国道369号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道369号標識
国道369号
地図
総延長 128.1 km
実延長 085.9 km
現道 078.4 km
制定年 1975年指定
起点 奈良県奈良市
二条大路南一丁目交差点(地図
主な
経由都市
奈良県宇陀市宇陀郡御杖村
終点 三重県松阪市
大黒田西交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道24号標識 国道24号
国道24号標識 国道169号
国道25号標識 国道25号
国道165号標識 国道165号
国道370号標識 国道370号
国道368号標識 国道368号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道369号 起点
奈良県奈良市
二条大路南一丁目交差点

国道369号(こくどう369ごう)は、奈良県奈良市から三重県松阪市に至る一般国道である。

概要[編集]

起点の奈良市より、奈良の市街地を経て、若草山の北へ進む。同市柳生付近で南へ進路を変え、国道25号名阪国道)や国道165号と交差した後、曽爾村を経て、奈良県境付近の御杖村に入る。

その後は、国道368号との交点である、敷津交差点(宇陀郡御杖村)から、途中の粥見赤滝交差点(松阪市)までは国道368号との重複、さらに、粥見赤滝交差点から、終点の大黒田西交差点まで国道166号との重複となり、そのまま終点に至る路線である。

そのため、当路線の単独区間は、宇陀郡御杖村(奈良県内)までとなり、三重県内の当路線区間は、他の路線との重複区間をもって成り立っている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

栂坂バイパス
奈良県宇陀市室生田口元上田口

バイパス[編集]

  • 榛原バイパス
  • 栂坂バイパス
    • 弁財天トンネル(L=923 m)、石楠花トンネル(L=430 m)、栂坂トンネル(L=1,827 m)の3つのトンネルを含んだバイパス延長は4,520 mである。

別名[編集]

重複区間[編集]

  • 国道165号(奈良県宇陀市・福地交差点 - 宇陀市・萩原交差点)
  • 国道368号(奈良県宇陀郡御杖村・敷津交差点 - 三重県松阪市・粥見赤滝交差点)
  • 国道166号(三重県松阪市・粥見赤滝交差点 - 松阪市・大黒田西交差点)

道の駅[編集]

交通量[編集]

地理[編集]

国道169号との分岐
奈良県奈良市登大路町

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路 都道府県名 市町村名 交差する場所 備考
国道24号
奈良県道1号奈良生駒線大宮通り
奈良県 奈良市 二条大路南一丁目
国道169号 県庁東
奈良県道・京都府道33号奈良笠置線 中ノ川
奈良県道・京都府道47号天理加茂木津線 大柳生
奈良県道・京都府道47号天理加茂木津線 (大柳生町)
京都府道・奈良県道4号笠置山添線 (柳生町)
京都府道・奈良県道4号笠置山添線 (柳生町)
奈良県道・三重県道80号奈良名張線 (水間町)
奈良県道・三重県道80号奈良名張線 (水間町)
奈良県道47号天理加茂木津線 (杣ノ川町)
奈良県道25号月瀬針線 (針ヶ別所町)
国道25号
国道370号
針インター北
※国道370号終点
※ここから宇陀市榛原萩原まで国道370号と重複
国道25号名阪国道 針インター
奈良県道28号吉野室生寺針線 外の橋
国道165号 宇陀市 福地 ※ここから宇陀市榛原萩原まで国道165号と重複
国道165号
国道370号
萩原
奈良県道28号吉野室生寺針線 (菟田野岩端)
奈良県道28号吉野室生寺針線 (室生黒岩)
三重県道・奈良県道81号名張曽爾線 宇陀郡 曽爾村
三重県道・奈良県道81号名張曽爾線 (掛)
奈良県道31号榛原菟田野御杖線 御杖村 (桃俣)
国道368号 敷津 ※ここから三重県松阪市粥見赤滝まで国道368号と重複
三重県道15号久居美杉線 三重県 津市 奥津
国道422号
三重県道30号嬉野美杉線
上多気
国道166号 松阪市 粥見赤滝 ※ここから松阪市大黒田西まで国道166号と重複
三重県道29号松阪青山線 辻原町
三重県道59号松阪第2環状線 桂瀬町
三重県道59号松阪第2環状線 丹生寺町
国道166号 大黒田西

※ 交差する場所の括弧書きは地名、それ以外は交差点名で表示

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年4月1日に奈良市へ編入。
  3. ^ 2006年1月1日に3町1村が合併して宇陀市発足。
  4. ^ 2006年1月1日に津市ほか1市6町2村が合併して津市発足。
  5. ^ 2005年1月1日に松阪市ほか3町が合併して松阪市発足。
  6. ^ a b c d e f g 2018年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]