第二産業道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第二産業道路(だいにさんぎょうどうろ)は、埼玉県にある複数の県道主要地方道)の汎称である。第二産業の略称がある。

国道122号線と交差する鳩ヶ谷歩道橋交差点
埼玉県道34号さいたま草加線区間(川口市安行領根岸付近)
埼玉県道1号さいたま川口線区間(川口市道合西交差点付近)
埼玉県道1号さいたま川口線区間(さいたま市南区、開通前の2004年12月撮影)
埼玉県道1号さいたま川口線区間(さいたま市緑区内)
国道463号バイパスと交差する中尾陸橋下交差点付近
埼玉県道1号さいたま川口線区間(さいたま見沼出入口付近)
埼玉県道5号さいたま菖蒲線区間(JR宇都宮線跨線橋付近は2車線が残る)

概要[編集]

埼玉県道35号川口上尾線が「産業道路」と通称されている事に対しての名称である。

東京都から東京都道・埼玉県道58号台東川口線(尾久橋通り)を引き継ぎ、草加市をかすめ、川口市国道122号と交差、さいたま市を縦断して上尾市へ至る(計画は桶川市まで)。

産業道路の東側をほぼ平行しており、役割も共通しているが、両者が交差することはなく、完全に独立している。ほとんどの区間が4車線であり、国道17号と122号の間の空白域を埋める役割も持つ。

区間[編集]

以下の区間で構成される。

整備状況[編集]

埼玉県により、東京都との境から桶川市埼玉県道12号川越栗橋線へ至る31.8kmの道路が都市計画道路「東京大宮線」(完成4車線)として立案され、このうち、都県境から上尾市埼玉県道323号上尾環状線へ至る24.5kmが事業化された。

完成区間から順次共用されてゆき、2004年平成16年)12月18日さいたま市南区から緑区にかけての区間が開通したことで、起点から上尾市内の原市駅交差点(東北新幹線高架下)までの23.1kmが完成した。その北の埼玉県道323号上尾環状線までの1.4kmが、2007年平成19年)3月28日に4車線で開通し、当初の事業化区間は完成した。

さらに北の、埼玉県道12号川越栗橋線(桶川市五丁台)までの7.3kmの区間は事業化の目処が立っていなかったが、埼玉県道150号上尾蓮田線(上尾市平塚)までの0.9kmの区間のみ、2016年(平成28年)度より暫定2車線での整備に着手した[1]

開通している区間の大部分は4車線になっているが、さいたま市見沼区内に2車線区間がある。このうち、東武野田線とのアンダーパスを含む区間(大和田町の0.9km)は2017年(平成29年)7月27日に4車線化 [2]したが、JR宇都宮線を越える陸橋の前後(東大宮の約1.5km)は未定である。また、上尾市原市国道16号埼玉県道3号さいたま栗橋線を跨ぐ原市陸橋は、上下線の中央寄り2車線のみの構造であり、外側2車線は下の交差点へ向かう。

通過する自治体[編集]

  • 草加市
  • 川口市
  • さいたま市
    • 南区・緑区・見沼区
  • 上尾市

接続する主要道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さいたま菖蒲線(第二産業道路)の進捗状況”. 埼玉県 (2016年8月18日). 2017年4月15日閲覧。
  2. ^ 第二産業道路(大和田工区)の4車線化供用開始 さいたま市 平成29年7月20日記者発表

関連項目[編集]