岡山自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高速自動車国道
(有料)

岡山自動車道

E73 岡山自動車道
路線延長 43.9 km
開通年 1991年3月16日 -
起点 岡山県岡山市北区
岡山JCT
主な
経由都市
岡山県高梁市
終点 岡山県真庭市
北房JCT
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

岡山自動車道(おかやまじどうしゃどう、OKAYAMA EXPRESSWAY)は、岡山県岡山市北区岡山JCTを起点とし、岡山県真庭市北房JCTへ至る、高速道路高速自動車国道)である。略称は岡山道(おかやまどう、OKAYAMA EXPWY)。法定路線名は米子自動車道と併せて中国横断自動車道岡山米子線(岡山市北区-境港市)である。高速道路等ナンバリング(高速道路等路線番号)では、中国自動車道(北房JCT - 落合JCT間、E2A と重複ナンバリング)・米子自動車道とともに E73 が割り振られている。

概要[編集]

岡山県岡山市北区真庭市を結ぶ高速道路で、中国横断自動車道岡山米子線の一部である。1991年3月16日に最初の区間である岡山JCT-岡山総社間が、山陽自動車道岡山総社支線として供用を開始した。

全区間を西日本高速道路(NEXCO西日本)が管理・運営している。前述の通り、岡山JCT-岡山総社IC間は、1997年3月14日まで山陽自動車道であったが、1997年3月15日の岡山総社IC-北房JCT間開通に合わせて岡山自動車道と名称変更された。

平成22年度高速道路無料化社会実験の対象になっていたが、平成23年6月19日に終了した[1]

路線名[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • 全線岡山県内に所在。
  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用開始済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用開始されていない、または完成していないことを示す。なお、未開通区間の名称は仮称である。
  • BSのうち、○は運用中、◆は休止中の施設。無印はBSなし。

凡例 JCT - ジャンクション、IC - インターチェンジ、SA - サービスエリア、PA - パーキングエリア、BS - バスストップ、TN - トンネル、BR - 橋梁

IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
(15) 岡山JCT E2 山陽自動車道 0.0 岡山市北区
1 岡山総社IC 国道180号
国道429号
2.7
- 総社PA 7.0 総社市
- 塔坂TN 上り線 1,450m
下り線 1,460m
- 見延BR 橋長 703m
橋高 76.2m
- 槙谷TN 上り線 1,170m
下り線 1,070m
2 賀陽IC 国道484号 22.6 吉備中央町
- 高梁SA 30.9
31.4
上り線
下り線
高梁市
3 有漢IC 県道49号高梁旭線 35.5
- 有漢TN 長さ 1,529m
真庭市
- 北房水田BS 43.1
(17) 北房JCT E2A 中国自動車道 43.9

歴史[編集]

  • 1991年平成3年)3月16日:山陽自動車道岡山総社支線として、岡山JCTと岡山総社IC間の供用を開始する。
  • 1997年(平成9年)3月15日:岡山総社ICと北房JCT間の供用を開始し、同時に山陽道岡山総社支線を岡山道に編入し、暫定2車線で全線が供用される。
  • 1999年(平成11年)10月15日:岡山JCTと岡山総社IC間が両側4車線化される。
  • 2005年(平成17年)10月17日:岡山総社ICと総社PA間が両側4車線化される。
  • 2010年(平成22年)

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
岡山JCT-賀陽IC 4=2+2 80km/h
賀陽IC-北房JCT 2=1+1 70km/h

サービスエリア・パーキングエリア[編集]

主なトンネルと橋[編集]

見延橋
  • 塔坂トンネル(総社PA - 賀陽IC):上り線 1,450m 下り線 1,460m
  • 見延橋(総社PA - 賀陽IC) : 703m 橋脚の高さは完成当時日本一だった。[要出典]
  • 槙谷トンネル(総社PA - 賀陽IC):上り線 1,170m 下り線 1,070m
  • 有漢トンネル(有漢IC - 北房JCT):1,529m

トンネルの数[編集]

区間名 上下線
岡山JCT - 総社PA 0
総社PA - 賀陽IC 2
賀陽IC - 有漢IC 0
有漢IC - 北房JCT 1
合計 3

山間部を通過しているが、トンネルは少ない。

道路管理者[編集]

警察[編集]

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
岡山JCT - 岡山総社IC 10,649 15,514 12,811
岡山総社IC - 賀陽IC 8,697 15,671 10,861
賀陽IC - 有漢IC 7,669 12,866 9,504
有漢IC - 北房JCT 7,602 12,348 9,530

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]