広島自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高速自動車国道
有料
広島自動車道
E74 広島自動車道
路線延長 17.5 km
開通年 1983年昭和58年) - 1985年(昭和60年)
起点 広島県広島市安佐南区広島JCT
終点 広島県広島市安佐北区広島北JCT
接続する
主な道路
記法
E2 山陽自動車道
E2A 中国自動車道
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

広島自動車道(ひろしまじどうしゃどう、HIROSHIMA EXPRESSWAY)は、広島県広島市安佐南区広島JCTから同市安佐北区広島北JCTに至る高速道路高速自動車国道)である。略称は広島道(ひろしまどう、HIROSHIMA EXPWY)。

高速道路ナンバリングによる路線番号は、中国自動車道の広島北JCT - 千代田JCT[注釈 1]浜田自動車道とともに、「E74」が割り振られている。

概要[編集]

広島西風新都IC付近から広島北JCT方面を望む(広島市安佐南区)

国土開発幹線自動車道の路線名(法定路線名)は、中国自動車道広島北JCT - 千代田JCT間と浜田自動車道と併せて、中国横断自動車道広島浜田線であり、当路線の全体の距離が約20キロメートル (km) と全線開通している高速道路としては短く、事実上中国自動車道と山陽自動車道の連絡道路として扱われており、標識も中国道および山陽道への進行を促す形になっている。

この路線は北陸自動車道と同様に終点から起点へと向かってIC番号やキロポストが設置されている。これは、国土開発幹線自動車道上の扱いは「(広島市を起点とし浜田市を終点とする)中国横断自動車道の一部」となっているものの、実際には中国自動車道から分岐する形で開通し、さらに当路線から西進する形で山陽自動車道が同時開通したという経緯に起因するものである。

インターチェンジなど[編集]

国土開発幹線自動車道の路線名、高速自動車国道の路線としての起終点は広島JCTから広島北JCTの順であるが、このセクションではIC番号、キロポストに従い、広島北JCTから広島JCTの順で記述する。

IC
番号
施設名 接続路線名 起点
から
km
BS 備考 所在地
26 広島北JCT E2A 中国自動車道 0.3 - 0.0KPは中国道分岐部 広島県 広島市 安佐北区
1 広島北IC 国道191号
広島北道路[1][2]候補路線))
3.1
- 久地PA - 10.7
- 久地BS - 11.9
2 広島西風新都IC 13.5 安佐南区
30 広島JCT E2 山陽自動車道 17.5 - キロポストは16.8KPまで

歴史[編集]

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
広島JCT - 広島北JCT 4=2+2 80 km/h

サービスエリア・パーキングエリア[編集]

当路線は総距離が短く、休憩施設は久地パーキングエリア (PA) のみである。一般的なPAの設備内容で、深夜営業はしていなく給油所もない。

主なトンネルと橋[編集]

区間 構造物名 長さ
上り線 下り線
久地PA - 広島北IC 宮郷トンネル 1,220 m 1,217 m
広島大田川橋 744 m 718 m

トンネルの数[編集]

区間 上り線 下り線
広島JCT - 広島西風新都IC 0 0
広島西風新都IC - 久地PA 0 0
久地PA - 広島北IC 3 3
広島北IC - 広島北JCT 0 0
合計 3 3

道路管理者[編集]

交通量[編集]

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
広島北JCT - 広島北IC 23,024 20,768 20,005
広島北IC - 広島西風新都IC 22,467 20,588 20,287
広島西風新都IC - 広島JCT 19,304 18,480 19,372

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 地域高規格道路の整備”. 広島県. 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ 広島県地域高規格道路指定路線図 (PDF)”. 広島県. 2018年7月9日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 「E2A」と重複ナンバリング

関連項目[編集]

外部リンク[編集]