南阪奈道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大阪圏都市圏自動車専用道路
有料
南阪奈道路
E91 南阪奈道路
路線延長 16.9 km
開通年 2004年
起点 美原JCT大阪府堺市美原区
主な
経由都市
羽曳野市
終点 新庄出入口[1]弁之庄ランプ
奈良県葛城市
接続する
主な道路
記法
E26 阪和自動車道
E91 大和高田バイパス
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

南阪奈道路(みなみはんなどうろ、MINAMIHANNA ROAD)は、 大阪府堺市美原区から奈良県葛城市に至る自動車専用道路(営業路線名)である。南阪奈道と略される。

なお、南阪奈道路及び大和高田バイパス国道165号166号24号)を合わせた区間は、地域高規格道路の計画路線としての南阪奈道路(法定路線名)に指定されている [2]

高速道路ナンバリングによる路線番号は、大和高田バイパス(弁之庄ランプ - 四条ランプ間の高架部)とともに「E91」が割り振られている[3][4]

概要[編集]

地域高規格道路の計画路線としての南阪奈道路には大和高田バイパス国道165号166号24号)も含まれる。

事業者は区間により、大阪府、日本道路公団国土交通省、奈良県の4者、料金制度や区分も異なるなど、複雑な路線である(詳細は道路体系を参照)。

供用1年間の1日の平均交通量は約15,000台で、西名阪自動車道の渋滞緩和の働きはあるが、大阪府道路公社の計画1日交通量27,000台には遠く及ばない状態となっている。

規格[編集]

詳細は車線・最高速度を参照。

道路体系[編集]

2018年(平成30年)4月1日以降

道路名 料金 区間 事業者 管理者 所在地
法定 区分
南阪奈道路  南阪奈道路 

(国道165号)

ETC対距離制 美原JCT-羽曳野IC 大阪府
大阪府道路公社
NEXCO西日本 大阪府
羽曳野IC-新庄出入口[1]
(弁之庄ランプ)
国土交通省
大阪府、奈良県
日本道路公団(現 NEXCO西日本)
奈良県
大和高田バイパス

2018年3月31日以前

道路名 料金 区間 事業者[1] 管理者[1] 所在地
法定 区分[6]
南阪奈道路 南阪奈有料道路
府道32号新道専用部)
均一制 美原JCT-羽曳野IC 大阪府
大阪府道路公社
大阪府道路公社 大阪府
南阪奈道路
(国道165号・166号)
区間制 羽曳野IC-新庄出入口[1]
(弁之庄ランプ)
国土交通省
大阪府、奈良県
日本道路公団(現 NEXCO西日本)
日本道路公団→
NEXCO西日本
奈良県
〈大和高田バイパス〉

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。
  • 施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。
  • (数字)は、他路線の番号。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
E26 阪和自動車道(和歌山・白浜方面) - E26 阪和自動車道(大阪方面)→
(12-1) 美原JCT E26 阪和自動車道 0.0 大阪府 堺市
美原区
1 美原IC 府道32号美原太子線
府道36号泉大津美原線
0.0 橿原方面出入口
- たじはやTB
2 美原東IC 府道32号美原太子線 2.2 大阪方面出入口
- 羽曳が丘トンネル 長さ340 m 羽曳野市
3 羽曳野IC 国道170号大阪外環状線
府道32号美原太子線
4.6 料金区分の境界
- 大黒トンネル 長さ180 m
4 羽曳野東IC 国道166号 7.5 大阪方面出入口
5 太子IC/TB 金剛広域農道
〈南河内グリーンロード〉
9.5 南河内郡
太子町
- 太子トンネル 長さ250 m
- 竹内トンネル 長さ1,454 m
奈良県 葛城市
6 葛城IC 国道166号
県道30号御所香芝線
15.8 大阪方面出入口
- 新庄出入口[1]
弁之庄ランプ
大和高田バイパス(高架部) 16.9 接続部の施設名称は
高架部と側道部で異なる
E91 〈大和高田バイパス〉(高架部)(橿原方面)に直結

歴史[編集]

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

  • 太子IC - 竹内トンネル間は完成4車線、葛城IC→太子IC間は登坂車線有り。
区間 車線
上下=上+下
最高速度 備考
美原JCT - 羽曳野IC 4=2+2 80km/h
羽曳野IC - 新庄出入口[1] 2=1+1 70km/h

サービスエリア・パーキングエリア[編集]

南阪奈道路内には、サービスエリアパーキングエリアなどの休憩施設は存在しない(ただし、一般道から太子IC/料金所へ入る手前に同料金所事務所が有り、数台の駐車場とトイレが設置)。

主なトンネルと橋[編集]

  • 暫定2車線の区間のトンネルと橋梁は上下線で1本 。
区間 トンネルの名称 長さ(m) 備考
美原JCT - 美原東IC 0 0 - - -
美原東IC - 羽曳野IC 1 1 羽曳が丘トンネル 340 340
羽曳野IC - 羽曳野東IC 1 大黒トンネル 180
羽曳野東IC - 太子IC 0 - -
太子IC - 葛城IC 1 1 太子トンネル 250 250
1 竹内トンネル 1,454
葛城IC-新庄出入口[1] 0 - -
合計 4 4 実際のトンネルの数は上下合計で6本

道路管理者[編集]

2018年(平成30年)4月1日以降

2018年3月31日以前

  • 大阪府道路公社 : 美原JCT-羽曳野IC(南阪奈有料道路)
  • 西日本高速道路 関西支社
    • 南大阪高速道路事務所 : 羽曳野IC-新庄出入口[1](南阪奈道路)

所轄警察[編集]

料金[編集]

近畿圏における料金体系統一の方針により、2018年4月1日、美原JCT - 羽曳野IC間が大阪府道路公社からNEXCO西日本に移管され、ETC利用を基本とする全線一体の対距離制に移行した[7]。非ETC車は、美原JCT - 羽曳野IC間、羽曳野IC - 新庄出入口間の別に、原則として最大料金を収受する単純支払方式である。

料金車種区分は、美原JCT - 羽曳野IC間が5車種(軽自動車等、普通車、中型車、大型車、特大車)、羽曳野IC - 新庄出入口間は3車種(普通車、大型車、特大車)であったが、全線5車種区分になった。ただし、激変緩和措置として従前の料金(2019年10月1日からはこれに消費税率引上げ分を転嫁した料金)を上限としている。

ETC割引[編集]

時間帯割引
2018年4月1日以降は深夜割引(0時 - 4時、30%引き)のみとなっているが、それまで時間帯割引の対象外であった美原JCT - 羽曳野IC間も割引対象になった。
ETCマイレージサービス
移管に伴い、美原JCT - 羽曳野IC間もポイント付与の対象になった。なお、羽曳野IC - 新庄出入口間ではかつて通勤割引を実施していたが、平日朝夕割引の対象にはなっていない。
三線連続利用割引(廃止)
羽曳野東ICから新庄出入口までの区間において出入りし、公社区間(美原JCT - 羽曳野IC)の全線および阪和道美原JCTから松原JCTまでの全区間を連続利用した場合、最大20%引き。2009年5月13日からは阪和道の料金に阪和道連続利用割引が適用され、美原JCT - 松原JCT間を最大50%引きに拡充[8]
両割引とも2018年3月31日限りで廃止されたが、2018年4月1日からのETC新料金は、両割引を踏まえて設定されている[9]

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
美原JCT/IC - 美原東IC 19,996 22,362 32,659
美原東IC - 羽曳野IC 19,996 22,362 32,659
羽曳野IC - 羽曳野東IC 14,001 19,141 23,052
羽曳野東IC - 太子IC 12,997 17,409 20,784
太子IC - 葛城IC 13,015 17,367 20,295
葛城IC - 新庄 10,657 13,755 15,955

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 南阪奈道路/奈良県公式ホームページ”. 奈良県. 2013年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月12日閲覧。
  2. ^ 地域高規格道路”. 国土交通省近畿地方整備局道路部. 2012年6月12日閲覧。
  3. ^ 高速道路ナンバリング一覧”. 国土交通省. 2017年3月3日閲覧。
  4. ^ 高速道路ナンバリング路線図”. 国土交通省. 2017年3月3日閲覧。
  5. ^ 一部区間に付加車線あり
  6. ^ 大阪府道路公社-南阪奈有料道路”. 大阪府道路公社. 2017年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月12日閲覧。
  7. ^ a b 平成30年4月1日からの近畿圏の新たな高速道路料金について”. 西日本高速道路 (2018年3月2日). 2019年10月14日閲覧。
  8. ^ 2017年6月3日からは、阪和道の料金体系変更に伴い、激変緩和措置として車種ごとに割引額を規定する形となる。
  9. ^ 三線連続利用割引は1円単位での請求であったため、10円単位に四捨五入した額を上回らないようにETC新料金を設定している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]