国道463号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

国道463号標識

国道463号
総延長 63.9 km
実延長 58.3 km
現道 36.7 km
制定年 1993年
起点 埼玉県越谷市
神明町交差点(地図
主な
経由都市
埼玉県さいたま市志木市富士見市
新座市所沢市
終点 埼玉県入間市
河原町交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Japanese National Route Sign 0122.svg国道122号
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号
Japanese National Route Sign 0254.svg国道254号
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
Japanese National Route Sign 0299.svg国道299号Japanese National Route Sign 0407.svg国道407号重複)
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
ケヤキ並木の続く羽根倉橋(東)交差点(埼玉県さいたま市桜区
関越自動車道所沢IC付近(埼玉県所沢市)航空写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
埼玉県さいたま市浦和区・起点から12km。浦和駅周辺の旧中山道区間。
浦和区東仲町付近(現道)
荒川にかかる羽根倉橋

国道463号(こくどう463ごう)は、埼玉県越谷市の神明町交差点から同県南部を東西に横断して同県入間市の河原町交差点に至る一般国道である。埼玉県内で完結する唯一の国道である。

概要[編集]

埼玉県越谷市からさいたま市浦和区までの区間、および所沢市から入間市までの区間は、現道とバイパスが並行している。現道、バイパスともに終点の入間市から国道299号に直通する形となっており、飯能市方面に連続している。

北浦和駅入口(埼玉県さいたま市浦和区)交差点-西新井町交差点(所沢市)間は、約17kmにわたるケヤキ並木が続いており、読売新聞社選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつに選定されている[1]。このケヤキ並木は、1973年に排気ガスの浄化を目的に植えられたもので、特に所沢市東新井町から西新井町にかけての3km余りの区間は「緑のトンネル」となっている[2]。「日本一のけやき並木」と題した解説板が北浦和駅入口交差点付近、下大久保交差点(さいたま市桜区)付近、熊野神社東交差点(所沢市)付近にそれぞれ設置されている。

路線データ[編集]

  • 起点:埼玉県越谷市神明町 神明町交差点
  • 終点:埼玉県入間市河原町 河原町交差点
  • 主な経由地:さいたま市、富士見市、新座市、所沢市
  • 総延長 : 63.9 km(埼玉県 34.8 km、さいたま市 29.1 km)重用延長を含む。[3][注釈 1]
  • 重用延長 : 5.6 km(埼玉県 3.7 km、さいたま市 1.9 km)[3][注釈 1]
  • 未供用延長 : なし[3][注釈 1]
  • 実延長 : 58.3 km(埼玉県 31.0 km、さいたま市 27.3 km)[3][注釈 1]
    • 現道 : 36.7 km(埼玉県 20.4 km、さいたま市 16.3 km)[3][注釈 1]
    • 旧道 : 10.7 km(埼玉県 10.7 km、さいたま市 - km)[3][注釈 1]
    • 新道 : 10.9 km(埼玉県 - km、さいたま市 10.9 km)[3][注釈 1]
  • 指定区間:さいたま市浦和区 県庁前交差点 - 北浦和駅入口交差点(国道17号との重複区間)

歴史[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

地元では中山道(国道17号と重複)は「17号」と呼ばれることが多く、旧中山道が「中山道」と呼ばれることがある[9]ので注意が必要である。

バイパス[編集]

重複区間[編集]

有料道路[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

※越谷浦和バイパス、所沢入間バイパスはその項を参照のこと

交差する道路 交差点名 所在地
埼玉県道405号北越谷停車場線
国道4号 神明町

埼玉県道324号蒲生岩槻線 五才川橋
埼玉県道381号東大門安行西立野線・浦和東京線 大門坂下




埼玉県道105号さいたま鳩ヶ谷線(日光御成街道) 大門小学校入口
埼玉県道105号さいたま鳩ヶ谷線(日光御成街道) 大門(上)
国道122号(岩槻街道) 大門
埼玉県道235号大間木蕨線 東浦和駅入口
埼玉県道1号さいたま川口線第二産業道路 緑区役所(北)
埼玉県道1号さいたま川口線支線 花月
埼玉県道35号川口上尾線(産業道路) 原山
越谷浦和バイパス・道場三室線 本太坂下

高砂仲町線 浦和駅東口(北)
埼玉県道65号さいたま幸手線
(旧中山道)
仲町
町谷本太線(市役所通り) 町谷本太線(越谷街道)
埼玉県道34号さいたま草加線
(県庁通り)
(県庁通り) 浦和駅西口
埼玉県道65号さいたま幸手線
(旧中山道)
埼玉県道213号曲本さいたま線(旧中山道)
国道17号(中山道) 県庁前
(県庁通り) 埼玉県道40号さいたま東村山線(志木街道)
町谷本太線(市役所通り) さいたま市役所前
新六間道路 埼玉県道57号さいたま鴻巣線(新六間道路) 六間通り
越谷浦和バイパス・道場三室線 埼玉県道57号さいたま鴻巣線バイパス・道場三室線 常盤七丁目
埼玉県道118号北浦和停車場線 浦和所沢バイパス・埼玉県道155号さいたま武蔵丘陵森林公園自転車道線
(埼大通り)
北浦和駅入口
北浦和駅入口交差点〜東新井町交差点は「浦和所沢バイパス」を参照。
埼玉県道6号川越所沢線 峰の坂

所沢入間バイパス(所沢街道) 宮本町
埼玉県道8号川越入間線(入間市、藤沢交差点) 藤沢

埼玉県道226号入間市停車場線
国道16号 河原町
国道299号国道407号(飯能方面)
  • さいたま市浦和区の本太坂下交差点 - 仲町交差点間は、さいたま市の都市計画道路の町谷本太線の一部である。
  • ※五才川橋交差点は越谷市とさいたま市岩槻区の境界線上にある。

交差する鉄道・河川[編集]

※越谷浦和バイパス、所沢入間バイパスはその項を参照のこと。

沿線の主な施設(本線)[編集]

道路管理事務所[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2014年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 浅井建爾 『道と路がわかる辞典』 日本実業出版社2001年11月10日、初版、127頁。ISBN 4-534-03315-X
  2. ^ “日本一長いケヤキ並木 所沢に新緑のトンネル、初夏の訪れ告げる”. 埼玉新聞. (2016年5月15日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/05/15/05.html 2016年11月30日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2015. 国土交通省道路局. p. 26. 2016年12月4日閲覧。
  4. ^ なお越谷街道(旧道)や463バイパス、浦和駅東口に出る道もすべて大渋滞です。谷中信人(さいたま市議会議員・公明党所属)公式Facebook2013年10月5日投稿
  5. ^ 市報さいたま2014年7月号7頁 (PDF) さいたま市
  6. ^ アクセス埼玉会館
  7. ^ 行政道路所沢市
  8. ^ 『入間市史 通史編』945頁(入間市 1994年)
  9. ^ 「埼玉県道213号曲本さいたま線」、「埼玉県道65号さいたま幸手線」、「埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線」を参照。

関連項目[編集]