宝塚インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宝塚インターチェンジ
料金所
料金所
所属路線 E2A 中国自動車道
IC番号 3
料金所番号 01-303
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0176.svg 宝塚 尼崎
起点からの距離 16.6km(吹田JCT起点)
中国池田IC (6.1km)
(7.5km) 西宮名塩SA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0176.svg国道176号
兵庫県道42号尼崎宝塚線
供用開始日 1970年7月23日
通行台数 32,762台/日(2006年度)
所在地 665-0821
兵庫県宝塚市安倉北1丁目2003
テンプレートを表示

宝塚インターチェンジ(たからづかインターチェンジ)は、兵庫県宝塚市にある、中国自動車道上のインターチェンジ吹田JCTから17km地点。バスストップも併設している。

概要[編集]

宝塚市伊丹市尼崎市西宮市北部の名塩方面へ行く時に便利である(但し京都方面から尼崎市の中心部へ行く場合は、名神高速道路尼崎ICの方が便利)。大阪側からは最初の、北九州側からは最後のフルインターチェンジでもある。 また週末や連休には当インター周辺を先頭に渋滞が多発している(詳細は宝塚東・宝塚西トンネルを参照のこと)。渋滞が激しい場合は30キロを超えることもある。

昭和40年代と平成一桁代に、当インターチェンジと阪神高速道路を結ぶ縦断路線(武庫川線阪神間南北線)が計画されたことがあるが、いずれの計画も建設の目途がたたぬまま立ち消えとなっている。

道路[編集]

案内板

接続する道路[編集]

  • 国道176号
    • ナビなどでは、宝塚 尼崎 川西方面と案内もされる。また、実際に出口料金所を越えてから、←川西 ↑尼崎 宝塚 という看板がある。
  • 兵庫県道42号尼崎宝塚線 (尼宝線)

料金所[編集]

  • ブース数:12 

入口[編集]

  • ブース数:5
    • ETC専用:2
    • ETC・一般:1
    • 一般:1
  • 時間帯により、ETC専用レーンは、ETC・一般に変更になる場合がある。

出口[編集]

  • ブース数:8
    • ETC専用:4
    • ETC・一般:2
    • 一般:2

歴史[編集]

  • 1970年7月23日中国豊中IC - 宝塚IC間開通。
  • 1974年6月4日:青葉台問題により、宝塚IC - 西宮北IC開通の目途が立たなくなっていたため、同区間に生瀬・尼子仮出入口を設置、宝塚IC - 生瀬仮出入口は現在の上り線を、尼子仮出入口 - 西宮北ICは現在の下り線を使っての対面通行で暫定供用された。また二つの仮出入口間は、一般道を介す形になっていた。
    (国土画像観覧システム昭和49年度版より)
  • 1975年10月16日:宝塚IC - 西宮北IC間開通。
    同区間の供用に伴い二つの仮出入口は閉鎖、また対面通行も解消され、中国池田IC - 西宮北ICが上下線共に3車線となった。

バス停留所[編集]

料金所そばに高速バス専用のバス停留所が設けられている。停留所設備は高速道路外に設けられており、停車するバスはいったん料金所を出て乗客扱いを行う形になる。

停車する路線[編集]

バス停へのアクセス[編集]

  • 宝塚市立病院前(宝塚インター前)(国道上)バス停から徒歩約2 - 3分
    • 阪急バス72系統・75系統・76系統・77系統・78系統・79系統・82系統・83系統・183系統・空港宝塚線
    • 阪神バス宝塚甲子園線
  • 阪神バス杭瀬宝塚線・尼崎宝塚線(宝塚線) 小浜バス停から徒歩約7 - 8分

上手く利用すれば、高速バスと路線バスをこの停留所で乗り継いで伊丹空港へアクセスすることができる。参照元:阪急バスのサイト

周辺[編集]

[編集]

E2A 中国自動車道
(2) 中国池田IC - (3) 宝塚IC - 西宮名塩SA- (4) 西宮山口JCT - (5) 西宮北IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]