緊急進入路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

緊急進入路(きんきゅうしんにゅうろ)は、高速道路をはじめとする自動車専用道路において、非常時に管理車両や緊急自動車等が沿線の一般道路からアクセスが可能な様に設けられた道路である。

概要[編集]

災害発生時における非常時の交通の確保のため、あるいは医療施設への患者の搬送時間を短縮するために高速道路等を利用しようとする際、近隣にインターチェンジがないことにより高速道路等が有効に活用されない沿道地域が多く存在する。このため、すぐそばまで一般道路が迫っている地域について、管理車両や緊急車両等に限って一般道路とのアクセスを確保し、高速道路等を有効活用するために設けられたものである。

いずれも通常の料金所などにみられる様な発券装置・ETCゲートなどは設けられておらず、通常は施錠された門扉・フェンスなどにより閉鎖されている。一般の自動車は使用できない。 敷地などの関係で、通常のランプウェイでなくエレベーターを使用している場合もある。

設置されている箇所[編集]

北海道地区[編集]

東北地区[編集]

なし

関東地区[編集]

目白通り

中部地区[編集]

近畿地区[編集]

中国地区[編集]

四国地区[編集]

九州地区[編集]

なし

沖縄地区[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “一般国道317号生口島道路の緊急進入路使用開始について” (プレスリリース), 国土交通省 中国地方整備局 福山河川国道事務所, (2006年12月6日), http://www.cgr.mlit.go.jp/fukuyama/kisya/kisya061206/kisya_061206.html 2012年10月8日閲覧。 
  2. ^ “一般国道55号日和佐道路(由岐IC~美波町北河内間)一般県道由岐港線(田井工区)5月12日より開通” (プレスリリース), 国土交通省徳島河川国道事務所 徳島県, (2007年4月23日), http://www.skr.mlit.go.jp/tokushima/report/info19/h190423/h190423-1.pdf 2012年10月6日閲覧。 
  3. ^ “西予・歯長トンネル付近に緊急車両進入路完成”. 愛媛新聞社. (2012年9月28日). http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120928/news20120928922.html 2012年10月6日閲覧。 

外部リンク[編集]