)[注 5]

オープニングのタイトルコールと中継カードの案内は、前の番組のアナウンサーが読むことが多い。

日本ハムが得点を挙げるとBGMが流れる[注 6]。ホームラン用のBGMと通常得点時用BGMの2種類がある。他社制作による中立実況の場合でも、BGMは強制挿入している。2009年以降は全国ネットのJRN中継時は道内向けのみBGMを挿入し、JRNネット向けには実況音声のみとなる。

オールスターゲームについても中継される。デーゲームもしくは月曜日・土曜日・日曜日のナイトゲームとなった場合も、日本ハム戦中継と同格の扱いで放送される。

交流戦中継[編集]

セ・パ交流戦期間中は大半のビジターゲームを、解説者も含めた現地乗り込みによる完全自社制作で放送することが多い。特に「巨人×日本ハム」はTBSの中継有無に関係なく、完全自社制作する傾向にある。2010年は放送不可能である対ヤクルト戦を除いた10試合のうち、ABC制作となった「阪神×日本ハム」を除いた8試合の自社制作を予定していた(ただし自社制作での放送実績は7試合[注 7])。

2011年は、交流戦期間中は11試合中5試合(対巨人戦・対阪神戦と、STVが放送しない対ヤクルト戦1試合)の自社制作にとどまったが、それまで6月に設定されていた聴取率調査期間が8月にシフトしたことと、同月にTBS側がバレーボール・ワールドグランプリなど多数のスポーツイベントを抱えている事情を鑑み、8月中の関東地区ビジターゲーム9試合を自社制作した(中にはHBC制作分がJRN雨天予備カードとなった試合もあった)。

ポストシーズン中継[編集]

日本シリーズクライマックスシリーズは基本的に日本ハムが出場する場合のみ放送[注 8](日本ハム移転前も、カードによっては放送しなかった[注 9])。全試合自社制作で中継し、日本シリーズにおける札幌ドームでの試合はJRN向けの裏送りとの二重制作を実施していた。そのため、2015年まで日本シリーズのJRN全国放送はいかなる場合でも事実上HBCで放送されなかった。しかし2016年は札幌ドーム分を二重制作とせず本番実況をJRN向けを兼ねて制作することになった(その一方で、RCCは乗り込み自社制作を行った)。

タイトルは『HBCファイターズナイター 日本シリーズスペシャル』(エイチビーシーファイターズナイター にっぽんシリーズスペシャル)となる[注 10]

二軍戦中継[編集]

イースタン・リーグに加盟する二軍の試合も、不定期で実況中継している。

2008年には、6月14日・15日の日本ハム対埼玉西武ライオンズデーゲーム2連戦(滝川市営球場・札幌ドーム)を初日は13:00 - 15:00に『サタデーファイターズDEナイトスペシャル』として、2日目は11:00からの『にちようサウンドボックス』内で随時中継・12:00からの『ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組』で中継された[7]

2009年には、5月24日の日本ハム対千葉ロッテマリーンズデーゲーム(北海道立野幌総合運動公園硬式野球場)を13:00 - 15:00(延長なし)を放送[8][9]。同6月7日の湘南シーレックス対日本ハムデーゲーム(横須賀スタジアム)では、「鎌ケ谷おじさん」こと多田昌弘をゲストに迎え、12:50 - 16:00に放送[10]

ネットワーク[編集]

HBCラジオはJRNNRNクロスネット局であるが、北海道におけるNRNのナイター中継は原則としてSTVラジオが放送しており、プロ野球中継に限り原則JRNのシングルネットとして扱われている。

1965年途中までのフリーネット時代にニッポン放送・文化放送・東海ラジオ・九州朝日放送など現在のNRN系列相当の局や、RFラジオ日本(当時:ラジオ関東)などの現在の独立局相当の局からのネット受けがあったかどうかは詳細不明。

制作担当局[編集]

地域(球団)/曜日 火・水・木 土日
基本系列 JRN
北海道 HBC
宮城 TBC
関東西De[* 1] RF[* 2]/QR[* 3]/LF[* 4]
東海 CBC
近畿 MBS ABC MBS ABC
広島 RCC
福岡 RKB
  1. ^ ヤクルト主催試合の放送はSTVラジオが自社制作やニッポン放送・文化放送からのネット放送をしない場合に限り可能(ヤクルトのビジターゲームや日本野球機構が主催するオールスターゲーム日本シリーズは常時放送可能)。
  2. ^ 2016年度からアール・エフ・ラジオ日本製作のナイターをJRNナイターとして放送する試合がある
  3. ^ TBSラジオの撤退に伴い、平日の西武・ロッテ主催試合の一部を裏送りでネット受け(または自社制作時の技術協力を担当)することになった。
  4. ^ TBSラジオの撤退に伴い、週末の関東圏の試合の一部をネット受け(または自社制作時の技術協力を担当)することになった。

西武・ロッテ・巨人・DeNA・ヤクルト戦[編集]

  • 文化放送(QR、対西武・ロッテ戦・関東圏の日本ハム主催試合の一部。2018年より)、ニッポン放送(LF、対西武・ロッテ戦・関東圏の日本ハム主催試合の一部。2018年より)、アール・エフ・ラジオ日本(RF、巨人主催試合の一部)
    • 日本ハム主催の場合、巨人戦はTBSをはじめJRN全国ネットで放送される(2010年以降は平日開催時のみ)が、西武・ロッテ・DeNA・ヤクルト戦はTBSで放送されることは滅多にないため、事実上HBCの単独放送になることが多い。ただし、DeNA戦についてはTBSが別途素材収録を行う場合もあり、その際にはDeNAサイドのベンチレポートも派遣される。
    • 東京ドームでの日本ハム戦はホーム・ビジターを問わず原則としてTBS制作(TBSアナウンサーの実況、ベンチレポートと専属解説者)による実況となる(実況のみHBCアナウンサーの場合あり。パ・リーグにおけるビジターの場合は主催側に準ずる)。ただしHBCが聴取率調査期間の時や、世界陸上競技選手権大会アジア競技大会の開催期間[注 11]を中心に、HBCアナウンサーとHBC解説者による自社制作の時もある(特に巨人戦)。2015年は楽天主催1試合含む全9試合自社制作。
    • HBCが関東圏への自社乗り込みを実施した場合、HBCの実況がそのままJRN予備となるか、TBSが別途予備待機を実施するかは、要員や予備順位などにより異なる。
    • ヤクルトの主催試合はLF(平日)・文化放送(QR、土・日曜)制作・NRN系独占ネットとなっている関係でSTVラジオが放送(前述)することとなっており、原則としてHBCラジオでは放送できない。「ファイターズ戦全試合中継」を目指すHBCにとってはこれが唯一の障害となっている。
    • ヤクルトの主催試合はLF(平日)・文化放送(QR、土・日曜)制作・NRN系独占ネットとなっている関係でSTVラジオが放送(前述)することとなっており、原則としてHBCラジオでは放送できない。「ファイターズ戦全試合中継」を目指すHBCにとってはこれが唯一の障害となっている[注 12]
    • ただし、STVが自社制作やLF・QRからのネット放送をしない場合に限り、HBCがNRN加盟局として中継することが可能である。これまでの実績は以下の通り(いずれもHBCが実況アナ・解説者を派遣し、LF技術協力により自社制作。速報チャイムはJRNのものを使用)。
      • 2006年-ナイター2試合(STVが編成上の理由から放送せず、NRN全国中継の巨人戦をネット受けしたため)

、2011年、2013年-デーゲーム1試合(土曜日のデーゲームでSTVが看板番組の『ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』を優先したため)

    • 2017年はSTVラジオがデーゲームも含めた全試合中継としたため、ナイトゲーム1試合(6/16)とデーゲーム2試合(6/17-18)の放送ができないことが決定した[11]。このため16日は「巨人 vs ロッテ」(TBS制作、JRN本番カード)を、17・18日は「広島 vs ソフトバンク」(RCC制作、個別購入扱いでRKBとの3局ネット)を放送。
    • 西武・ロッテの主催試合は2017年まではTBS制作の日本ハム応援実況の裏送りを受けていた。DeNA戦を自社制作しない場合も同様の対応となっていた。
    • 一方、DeNA主催試合がHBCの自社制作(TBS技術協力)となった場合は、相模原市立相模原球場での開催時(2009・2010年に実績あり)に限り、地元のコミュニティ放送局・エフエムさがみに同時ネットする。また、2016年5月14日にHARD OFF ECOスタジアム新潟でのDeNA主催試合は、地元の新潟放送にもネットされた。
    • 土・日曜のJRN全国中継が廃止された2010年からは、土・日曜に道内で行われる日本ハム主催ナイターにLF及び大阪の毎日放送(MBS)が両局(LF-MBSライン)向けの予備待機スタッフを派遣せず、STVも要員の都合でLF-MBSライン向けの予備待機を行わない場合、HBCがNRN加盟社として自局の中継をLF-MBSライン向け予備カード兼用とする場合がある他、在阪球団のカードがデーゲームまたは非開催で、かつLFがナイター中継を実施しない場合はJRN加盟社としてMBSがネット受けすることがある(後述)。また、同ラインの本番カードが日本ハム主催で、LFが乗り込みの自社制作となった時に、技術協力がHBCになる場合がある。
    • 札幌に本拠地を移転した後に日本ハムが出場した日本シリーズのうち、2006年、2009年、2012年はTBSが全試合自社制作したが、2007年は自社制作を見送り、解説者派遣の上でネット受けを行った。この関係でHBC主幹となった第1戦、第2戦はJRN裏送り分がHBC解説者とTBS解説者によるダブル解説となった。2016年は関東地区の聴取率週間と重なったことからTBSは第1戦、第2戦は自社制作したがHBC主幹となった第3戦以降はネット受けとなり北海道移転後初めてJRN裏送りとならずHBCと相互ネットとなった。
    • 日本ハムが出場した2006年のアジアシリーズについては決勝戦のみTBSからネット受けで放送したが、日本ハム側リポーターはHBCから派遣した。
    • なお、2016年からはRFとTBSラジオの提携が再開され、巨人戦を中心としてRF製作のネット受け、またはRF向けに各地方局が制作する試合を放送する[12][13]。この一環で、2016年はセ・パ交流戦の巨人対日本ハムのうち、金曜開催の1試合でRFからのネット受けを行う。
    • 2018年はTBSラジオのプロ野球中継撤退に伴い、DeNA主催試合ではTBSからの裏送りもしくはTBS協力の自社制作、巨人主催試合ではRFラジオ日本からのネットを継続し、西武主催試合の一部では日本ハムが関与しない試合を含めて文化放送から『文化放送ライオンズナイター』をネット受け(STV・KBCが『ライオンズナイター』を同時ネットする場合や、STV・KBCがLFからNRN全国ネット本番カードとしてネットする予定があっても、セ・リーグのカードが予備日の復活開催でLF-NRN本番に繰り上がり、STV・KBCが『ライオンズナイター』のネットに切り替える可能性がある場合はQRが別制作して裏送り)することになった。また、ロッテ主催試合や東京ドームで開催の日本ハム主催試合は自社制作を増やすことで対応する(主に火 - 金曜はQRが、土・日・月曜はLFが技術協力)[14]が、自社制作ができない場合は平日はQRが、土・日曜はLFが制作する(祝日など火 - 金曜にデーゲーム開催となる場合や月曜はブース運用等の関係でどちらの担当となるか必ずしも固定されていない)[15][16]

楽天戦[編集]

  • 東北放送(TBC)
    • 主催球団に関係なくTBCがJRNラインを取る火・土・日曜は相互ネットを組む。ただし、2016年まではSTVがデーゲームを基本的に中継していないため、該当カードがデーゲームの場合はそれ以外の曜日でも原則相互ネットを組んでいた。
    • 楽天主催の場合、TBCがJRNラインを取る火・土・日曜はTBCの中立実況をネット受けする(この場合、2008年~2012年はSTVがビジターゲームの裏送り中継を一部カードを除いて原則行わなかったので、NRN全国中継の本番カードとならない限りHBCの独占中継となっていた。また、2016年まではSTVはデーゲーム中継をしなかったので、この年まではデーゲーム全曜日ネット受けしていた。)。一方NRNラインを取る月、水~金曜のナイターならびにデーゲームについてはTBCの裏送りを受けるか、TBC技術協力でHBCが自社制作の応援放送を行う。また土・日曜ナイターで稀にHBCが乗り込んだ際は、TBCは自社向け(LF-MBS予備の場合あり)とSTV-QR-NRN向けを二重制作するか、STV向けをそのまま自社本番とする場合がある。なお、2015年7月にはTBCが自社本番及びHBC向け、LF-MBS向け裏送り、STV-QR-NRN向け裏送りの三重制作を実施した例がある。

オリックス・阪神戦[編集]

  • 毎日放送(MBS、月・金曜日全て、土・日曜日ナイター)
  • 朝日放送ラジオ(ABC、火 - 木曜日全て、土・日曜日デーゲーム)
    • 2009年までは月・金曜がMBS、それ以外がABCの担当であったが、2010年から土・日曜のJRNナイターが原則廃止され、ABCがNRNナイター担当局となったために上記の体制となった。土・日曜のデーゲームについては引き続きABCとネットを結ぶが、オリックス主催の場合はABCが文化放送(QR)及びNRNの報道素材として配信するため、実質ABC-(QR-)HBCの変則ネット状態となる他、ABCの機材の都合でNRNの速報チャイムが使われたことある。また土・日曜のMBS制作オリックス主催ナイターについてはニッポン放送ショウアップナイターが予備カードとする場合があるため、MBS-LF-HBCの変則ネットとなることも想定されている。2013年5月19日の日本ハム対巨人(札幌ドーム)は、LFは乗り込みの自社制作。MBSは当初HBCからのネット受けを予定していたが、LFからのネット受けに変更された。また、6月2日の日本ハム対DeNA(旭川)はHBC-MBSの2局ネットでの放送(LFはナイター番組以外を放送)。
    • 対オリックス戦については、上記担当局でオリックス戦が中継されることは少ないので、日本ハム主催は単独放送、オリックス主催は上記担当局制作で応援実況の裏送りを受ける。ただし、上記担当局においてオリックス戦が放送される場合は上記曜日に合わせてその放送分をそのままネット受けする。
    • 対阪神戦については、日本ハム主催の場合は交流戦開始以来両局とも乗り込みの自社制作を行っており(HBCは曜日に合わせて両局の技術協力を行っている)、HBC単独での放送がほとんどである。ただし、2010年と2012年はいずれもMBSが競馬中継を優先して日曜デーゲームを放送しない関係で乗り込み自社制作を見送り、土曜の試合のみHBCの中継をMBSへネットした(2010年はデーゲーム、2012年はナイター)。なお、ABCは例年通り乗り込み自社制作を行ったため、STVが技術協力を行った[注 13]。一方阪神主催の場合はMBS、ABCとも地元向けの放送が阪神中心のため、両局が自社向けとHBC向けの二重制作を行うか、両局いずれかの技術協力による自社制作で対応(2011年以降)のいずれかとなる。
    • 2006年の阪神主催の月曜ナイターでは本来は月曜にJRNラインをとるMBSがHBCに裏送りを行うべきだが、その日MBSが甲子園球場の放送ブースを確保できなかったためか、「裏送りに対応できない」という理由でABCがHBCに裏送りを行った。HBCが、ABCと同じくNRNにも加盟していることやSTVが月曜日の野球中継のレギュラー放送を行わなくなったことから実施された模様である。
    • 2011年4月22日から行われたほっともっとフィールド神戸での「楽天対日本ハム」3連戦は本来楽天主催試合の中継を行うべきTBCに代わってMBSが自社制作し、HBCもネット受けした(22日は裏送りの応援実況。23・24日は相互ネットによる中立実況)。もともとこのカードは楽天の本拠地クリネックススタジアム宮城で開催される予定だったが、同年3月11日に発生した東日本大震災でスタジアム内施設の一部に被害が及んだことから、パシフィック・リーグの特例措置として球場・試合開始時間を変更(3試合ともナイター)したものである。なお、TBCは3試合ともABC制作分の裏送り[注 14]を受けた(STVも同様。23・24日はNRN全国放送)。
    • 日本シリーズを放送する場合、第1・2・6・7戦はABC、第3・4・5戦はMBSとネットを組む。
    • オリックス主催の対日本ハム戦デーゲームと、阪神主催のナイターが共に土曜日に開催され、後者がNRN全国ネットとなった場合は、HBCが前者を、STVが後者を放送するため、結果的に両局とも同日にABCから受けるという事態になる。
    • 2018年8月21日はの対オリックス戦は、宮崎県総合運動公園硬式野球場(サンマリンスタジアム)での開催のため、ビジターゲームながらHBC・STVとも自社制作を実施し、在阪局が制作体制を取らなかったため、HBC制作分はJRN系列局(個別ネット扱い)の、STV制作分はNRNの予備カードとしてそのまま扱われた。また、宮崎放送(MRT)ではどちらの中継も放送しなかった[17]

ソフトバンク戦[編集]

  • RKB毎日放送
    • 日本ハム主催の場合、2009年度までは春先を中心に、RKBがHBC協力による乗り込みの自社制作を行うことが多かったため、HBC単独での応援実況と、RKBとの相互ネットによる中立実況が半々であったが、2010年からはRKBが自社制作を縮小したため、ほとんどが後者となった。
    • ソフトバンク主催の場合は、RKBが2009年度まで土曜デーゲームを自社で中継しなかったことや、中継内容がソフトバンク中心のため、RKBが自社向けとHBC向けの二重制作を行うか、HBCがアナウンサーとリポーターを派遣しての自社制作を行っていた(解説はRKBの解説者が担当)[注 15]。しかし、RKBが土曜デーゲームを常時中継するようになった2010年からは、徐々にRKBから中立実況によるネット受けを行うケースが増えている[注 16]
    • 火曜の「日本ハム×ソフトバンク」でRKBが自社制作せずネット受けとなった場合、同カードをHBC制作でRKBのほか、山口放送長崎放送NBCラジオ佐賀を含む)・熊本放送大分放送南日本放送にネットする場合もある。
    • 2013年7月1日の「ソフトバンク☓日本ハム」(東京ドームでの鷹の祭典)は特別企画として日本ハムの攻撃がHBC、ソフトバンクの攻撃がRKBのアナウンサーがそれぞれの応援実況(解説はTBSラジオの田淵幸一、実況はHBCが川畑恒一、RKBが茅野正昌[18][19]、RKBで中継直前に放送する『ホークス花の応援団』では、斉藤こずゑがゲスト出演する(中継のベンチリポートも担当)[20]というコラボレーションを行った。

中日戦[編集]

  • CBCラジオ(CBC。2013年3月までは中部日本放送
    • 日本ハム主催試合は2006年・2007年・2009年がHBC協力でCBCが自社制作、それ以外はHBC-CBCの相互ネットとなった。なお、2008年・2010年・2011年のHBC制作分のCBCとの相互ネットの試合は全て大宮龍男が解説を担当していたが、2012年以降は2試合とも新谷博が解説を担当している。
    • 中日主催の場合は交流戦開始以来、CBC協力でHBCが自社制作を行っていたが、2010年に北陸で予定された1試合が雨天順延で予備日開催となり、ナゴヤドームで開催された当該カードはCBC制作のJRN全国放送をHBCもネット受けし、2011年以降は全てCBC-HBCの相互ネットとなっている。
    • 日本ハムと中日が戦った2006年と2007年の日本シリーズではHBCだけでなくCBCもホーム・ビジター関係なく全試合を自主制作した。HBCは札幌ドームでの全ての試合で自社向けとJRN向けの二重制作を行ったが、CBCは日本一決定試合となった2007年の第5戦を除いては二重制作を行わなかった。
    • TBSラジオが野球中継から撤退した2018年からは、雨天予備カードおよび中日戦非開催時およびCBCに放送権のない「ヤクルト×中日」の裏開催時の本番カードにパ・リーグのカードを優先して編成しているため、交流戦の対中日戦以外を放送する頻度が増加している。

広島戦[編集]

  • 中国放送(RCC)
    • 基本的に、RCCがJRNラインを取る月・火曜と、土・日曜のデーゲームは相互ネットを組むが、土・日曜ナイターについてはJRNナイターが廃止された2010年以降、NRNナイターとの関係上日程やネット局との関係により対応が異なる。
    • 日本ハム主催のうち、2009年と2010年の火曜ナイターはHBCが聴取率調査週間に当たったため、HBCが自社向けの日本ハム応援実況とRCCの広島応援実況を二重制作した。
    • 広島主催試合はRCCがJRNラインを取る月曜(任意ネット扱い)・2017年までの火曜と土・日曜デーゲームははRCCがHBCに中立実況を配信する(2012年まで楽天主催試合と同様の理由でこの場合もHBCの独占中継となっていたが、2013年はSTVへの裏送りを実施する)が、年度によっては乗り込みの自社制作となる場合があり、2013年はHBC自社乗り込み(RCC技術協力)・RCC自社-JRN予備・RCC裏送り-STVの実質三重制作となる予定が組まれていた(雨天中止のため、代替試合はRCCが二重制作して自社向けとJRN・裏送りとNRN扱いで全国ネットカードとして配信)。RCCがNRNラインを取る水~金曜は裏送りもしくはHBCがRCC技術協力で自社制作を行い応援放送となる。
    • 広島主催の土・日曜ナイターは2014年まで通常HBC向けを自社本番とし、QR-STV-NRN向けを裏送りとする編成を基本としていたが、2010年の広島主催の土曜ナイターではHBCが乗り込みの自社制作を行った[21] ため、RCCはSTVと相互ネットを組んだ。ただし、RCCの不手際でHBCの自社制作分ではNRNの速報チャイムが、RCC-STVの相互ネット分では逆にJRNの速報チャイムが流れた。また、2015年の広島主管のオールスターゲームは、後述の理由からRCCがQR-STV-NRN向けを自社向け本番としたため、HBCがネット受けしたJRN向けが裏送りとなった。
    • RCCは2010年以降、土・日曜のナイター時、ビジターゲームでは在京・在阪球団主催時はNRN系列局間の相互ネットで放送する一方、2014年まで中日・ソフトバンク・日本ハム主催時はJRN系列局との個別ネット扱いでの放送を優先し、2015年からはNRNナイター本番・予備カード扱いのネット参加に一本化していた[22]。その一方でデーゲームではJRN系列局を優先しての任意ネットを継続している。
    • TBSラジオの野球中継撤退に伴い、2018年から月・火曜日についてもナイター時はNRNを優先することになり、同年の交流戦は広島主催かつ火 - 木曜開催(6月4 - 6日)で、HBCもラジオでの自社制作を見送ったため(テレビでは5日に実施)[23][24]、RCCがHBC向け裏送り分とSTVとの相互ネット分を二重制作した。また4日の雨天中止で月曜日開催となった振り替え分も同様にSTV向けを本線とし、HBC向けが裏送りとなった。

その他[編集]

ナイターオフ編成におけるクライマックスシリーズで、日本ハムが絡まない試合かつSTVが中継しない場合、JRNではなくNRNの中継を放送する事がある(2009年は「楽天×ソフトバンク」をTBC-QR-HBCで放送)。

  • 2016年より静岡草薙球場で開催される日本ハム主催試合については、地元静岡放送(SBS)がJRNラインを取る火曜に当たる場合(2017年が該当)、SBS自社放送にHBCから解説者のみ派遣されるが、HBCは曜日問わず別制作で放送する。
  • 2018年6月26・27日は沖縄セルラースタジアム那覇で開催される日本ハム主催ソフトバンク戦については、地元RBCiラジオからネット受けをする。ただし、HBCから解説者(26日のみ)とレポーターを派遣した。対戦相手の地元のRKBに加え、両日とも放送権(NRN独占)の関係で「ヤクルト×中日」の放送ができないCBCもネット受けする他、26日は裏送り予算の都合で本番カードとならない「ロッテ×楽天」の放送を見送ったTBC(27日はRCCからNRNナイター本番カードの「広島×巨人」をネット受け)と、宮崎県を除く九州・山口地区の放送局も加わり10局ネットとなった。
  • 2018年9月6日は未明に発生した北海道胆振東部地震による特別番組を放送するため、この日予定していた「ロッテ×ソフトバンク」(文化放送制作、RKB・CBCへの裏送り)のネットを取りやめた。翌7日は地震の影響により日本ハムの選手・コーチ陣が仙台へ移動出来なかったため「楽天×日本ハム」の試合が中止(同日分の振替試合は9月10日に行われる予定だったが、天候不良により再び中止となった。)となったためRKBラジオから「ソフトバンク×オリックス」をネット受けし放送した。21時から「ファイターズDEナイト!」内で地震関連の情報を伝えるため、試合の進行具合に関わらず20時56分で中継を終了する予定だったが、試合自体が2時間半くらいで終了し実況中継も20時46分に終了したため早い段階でHBCラジオのスタジオからの放送に切り替わった。

ファイターズ中継におけるHBCとSTVの違い[編集]

  • HBCは、通常NRN独占中継のため中継できないヤクルト主催試合[注 17]以外は全試合を放送し、これにより影響が出る番組は休止、もしくは時間移動などで対応の上、完全実況の体制を組んでいる。STVは裏送りを要する中継を行わないため、通常のリーグ戦のビジターゲームのうち対西武・ロッテ・オリックス戦は殆ど放送されず、対楽天戦も一部放送されない。交流戦期間中も対DeNA(2011年までは横浜)戦や対広島戦が放送されないこともある[注 18]。さらには土曜デーゲームは当初から一切中継せず、日曜デーゲームも競馬中継による中断があり、完全実況は行わず、2010年からはデーゲームの中継自体を中止している[注 19]。2013年からはナイトゲームの裏送りが復活したが、デーゲームは日曜のヤクルト主催試合を除き中継していない。
  • HBCでの自社アナによる応援実況は、道内ホームゲームと一部ビジターゲーム(福岡ヤフードームでの試合と、聴取率調査期間前後に行われるビジターゲームと、交流戦期間中の試合)のみで、道外での試合はホームゲームであってもJRN系列局の協力で現地局アナによる応援実況(対楽天戦の一部や対ソフトバンク戦は中立実況)。STVは道外開催のホームゲームとビジターゲームについては一時期自社制作を基本としていたが、前者は2011年以降現地局アナによる応援実況(HBC同様一部カードは中立実況)となり、後者も2009年からは交流戦の対巨人戦・対ヤクルト戦にて自社アナによる応援実況が行われる程度で、それ以外は現地局で中継がある場合に限り中立実況によるネット受けとなっている。なお、両局ともホームゲームの楽天戦はTBCへもネットする場合があり、中立実況の場合がある(HBCは火・土・日曜日とすべてのデーゲーム、STVは月・水 - 金曜日のナイター)。
  • HBCは中継番組内での投稿呼び込みは無く、レギュラーで実施されるプレゼント企画は交流戦期間のみとなっている[注 20]。STVは中継番組で投稿を呼びかけており、適宜紹介する他、札幌ドームのファイターズ戦チケットプレゼントを実施している。
  • HBCはニュース速報、道路情報など緊急速報以外での中断は無い[注 21]。STVは前述の競馬中継による中断以外にも、毎正時の道内各地の気温など、同局生ワイド番組で日常フォローしている情報を、実況アナが伝える形式を通常からとっている(特に日曜デーゲーム)。

放送時間[編集]

  • 平日ナイトゲーム/火 - 金曜日 17:57 - 21:00(試合終了まで放送)
    番組名は「HBCファイターズナイター
  • 月曜日は日本ハム戦開催の場合のみ放送で、予備カード補充は行わない。
  • 延長の場合、以降の番組は休止または短縮となる。
  • 試合開始予定時間に合わせて、放送開始時間が変更される場合がある。
  • CMは全道向けのほかに、各放送局別でのローカルCMも一部放送されている。
  • 当初よりファイターズ戦の予定がない場合は2017年まではJRNナイターをネット受けし、メインカードを試合終了まで放送。ただし、メインカードが早く終了した場合は、リレーされた予備カードの中継を21:00で打ち切る場合がある。また、2018年からはJRN各局(CBC・RKBなど)やRF制作の中継を試合終了まで放送し、場合によってはJRN各局向けQR裏送り分のネット受けをすることもある。
  • 土・日曜デーゲーム/土曜・日曜とも試合開始10分前 - (他局からの同時ネットとなる場合は試合開始3分前から。最大延長:土曜日19:00、日曜日18:30)
    番組名は土曜日が「HBCサタデーファイターズ」、日曜日が「HBCサンデーファイターズ」2012年8月11日・12日はロンドン五輪関連番組を放送してからの中継となり、17:02からの放送だった。
  • 土曜日・日曜日は原則として日本ハム戦のみ放送で、予備カード補充は行わない[注 22]
  • ナイター中継の場合も、タイトルは変更されない(ナイター中継の場合、試合開始10分前から21:00。JRNナイター向け送出の場合は、試合開始3分前(17:57)から21:00。中継の延長は、平日ナイターと同様)。
  • 土・日デーゲームの場合、試合開始の概ね30分前(日によって開始予定時刻が早まる場合もある)から「Bravo!ファイターズR」として放送し、その中に内包している[注 23]
  • 平日デーゲーム/月 - 金曜日(祝日の場合含む) 試合開始5分前 - 16:00
    番組名は「HBCファイターズ中継 デーゲームスペシャル
  • 延長の場合、以降の番組は休止となるため、時間スライドの影響はなし。この場合、通常の「HBCファイターズナイター」枠は、JRNナイターのネット受けとなるが、18:00を超えてもファイターズの試合が終了しない場合は、ファイターズ戦を優先し、試合終了の時点で、JRNナイターに飛び乗る。
  • 日本ハム戦が放送される場合、月曜日 - 金曜日のデーゲームと月曜日・土曜日・日曜日のナイトゲームが組まれた場合は、通常番組を他の時間帯に移動・または時間短縮や休止して放送する。
  • なお、通常番組に与える影響が大きいため、おおむね前日から臨時編成になる旨の告知放送が行われる。
  • オープン戦は札幌ドームでの日本ハム主催ゲームは中継されるが、上記の公式戦の時とは異なり18時開始のナイターの場合は最大延長21:41まで(2016年までは21:26まで)、デーゲームの場合は延長なしの定時終了となる。

過去の放送時間[編集]

1976年から、ネットキー局のTBSラジオに準じて編成されるようになった(1977年当時は、火 - 金曜…18:20 - 21:00、土・日曜…18:15 - 21:10[25])。1983年から2002年までは、火曜 - 日曜の18:00 - 21:00だった[注 24]

2003年からは、17:57の開始となり、実際のナイター開始時刻となる18:00に合わせて中継を開始させた[28][29]

2005年当時、ナイターは火曜 - 土曜17:57 - 21:00[30][31]、土・日曜の昼にファイターズ戦がある場合のみ12:50 - 16:00(最大延長は土曜が17:40、日曜が18:00)[30][31]としていた。

延長時の対応事例[編集]

  • 2007年6月23日の対阪神タイガース戦の試合開始時間が14:00だったため中継もそれに合わせたが、試合時間が延び最大延長時間まで行ったため、17:43に一旦放送終了。17:44にフェリー情報を放送し、17:45からの『ウィークエンドネットワーク』を休止(ただしCMのみネット)して、そのまま中継を続けた(ただし時報を挟むために17:59から1分間打ち切った)。
  • 2008年8月14日の対オリックス・バファローズ戦は、14:00の試合開始後、延長11回まで試合が進み、17:14までの予定時間内に収まらず、17:15から17:47までのJRN全国ネット枠番組[注 25]を休止して延長したが、そこにも収まらずに、17:56から18:00までCM+ナイター提供社名読み上げ+ナイター前CM+時報を挟むために中断後、試合中継を再開した。結局、この日は18:19まで中継し、そのままJRNのナイター(横浜対ヤクルト)に直結リレー(飛び乗り)した。さらにこの日は、21:00から北京オリンピック野球競技予選「日本台湾戦」を中継しており、地方局にとっては異例の三元野球中継となった[注 26]。なお、翌15日も14:00試合開始、17:47まで延長して完全中継している。
  • 2013年9月4日の対福岡ソフトバンクホークス戦は、6時間1分というパ・リーグ史上最長時間記録を更新する試合となったが、TBSラジオからの『荻上チキ・Session-22』、文化放送からの『レコメン!』を共にネットせず、全ラジオ局で唯一試合終了まで中継を行った(終了後は『ファイターズDEナイト!』を25:00まで放送)[注 27]
  • 2016年10月29日の日本シリーズ第6戦は、日本ハムの優勝を伝えるとともに、試合中継終了後も引き続き共同記者会見や祝勝会の生中継など優勝記念特別番組を編成。通常編成番組を軒並み休止し30日1:00(29日26:00[注 28])まで放送した[注 28]
  • 2018年6月22日は、楽天生命パーク宮城での楽天戦がこの年のプロ野球最長試合時間となる5時間16分のロングゲームとなり、本番組は23:35まで大幅延長し放送した。中継終了後は、『荻上チキ Session-22』(TBSラジオ制作)を臨時非ネットとした上で、24:00まで『ファイターズDEナイト!』を放送した。

スポンサー[編集]

  • 土曜・日曜日の中継は、デーゲーム・ナイターの種別を問わず、JRNネットスポンサーを含め全協賛社が共通で番組を提供する。
  • 平日(平日が祝日と重なる場合も含む)のデーゲームは、通常の同時間帯番組(カーナビラジオ午後一番!など)の提供CMが分散して放送される。ナイター中継の協賛社は、ファイターズ以外の中継カードであっても、そのままナイター枠の提供となる。
  • 年に数回、平日ナイターが冠スポンサー番組として放送される場合もあり、このときのタイトルは「(冠スポンサー名)スポーツスペシャル HBCファイターズナイター」となる。

出演者[編集]

解説者[編集]

※日本ハム主催試合の場合でも、レギュラー解説者が都合がつかない場合は他のJRN系列局の解説者が代わりに出演する場合がある。また、ビジターゲームにもレギュラー解説者が出演することがある(例としてビジターゲームで解説者のみHBC、実況・リポートのアナウンサーは西武・ロッテ戦で文化放送またはニッポン放送が、DeNA戦でTBSラジオが担当するなど)。

過去の解説者[編集]

ゲスト解説[編集]

  • 伊集院光(2005年3月28日の対西武戦中継に特別ゲストとして出演[42]。土曜、日曜を除く日に出演することがある)
  • えのきどいちろう(2007年9月26日、2009年6月5日、9月17日に出演)
  • 槙原寛己(TBS解説者。2010年6月12日・13日に出演)
  • 江夏豊(フリーorテレビ大阪解説者。2014年3月28日の日本ハム対オリックス開幕戦に大宮と出演[注 31]
  • 金子誠(日本ハム特命コーチだった2015年の4月29日にラジオ解説者デビュー[注 32]。その後同年9月23日にも出演。解説者としてはフリーのためSTVラジオの中継へも出演)
  • 武田勝BCリーグ石川ミリオンスターズ総合コーチとなった2017年、富山開催となる9月5日と聴取率調査期間の同月9日に出演)

実況・ベンチ担当アナウンサー[編集]

卓田はHBCテレビの夕方ワイド番組『今日ドキッ!』の火曜レギュラーの為、火曜日は担当しない。山内は2009年10月から平日ワイド番組『山ちゃん美香の朝ドキッ!』を担当しているため、原則として週末に札幌ドームで行われる試合のみ担当する。渕上は日曜日に『ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組』を担当しているため、原則として日曜日は担当しない(いずれも例外あり)。水野は2014年10月から「水野よしまさ サタデーフルサウンド」を担当しているため土曜日は原則としてスタジオ担当、2016年3月末からは平日ワイド番組『気分上昇ワイド ナルミッツ!!!』を担当するため、原則として週末に札幌ドームで行われる試合のみ担当する。

TBC・RKBと異なり、HBCではファイターズのビジターゲーム中継は、開催地局に制作を完全依頼する場合、ベンチリポート用のHBCアナ派遣は応援実況の開始当初より原則行っていない。中継制作局のアナがファイターズ側のみのベンチリポートを行うスタイルとなっているが、制作局都合により、解説者と実況アナのみの中継となる場合もある。ただし、HBCテレビでの中継がある場合は、そちらとの兼務という形でHBCのリポーターが配置されることがある。2017年以降は、HBCテレビがビジター中継を行う場合、その前日にテレビ中継で実況を担当するアナウンサーがリポーターを担当することが多い。その一方で、HBCテレビがビジター中継を行う試合は、リポーターを配置しないことが多い。

過去の実況・ベンチ担当アナウンサー[編集]

  • 小川和幸(2004年、一部プロ野球名鑑に同局の担当アナウンサーとして明記[49]
  • 堀啓知(2005年 - 2006年)
  • 山田泰子(2006年 - 2007年。リポーターのみ)
  • 横田久(2004年、プロ野球名鑑に同局の担当アナウンサーとして明記[49]
  • 管野暢昭(2003年 - 2009年、2013年[50] - 2016年[注 33]。2014年より正式に復帰[51][注 34]。2015年からは番組公式サイト内アナウンサーリストにも記載[54]。ただし、2015年から「夕刊おがわR」のスポーツ担当就任以来出演がなく、2016年から番組公式HPより氏名削除)
  • 大栗麻未(2015年のみベンチリポート担当。2016年3月当時は番組公式サイトのアナウンサーリストに掲載されていた[55][56]が、月末からはテレビ『今日ドキッ!』メインキャスター昇格の為、番組公式サイトより氏名削除)
  • 矢萩尚太郎(2015年 - 2019年3月。番組公式サイト内アナウンサーリストおよび『12球団全選手カラー百科名鑑』は2016年より明記[注 35]

2003年の日本ハム北海道主催試合中継へTBSから派遣されたアナウンサー[37]

番組名の変遷[編集]

? - 1975年

特別な呼称はなく、『HBCナイター』『○曜ナイター』(※○…放送曜日名)などと呼んでいた。

1976年 - 1992年7月

  • HBCエキサイトナイター
    完全中継開始を機に改題。札幌以外の各放送局は1999年まで継続使用。

1992年8月 - 1999年

  • HBCステレオエキサイトナイター[27](札幌放送局のみ。ただし、札幌以外の各放送局でもこのタイトルで放送していた時期もある)
    札幌放送局のAMステレオ放送開始に合わせ改題。HBCでは日本ハムが北海道に移転する前まで、金曜日のみ各局別に独自のスポンサーもあわせていたため、札幌局以外では金曜のエンディングのみ「HBCエキサイトナイターを終わります」とアナウンスしていた(テーマ曲に使われていた『コバルトの空』も、各局ごとに異なる曲調となっていた)。

2000年 - 2002年

  • HBCナイタースーパーベースボール
    TBSラジオのタイトル変更に合わせて改題。テーマ曲も『コバルトの空』からブレッカー・ブラザーズの『Some Skunk Funk』に変更。2001年まではタイトル末尾に西暦年号と同じ数字を入れていた(例:『HBCナイタースーパーベースボール2000』)。

2003年・2004年

  • 月曜日(マンデーパリーグ)と土曜日・日曜日のデーゲームで実施される日本ハム戦の中継…『ファイターズ・ライブスタジアム
  • 上記以外の中継…『HBCナイタースーパーベースボール
テーマ曲はそれぞれ異なっていた。

2005年 - 2007年

  • ナイター…『HBCスーパーベースボール
  • 日本ハム戦中継
    • ナイター…『HBCスーパーベースボール ファイターズナイター
    • 土曜日(デーゲーム・ナイター共通)…『HBCスーパーベースボール サタデーファイターズ
    • 日曜日(デーゲーム・ナイター共通)…『HBCスーパーベースボール サンデーファイターズ
    • 平日デーゲーム…『HBCスーパーベースボール デーゲームスペシャル
日本ハム戦中継テーマ曲は上記『ファイターズ…』のものを継続して使用。

2008年 -

  • 平日デーゲーム実施日…『HBCラジオ・ファイターズ中継デーゲームスペシャル
  • 平日ナイター実施日…『HBCファイターズナイター
  • 土曜日(デーゲーム・ナイター共通)…『HBCサタデーファイターズ
  • 日曜日(デーゲーム・ナイター共通)…『HBCサンデーファイターズ

備考[編集]

日本ハム移転前のHBCラジオにおけるナイター中継について、TBSラジオの解説者名をタイムテーブルや公式サイトにそのまま記載する場合があった[注 36]

テレビ副音声での同時放送[編集]

2015年4月15日のロッテ戦(札幌ドーム)では初の試みとしてHBCテレビの中継における副音声で当番組の実況音声を同時放送。6月27日の西武戦(西武プリンスドーム)、8月19日のロッテ戦(QVCマリンフィールド)、8月23日のオリックス戦(東京ドーム)でも実施[注 37]

関連番組[編集]

主なJRN系列局のプロ野球中継番組[編集]

ファイターズナイター〜ベストセレクション2014[編集]

ファイターズナイター
〜ベストセレクション2014
ジャンル スポーツ(日本ハム)
放送期間 2014年10月3日 - 2015年3月26日
放送時間 平日 17:47 - 18:30
放送局 HBCラジオ
パーソナリティ HBCラジオプロ野球実況アナウンサー
出演 HBCラジオプロ野球解説者
公式サイト 公式サイト
特記事項:
2014年度プロ野球オフシーズン限定番組。
テンプレートを表示

ファイターズナイター〜ベストセレクション2014は、2014年10月3日から[60]2015年3月26日まで放送された、プロ野球オフシーズン限定番組[60]。2014年シーズンにおける日本ハムの戦いぶりを実況音源とともに振り返って行く[60]。プロ野球中継の実況担当アナウンサー(本番組ではMC担当)と解説者が出演する[60]。放送時間は、火曜から金曜の17:47 - 18:30[60]

MC[60]

  • 管野暢昭
  • 卓田和広
  • 川畑恒一
  • 山内要一
  • 渕上紘行
  • 水野善公

解説者[60]

  • 大宮龍男
  • 新谷博
  • 金石昭人
  • 吉井理人
  • 岩本勉
  • 二岡智宏


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 普段月曜日は、日本プロ野球の公式戦が組まれないため。
  2. ^ 参考:[1]
  3. ^ 2001年から2005年まで、パシフィック・リーグは「マンデーパ・リーグ」と銘打ち、従来移動日・休日として原則公式戦を編成しなかった月曜を、木曜と入れ替える形で編成対象日としていた(2006年より元に戻す)。
  4. ^ 2004年当時のHBC公式サイトでも、『HBCラジオ ファイターズ・ライブスタジアム』のタイトル表記が確認できる。参考:[3]
  5. ^ 中継内では投稿の呼び込みは行っていないが、中継終了後のクッション番組である『ファイターズDEナイト!』、『Bravo!ファイターズR』宛に届いたメールなどをここで一部紹介している。
  6. ^ BGMが流れるのは札幌局(AM:1287kHz、FM:91.5MHz)エリアのみ。
  7. ^ 対中日戦1試合が雨天中止となり、代替試合がCBC発JRN全国中継のネット受けとなったため
  8. ^ 参考:[2][5]。2008年・2014年はクライマックスシリーズのみ放送。2010年はどちらも放送なし。2011年・2015年・2018年はファーストステージのみで打ち切り。
  9. ^ 移転前最後の3年では、2001年は放送なし、2002年と2003年は放送あり。
  10. ^ 参考:[6]
  11. ^ 前者はTBSテレビが国内独占放送権を握り、後者はNHKとの複占。これらの開催期間はTBSのスポーツアナウンサーが多数現地に派遣され野球中継の人員が不足するため、ビジター側の地元局から人員を送ることが多い。
  12. ^ なお、2015年からはセ・パ交流戦の日程が変更され、同年はヤクルト主催試合だったため中継はなかったが、翌2016年は日本ハム主催試合だったため「ファイターズ戦全試合中継」が実現した。HBCテレビでは2014年より水曜ナイターの中継が行われている。
  13. ^ このため、2010年は本来HBCとABC、STVとMBSがネットを組む土・日曜デーゲームながら、2試合とも特例でHBC-MBS、STV-ABCの組み合わせでの中継となった。また2012年の日曜デーゲームも、HBCは自社単独放送ながらMBSの金山泉アナウンサーがリポーターとして出演し、ABCはSTVの技術協力で放送した。
  14. ^ 3試合ともABCでは放送されず、22日は阪神戦、23・24日は通常番組を放送した。
  15. ^ ただし、2008年8月17日のデーゲームは岩本が担当し、直前番組『ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組』も現地から放送した。また、2009年7月14 - 16日の3連戦はRKB製作での裏送りによる応援実況で放送された。その見返りとして7月5日(函館オーシャンスタジアムでのデーゲーム)はRKBにも中立実況で放送。
  16. ^ 2010年シーズンは、6月22 - 24日の3連戦と8月13日 - 15日の3連戦にてRKB製作での中継がされた(前者は北九州市民球場開催の1試合のみ放送ブースの関係でネット受けで残り2試合は裏送り。後者は全試合ネット受け)、なお、24日の試合はテレビの中継もあった関係上、実況はRKBアナウンサーだが、川畑がベンチリポートを担当した。よって2010年における該当カードの自社製作は半数の6試合にとどまった。2011年は9月中の6試合が自社制作で、残りの6試合はネット受けとなった。
  17. ^ STVラジオが中継しない場合のみ、HBCが中継可能。
  18. ^ 2007・2008年は該当ビジターゲームも乗り込み自社制作で放送していたが、当時も月・火・土・日曜日の広島主催試合のみは、RCCのNRN向け別制作分の放送・広島への乗り込み自社制作を行っていなかった(RCCがNRN担当の水 - 金曜日も乗り込み自社制作・RCCへのSTVラジオ向け別実況の依頼を行わずRCCのネット受けのみ)。STVラジオは親会社・札幌テレビ放送(STV)との関係上、対在広局ではテレビ単営の広島テレビ放送(STVと同じ日本テレビ系列)との関係が深く、交流戦開始以前はRCCとの関係が薄かった。
  19. ^ デーゲームのうち、対ソフトバンク戦はKBCへ、交流戦の対中日戦はSFの裏送りを実施している。対楽天戦デーゲーム時のTBCは、NRN担当の月曜および水 - 金曜日であっても、JRNラインに切り替えてHBCとの相互ネットとしている。
  20. ^ 平常時は原則として6回表前と試合終了後に『ファイターズDEナイト!』あてに届いた投稿メッセージを読むが、中立実況時や日本ハム戦以外を放送時は6回表前に「中立実況なので(日本ハム戦ではないので)引き続きお聴き下さい」のアナウンスのみ行う。
  21. ^ デーゲーム中継で試合が長引いた場合、18時前後にCMのまとめ放送の為、4分前後の中断が出る場合がある。
  22. ^ ただし、日本ハム戦が一切組まれていない日や東京ヤクルト主催ゲームでSTVが中継を行うときは、スポンサーの都合上、JRN各局からの配給で他球団の中継を放送することもある。実例として、日本ハムの全日程が終了した後の2010年10月2日と3日に、RCCから「広島×阪神」のデーゲームをネット。また、2013年6月9日はABCより「阪神×ロッテ」デーゲームをネット。ただし、このように他球団の試合を中継した場合、中継延長オプションは設けない。
  23. ^ 趣旨は平日のナイター前番組「ナイター直前!ファイターズDEナイト」、およびナイター後のフィラー「ファイターズDEナイト」にほぼ同じで、試合中継の前後に札幌のスタジオから試合関連情報を伝えるもの。これに伴い、一部番組は休止する場合がある。
  24. ^ 1985年[26]、1997年[27]
  25. ^ トヨタうわさの調査隊ネットワークトゥデイ、ネットワークフラッシュ、“ほっと”インフォメーション、中村雅俊 マイホームページ(通常編成の16時台から時間移動)
  26. ^ 北京オリンピック野球予選の試合終了が24:00を超えたため、この日はTBSラジオからの『BATTLE TALK RADIO アクセス』、文化放送からの『レコメン!』を共にネットせず、通常ナイター終了後に放送の『ファイターズDEナイト!』を、25:00まで放送。11時間連続で野球中継・関連番組を放送した。
  27. ^ 一方、HBCの中継をネット受けしていたRKBは『レコメン!』を優先して23:46をもって飛び降りた。また、LF裏送りによるNRNラインの中継においては、STVラジオは当初の告知通り23:46を以って飛び降り。KBCも24:00からの定時ニュースを優先して23:51で一旦終了し、ニュース終了後に自社制作番組を休止の上で中継を再開する予定であったがニュースの間に試合が終了したため、ゲームセット時の録音音源の放送のみとなった。
  28. ^ a b 2016年のHBC公式サイト内プレスリリース[32]より、2016年10月31日付『HBCラジオ 日本一決定実況&優勝特番 北海道のradikoシェアで80%超え!! 日本一決定82.1%&優勝会見・祝勝会80.5%』を参照。
  29. ^ 6月29日の対ロッテ(当時の中継告知[36]
  30. ^ 参考…2005年7月15日対楽天戦[41]
  31. ^ 参考:
    • HBC公式サイト内プレスリリース[43]より、2014年3月14日付記事『HBCラジオ「ファイターズナイター」(17:57〜) 江夏&大宮の“レジェンド・バッテリー”解説!』(タイトル表記は、リンク先より)
    • 『東奥日報』2014年3月28日付朝刊掲載「HBCラジオ」番組表
    • 開幕で~す。 - 『ファイターズDEナイト!!』公式ブログ2014年3月28日付記事
  32. ^ HBC公式サイト内プレスリリース[44]より、2015年4月20日付『HBCラジオ ファイターズ中継 ファイターズ 金子誠特命コーチ ラジオ解説デビューへ』を参照。
  33. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑』では、2004年から2010年までHBCのプロ野球担当アナ名簿に記載(2004年のみ「草野暢昭」と誤記)。2013年の復帰後は記載されず。
  34. ^ 参考…2014年5月24日対DeNA戦、31日対巨人戦リポーター(当時の告知[52])、8月22日対西武戦リポーター(当時の告知[53]
  35. ^
    • 番組公式サイト内アナウンサーリスト…[55][56]
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑』…[57]
  36. ^ 参考:
    • タイムテーブル…[58]
    • 公式サイト…[59]
  37. ^ HBC公式サイト内プレスリリース[44]より、2015年8月13日付『HBCラジオの野球中継をテレビの副音声で同時放送 ~大好評につき8月は2週連続で実施!~ 19日(水)ロッテ-日本ハム戦、23日(日)日本ハム-オリックス戦』を参照。4月・6月に実施したことを交えつつ、8月19日・23日の中継予定について告知。

出典[編集]

  1. ^ 2011年5月当時のHBCラジオファイターズ中継ウェブサイト内試合中継に伴う特別編成(3日 - 5日・14日)告知ページ(インターネットアーカイブ2011年5月4日付保存キャッシュ)…3日 - 5日の12:55 - 16:00に『HBCラジオ・ファイターズ中継 スペシャル オリックス・バファローズ戦』というタイトルで中継が編成されている事が確認できる。
  2. ^ a b c 『プロ野球コンプリート選手名鑑2011年度版』P238に掲載されたHBCラジオの中継記事より参照。
  3. ^ 2004年6月当時のHBC公式サイト内スポーツ番組ポータルサイト(インターネットアーカイブ同4日付保存キャッシュ)
  4. ^ a b c 2004年4月当時のHBCラジオインフォメーション(インターネットアーカイブ2004年4月11日付保存キャッシュより)
  5. ^ 『プロ野球コンプリート選手名鑑』2012年度版P238、2013年度版P240それぞれに掲載された、HBCラジオの中継に関する記事を参照。
  6. ^ 2012年日本シリーズ当時のHBCラジオファイターズ中継ウェブサイト内試合中継に伴う特別編成(27日 - 28日・30日 - 11月1日)告知ページ(インターネットアーカイブ2012年10月27日付保存キャッシュ)
  7. ^ 6月14日(土)・15日(日)イースタン・リーグ公式戦ラジオ実況中継決定のお知らせ - 北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイト内ニュース2008年5月27日配信
  8. ^ 5/24イースタンリーグ千葉ロッテ戦(江別・野幌)HBCラジオが実況生中継 - 北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイト内ニュース2009年5月22日配信
  9. ^ HBC公式サイト内プレスリリース 2009年分(インターネットアーカイブ2010年3月8日付保存キャッシュ)より、2009年5月27日付記事『明日のダルビッシュ、稲葉を応援しよう! HBCラジオ、ファイターズの2軍戦士も熱烈応援!』を参照。
  10. ^ 6/7イースタン湘南戦(横須賀)HBCラジオが生中継 - 北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイト内ニュース2009年6月5日配信
  11. ^ http://www.hbc.co.jp/fighters_radio/hensei.html HBCラジオファイターズ中継2017年放送スケジュール(2017/5/27閲覧)
  12. ^ ラジオ日本とTBSラジオが巨人戦中継で制作協力 ラジオ日本の巨人戦中継、80試合以上へ大幅増加(RFラジオ日本2016年1月28日付プレスリリース) ※インターネットアーカイブ同2月4日付保存キャッシュ
  13. ^ エキサイトベースボール TBSラジオとラジオ日本がナイター中継で制作協力 TBSラジオ「エキサイトベースボール」の 巨人戦中継数が大幅に増加”. 2016年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月27日閲覧。
  14. ^ 実例として、2018年4月28日(土曜)の「ロッテ vs 日本ハム」(ZOZOマリンスタジアム)では昨年まで使用していたTBSのブースではなく、LFのブースを使用していた。
  15. ^ [1] - 清水久嗣(ニッポン放送契約アナウンサー)のツイート。2018年4月23日。
  16. ^ 2019年5月3日の「西武対日本ハム」は金曜日(祝日)のデーゲームながら、QRが特別番組として自社放送したためSTVとの2局ネット(解説:松沼博久、実況:土井悠平)として(放送予定・結果、2019年5月 - 文化放送ライオンズナイター公式サイト、2019年5月3日閲覧。インターネットアーカイブへのキャッシュ〈オリジナル〉、STVファイターズLIVE・吉川のりおのスーパーLIVE - STVラジオ、2019年5月3日閲覧。インターネットアーカイブへのキャッシュ〈オリジナル〉)、HBCはLFの裏送り(解説:田中幸雄、実況:大泉健斗)で放送した(HBCラジオファイターズ中継 2019年5月 - 北海道放送、2019年5月3日閲覧。インターネットアーカイブへのキャッシュ〈オリジナル〉)。
  17. ^ テレビでは試合の勧進元でもあるテレビ宮崎(フジテレビ・日本テレビ・テレビ朝日系列)がオリックス球団制作中継を放送した。
  18. ^ 同日付新聞番組表では、実況として川畑・茅野両者が連名で記載された(参考:『東奥日報』朝刊ラテ欄掲載「HBCラジオ」番組表)。
  19. ^ HBC公式サイト内ブログ『アナウンサー日記』より、2013年6月29日付記事「絶対に負けられない戦い!?」(文:川畑恒一)を参照。
  20. ^ 『ファイターズDEナイト!!』公式サイト内ブログ2013年7月2日付書き込みより、「行って来ました、東京ドームー。」(同日20時46分41秒更新)を参照。
  21. ^ 翌日の日曜デーゲームもHBCが自社制作し、RCCは自社単独で放送した。
  22. ^ 2013年の日本ハム主催時はJRN個別ネットでHBCから受けたが、2015年の中日主催時はNRN予備カードネットでSFから受けた。
  23. ^ 地元の広島県ではHTVが放送したため(J SPORTSもスコア表示とテーマ曲を差し換えて同時ネット。DAZNはHTVからの映像配信を受けて独自の実況とスコア表示で放送)、HBCはRCCの技術協力で独自映像を制作の上で放送した。
  24. ^ 当初はHTVとSTVの相互ネットも想定されたが、編成などの諸事情で北海道側での放送がHBCとなった。2000年代以降に独立局やテレビ東京系列局以外で広島県側と系列の異なる局が広島のビジターゲームを放送する例は稀である。
  25. ^ なお、TBSラジオは、火 - 金曜…18:15 - 21:10、土曜…18:15 - 21:30、日曜…18:15 - 21:15だった(以上、HBCラジオを含め、1977年9月当時の『東奥日報』朝刊各日付ラジオ欄を参考に記述)。
  26. ^ 『ラジオ新番組速報版1985年春号』より、1985年4月のHBCラジオ番組表(『ラジオマニア2010』P154にも縮刷掲載)
  27. ^ a b 参考リンク(『HBCステレオエキサイトナイター』だった1997年当時のHBC公式サイト内タイムテーブル。いずれも、インターネット・アーカイブの同年7月21日付保存キャッシュ)
  28. ^ YOMUラジ倶楽部2003年4月号より、3ページ目に掲載の記事「今月の注目!!」を参照(リンク先は、いずれもインターネットアーカイブ。前者は2003年4月8日付、後者は同年8月31日付保存キャッシュより)。
  29. ^ HBCラジオが春の新番組を発表 - 北海道日刊スポーツ新聞社ウェブサイトより、2004年3月27日付配信TV・ラジオニュース(インターネットアーカイブ2003年4月2日付保存キャッシュ) ※配信日付は、2003年4月当時の北海道日刊スポーツ新聞社ウェブサイト内TV・ラジオニュース記事一覧(インターネットアーカイブ同2日付保存キャッシュ)を参照。
  30. ^ a b 『ラジオ番組表』2005年春号より、HBCラジオの番組表(P16-17)を参照。
  31. ^ a b 参考リンク…HBCラジオ公式サイトで配信された2005年春改編当時のタイムテーブル(インターネットアーカイブの保存キャッシュ)
  32. ^ 2016年のHBC公式サイト内プレスリリース(インターネットアーカイブ2017年7月24日付保存キャッシュ)
  33. ^ a b c d 『週刊ベースボール』2005年2月26日増刊号「2005プロ野球全選手写真名鑑」掲載の評論家・解説者名鑑(P148-149)より、HBCラジオの解説者として紹介。
  34. ^ a b 『ラジオ番組表』2005年春号P4-5『番組改編トピックス』内P5掲載「アツイ実況を聴いて盛り上がろう!球界再編元年のナイター中継はこう聴け!」。
  35. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2017』
  36. ^ 2004年7月当時のHBCラジオファイターズ中継公式サイト(6月15日 - 9月21日の中継予定告知あり) ※インターネットアーカイブ同6日付保存キャッシュ
  37. ^ a b c d 2003年4月8日・9日付の『東奥日報』朝刊より、「HBCラジオ」番組表を参照。
  38. ^ アナウンサー日記バックナンバーNo.126:2005年 3月21日~3月27日(HBC公式サイト内。インターネットアーカイブ2006年11月14日付保存キャッシュ)より、「▼2005年3月25日「ファイターズ中継はHBCラジオで」(川畑 恒一)」を参照。同年より、HBCラジオの日本ハム戦中継解説者となったことが明記。
  39. ^ a b HBCアナウンサー日記 バックナンバーNo.44:2003年 8月25日~8月31日(インターネットアーカイブ2003年10月16日付保存キャッシュ)より、▼2003年 8月29日「野球中継のもう一つの仕事」(山内 要一)を参照。同18日の日本ハム対近鉄戦、23・24日の日本ハム対西武戦(いずれも、札幌ドーム)各試合をラジオ中継したこと、山内要一が18・24日のベンチリポーターを務めたこと、24日の中継で解説を白井康勝が、実況を卓田和広が担当したことがそれぞれ記されている。
  40. ^ 2014年発行のプロ野球名鑑(参考:『週刊ベースボール』2014年2月22日増刊号「2014プロ野球全選手カラー写真名鑑」・『別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2014』・『12球団全選手カラー百科名鑑2014』)では明記されなかったが、春からも! - 『アナウンサー日記』2014年4月20日付(文:山内要一)より、2014年から二岡がHBCラジオファイターズ中継解説陣に加入したことがつづられている。
  41. ^ 2005年7月当時のHBCラジオファイターズ中継公式サイト(1日 - 20日の中継予定告知あり) ※インターネットアーカイブ同10日付保存キャッシュ
  42. ^ 2005年3月当時のHBCラジオファイターズ中継ウェブサイト(インターネットアーカイブ2005年3月22日付保存キャッシュ)
  43. ^ HBC公式サイト内プレスリリース2014年分(インターネットアーカイブ2016年3月5日付保存キャッシュ)
  44. ^ a b HBC公式サイト内プレスリリース2015年分(インターネットアーカイブ2016年7月29日付保存キャッシュ)
  45. ^ HBCアナウンサー日記バックナンバーNo.28:2003年 5月5日~5月11日(インターネットアーカイブ2003年6月12日付保存キャッシュ)より、▼2003年 5月11日「ベンチサイドリポート」(川畑 恒一)を参照。同5日の日本ハム対西武戦(札幌ドーム)ラジオ中継で、日本ハム側ベンチリポートを担当したことが記されている。
  46. ^ HBCアナウンサー日記バックナンバーNo.29:2003年 5月12日~5月18日(インターネットアーカイブ同6月12日付保存キャッシュ)より、▼2003年 5月13日「ベンチリポーター体験」(山内 要一)を参照。同5日の日本ハム対西武戦(札幌ドーム)ラジオ中継で、山内が初のベンチリポーターとして西武側リポートを担当したことが記されている。
  47. ^ 2006年当時のHBCラジオファイターズ中継公式サイト - 2006年6月14日付保存キャッシュ
  48. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2012』(『廣済堂ベストムック』189号。2012年、廣済堂出版発行。コード:ISBN 9784331801932)P280
  49. ^ a b 『12球団全選手カラー百科名鑑2004』(『ホームラン』2004年3月号増刊。日本スポーツ出版社発行)掲載のHBCプロ野球担当アナウンサー名簿
  50. ^ 2013年7月当時のHBCラジオ日本ハム戦中継公式サイト(インターネットアーカイブ2013年7月7日付保存キャッシュ)より、同5日の対オリックス戦中継リポーターとして管野の名が明記。
  51. ^ HBCラジオ2014年春の改編のおしらせ(HBCラジオ公式サイト内。インターネットアーカイブ2014年6月24日付保存キャッシュ ※タイトルバナーのみ、当時のものとは異なる)を参照。
  52. ^ 2014年4月当時のHBCラジオファイターズ中継公式サイト(4月29日 - 5月31日の中継予定告知あり) ※インターネットアーカイブ同28日付保存キャッシュ
  53. ^ 2014年8月当時のHBCラジオファイターズ中継公式サイト(同19日 - 31日の中継予定告知あり) ※インターネットアーカイブ同18日付保存キャッシュ
  54. ^ 2015年4月当時のHBCラジオファイターズ中継公式サイト(4月24日 - 5月31日の中継予定告知あり) ※インターネットアーカイブ同24日付保存キャッシュ
  55. ^ a b 2016年シーズン開幕前のHBCラジオファイターズ中継公式サイト(インターネットアーカイブ同3月8日付保存キャッシュ)
  56. ^ a b 2016年3月下旬のHBCラジオファイターズ中継公式サイト(インターネットアーカイブ同29日付保存キャッシュ)
  57. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2016』P288掲載HBCプロ野球担当アナウンサー名簿
  58. ^ ラジオマニア2010』より、『ラジオ新番組速報版』1985年春号に掲載されたHBCラジオ・TBSラジオ各局のタイムテーブル(P154、P157)を参照。いずれも、松木謙治郎、杉下茂、田宮謙次郎、張本勲、田淵幸一、小林繁の名が記載。
  59. ^ 『HBCナイタースーパーベースボール2001』公式サイト内解説者一覧(インターネットアーカイブ2001年7月17日付保存キャッシュ) ※表示環境によって文字化けする場合があるため、インターネットエクスプローラーにて、右クリック→「エンコード」→「日本語(シフトJIS)」に設定の上で閲覧する必要ありリンク先に記載された解説者(杉下茂、近藤昭仁、張本勲、田淵幸一、有藤通世、衣笠祥雄、川口和久、栗山英樹、緒方耕一)は、『TBS50年史』資料編P234に掲載されたプロ野球解説者リストでも、2001年現在のTBSラジオ・テレビにおける担当者として明記されている。
  60. ^ a b c d e f g 2014年秋のHBCラジオ公式サイト内改編情報を参照。

参考資料[編集]

  • ラジオ番組表』バックナンバー(三才ブックス発行)
    • 2005年春号(『三才ムック』vol.102。2005年5月発売・6月1日発行)ISBN 4861990076
  • 『TBS50年史』(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館サーチの書誌情報
    • 資料編
  • 『ラジオマニア2010』(『三才ムック』vol.329。2010年10月16日発売・11月1日発行、三才ブックス)ISBN 4861992931
  • 『プロ野球コンプリート選手名鑑』シリーズ(三才ブックス発行)
    • 『プロ野球コンプリート選手名鑑2011年度版』(『三才ムック』vol.366。2011年2月26日発売・3月30日発行)ISBN 9784861993312
    • 『プロ野球コンプリート選手名鑑2012年度版』(『三才ムック』vol.472。2012年2月24日発売・3月1日発行)ISBN 9784861994470
    • 『プロ野球コンプリート選手名鑑2013年度版』(『三才ムック』VOL.598。2013年2月23日発売・3月1日発行)ISBN 9784861995750
  • 各種外部リンク(インターネットアーカイブの保存キャッシュ含む)
    • HBC公式サイト
      • 歴代HBCラジオプロ野球中継公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

関連情報