安曇野インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安曇野インターチェンジ
安曇野インターチェンジ(出口料金所)
安曇野インターチェンジ(出口料金所)
所属路線 E19 長野自動車道
IC番号 5
料金所番号 01-455
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0019.svgJapanese National Route Sign 0147.svg 安曇野 大町 白馬 穂高 豊科
起点からの距離 33.1km(岡谷JCT起点)
梓川SA (3.2km)
(19.7km) 筑北PA
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道57号標識
長野県道57号安曇野インター堀金線

Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道310号標識
長野県道310号柏矢町田沢停車場線
供用開始日 1988年昭和63年)8月3日
通行台数 x台/日
所在地 399-8201
長野県安曇野市豊科南穂高200
テンプレートを表示

安曇野インターチェンジ(あづみのインターチェンジ)は、長野県安曇野市にある長野自動車道インターチェンジである。

安曇野BSが併設されている。中央道方面からの安曇野地域および大町白馬といった大北地域への玄関口である。長野自動車道はこのインターチェンジから隣の麻績インターチェンジとの間で進路を長野市方向に向ける。そのため、白馬方面等の高速バスはこのインターチェンジ高速道路を降りる。

2005年道路関係四公団民営化後は当ICを境に北側(麻績IC側)が東日本高速道路、南側(松本IC側)中日本高速道路の営業範囲となり、当ICは中日本高速道路の管轄となっている。

名称変更の過程[編集]

1988年8月3日の開設当初から旧豊科町に由来して「豊科インターチェンジ」として運用されていたが、「安曇野市・豊科地域インターチェンジ名称検討協議会」における協議の結果、2012年10月7日に合併後の自治体名でもあり知名度も高い「安曇野インターチェンジ」へ改称された[1]。振り仮名は市名同様に「あづみの」となっている[2]

道路[編集]

接続する路線[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:8

入口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:5
    • ETC専用:2
    • 一般:3

周辺[編集]

安曇野バスストップ[編集]

安曇野バスストップ(あづみのバスストップ)は、長野県安曇野市長野自動車道安曇野インターチェンジ内に併設されている高速バス停留所

本停留所に停車する高速バスは、旅客案内上の停留所名を「長野道安曇野」と案内している。2013年3月31日までは豊科バスストップであり、旅客案内上の停留所名は「長野道豊科」であった[3]

停車する路線[編集]

[編集]

E19 長野自動車道
(4) 松本IC - (4-1) 梓川SA/SIC - (5) 安曇野IC - 筑北PA - (6) 麻績IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]