国道484号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般国道

国道484号標識

国道484号
総延長 91.6 km
実延長 62.9 km
現道 62.9 km
海上区間 指定なし
制定年 1993年
起点 岡山県備前市
伊部東交差点(地図
主な
経由都市
岡山県赤磐市岡山市
加賀郡吉備中央町
終点 岡山県高梁市
警察署北交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
Japanese National Route Sign 0250.svg国道250号
Japanese National Route Sign 0374.svg国道374号
Japanese National Route Sign 0053.svg国道53号
Japanese National Route Sign 0429.svg国道429号
Japanese National Route Sign 0180.svg国道180号
Japanese National Route Sign 0313.svg国道313号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
畑ヶ鳴峠付近の隘路区間(2013年9月)。岡山市北区建部町品田付近にて

国道484号(こくどう484ごう)は、岡山県備前市から高梁市に至る一般国道である。

概要[編集]

岡山県の瀬戸内海に面する備前市を走る国道2号分岐(伊部東交差点)から北上し、同県中央の内陸部を東西に横断して、県西部の城下町として栄えた高梁市の国道180号(警察署北交差点)とを結ぶ延長約92 kmの一般国道の路線で、主な通過地は、和気郡和気町赤磐市福田、岡山市北区建部町、加賀郡吉備中央町である。起点・備前市 - 赤磐市の南北区間は、国道374号との重用区間でもある。県内を南北に走る岡山自動車道のアクセス道路でもあり、賀陽インターチェンジ (IC) と相互接続する。

路線データ[編集]

路線状況[編集]

岡山県高梁市 あたごループ橋(2010年8月
あたごループ橋の旧道部分(2010年1月)。国道標識跡のポールがある
  • 起点-岡山県道27号岡山吉井線及び国道429号-終点は良く整備されているが、岡山県道27号岡山吉井線 - 国道429号の区間は畑ヶ鳴峠を中心に未整備で狭い箇所が多い。また高梁市に現在は立派なあたごループ橋が建設されているが、旧道は狭い山道すなわち酷道であった。
  • 沿線自治体などにより期成同盟が作られ、兵庫県道・岡山県道90号赤穂佐伯線および岡山県道77号美星高山市線の一部を国道484号に編入させ、岡山県中部初の県土を東西に抜ける国道の実現を求めた運動が行われている。

通称[編集]

  • 岡山中部縦貫道路

重複区間[編集]

  • 岡山県備前市(起点) - 岡山県赤磐市福田:国道374号
  • 岡山県加賀郡吉備中央町下加茂 - 岡山県加賀郡吉備中央町上加茂:国道429号

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

  • 湯免温泉(岡山県赤磐市塩木)
  • 岡山市立建部中学校(岡山市北区建部町建部上)
  • 河平ダム(加賀郡吉備中央町下加茂)
  • 吉備高原医療リハビリセンター・吉備高原職業リハビリセンター(加賀郡吉備中央町吉川)
  • 楢井ダム(高梁市松山)
  • 高梁警察署(高梁市段町)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2014年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2015. 国土交通省道路局. p. 27. 2017年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]