国道494号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道494号標識
国道494号
総延長 114.4 km
実延長 080.6 km
現道 079.4 km
制定年 1993年指定
起点 愛媛県松山市
市役所前交差点(地図
主な
経由都市
愛媛県東温市
高知県吾川郡仁淀川町
終点 高知県須崎市地図
接続する
主な道路
記法
国道11号標識 国道11号
国道33号標識 国道33号
国道56号標識 国道56号
国道317号標識 国道317号
国道379号標識 国道379号
国道440号標識 国道440号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

国道494号(こくどう494ごう)は、愛媛県松山市から高知県須崎市に至る一般国道である。

概要[編集]

愛媛県松山市を起点に、四国山地を横断して黒森峠を越えて、高知県仁淀川町、佐川町を経て須崎市の国道56号交点に至る延長114キロメートル (km) 一般県道の路線である。他路線と重複しない実延長区間の多くは山道で、しかも整備があまり進んでいない、いわゆる「酷道」となっている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)4月1日 - 一般国道494号(松山市 - 須崎市)として指定。県道久万池川線、県道川内大味川線、県道須崎佐川線が昇格したものである。

路線状況[編集]

国道11号重複部を含む、愛媛県松山市 - 東温市郊外までは2車線の高規格の道が続く[4]。東温市から久万高原町にかけてある黒森峠周辺は、急勾配・急カーブが連続する狭隘路で、交通量は少なく、道路の左端にサイクリングロード専用の路面標示がある[5]。国道439号交差付近の高知県仁淀川町土居の商店街あたりは、1.2車線ほどの隘路である[4]

バイパス[編集]

  • 佐川吾桑バイパス[6]
    • 高知県高岡郡佐川町丙川内ケ谷から同県須崎市吾桑に至る、延長5.93 kmのバイパス。バイパスの現道区間は、第2次緊急輸送道路に指定されているが幅員狭小、線形不良のためその改善を目的としたもの[7]
    • 規格:第3種第2級
    • 幅員:12 m
    • 設計速度:60 km/h
    • 事業開始年: 1994年(平成6年)
    • 開通年:2011年(平成23年)4月26日 佐川工区約1.5 km[8]

重複区間[編集]

  • 国道11号(愛媛県松山市二番町・松山市役所前交差点(起点) - 愛媛県東温市則之内)
  • 国道33号国道379号国道440号(愛媛県松山市二番町・松山市役所前交差点(起点) - 愛媛県松山市小坂・小坂交差点)
  • 国道317号(愛媛県松山市二番町・松山市役所前交差点(起点) 愛媛県松山市勝岡・勝山交差点)
  • 国道439号(高知県吾川郡仁淀川町土居 - 高知県吾川郡仁淀川町川口・川口交差点)
  • 国道33号(高知県吾川郡仁淀川町川口・川口交差点 - 高知県高岡郡佐川町甲・佐川町上郷交差点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 国道56号(松山市起点)
  • 国道317号(松山市・勝山交差点)
  • 国道33号国道379号国道440号(松山市・小坂交差点)
  • E11 松山自動車道 12 川内IC
  • 国道11号(東温市)
  • 国道439号(仁淀川町土居)
  • 国道439号国道33号(仁淀川町川口交差点)
  • 国道33号(佐川町上郷交差点)
  • 国道56号(須崎市斗賀野分岐)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年9月21日から東温市の一部。
  2. ^ a b 2005年8月1日から吾川郡仁淀川町の一部。
  3. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 鹿取茂雄「国道494号〈黒森峠〉」『酷道大百科』〈ブルーガイド・グラフィック〉、実業之日本社、2018年12月28日、 76 - 77頁、 ISBN 978-4-408-06392-8

関連項目[編集]