伊北インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊北インターチェンジ
Ihoku IC toll gate.JPG
料金所
所属路線 E19 中央自動車道
IC番号 22
料金所番号 01-422
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0153.svg 伊北 辰野 箕輪
起点からの距離 196.0 km(高井戸IC起点)
辰野PA (4.0 km)
(9.5 km) 伊那IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0153.svg国道153号
供用開始日 1976年昭和51年)9月18日
通行台数 x台/日
所在地 399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪沢1494-1
テンプレートを表示
伊北インターチェンジ
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1976年度撮影)。
出口付近

伊北インターチェンジ(いほくインターチェンジ)は、長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪と辰野町大字伊那富にまたがる中央自動車道インターチェンジである。

周辺に「伊北」という地名は存在しない。当インターは「伊那地方の北にある」という意味で命名された。

中央道の管轄はこのインターを境に東京方面が中日本高速道路八王子支社(旧日本道路公団東京第三管理局)、名古屋方面が名古屋支社(旧日本道路公団中部支社)となる(伊北ICは名古屋支社の管轄)。

道路[編集]

接続する路線[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:5 

入口[編集]

  • ブース数:2 
    • ETC専用:1 
    • 一般:1 

出口[編集]

  • ブース数:3 
    • ETC専用:1 
    • 一般:2 

周辺[編集]

アクセス地域[編集]

箕輪町、辰野町

長野自動車道の開通前は、ここから辰野方面に国道153号善知鳥(うとう)峠を経由し、塩尻・松本方面に向かう車両が多かった。

伊北インター前バス停[編集]

伊北インター前バス停は、伊北インターチェンジ出口付近の国道153号上に設置されているバス停留所である。

箕輪(伊那バス箕輪営業所または箕輪町役場入口)発着となる路線(名古屋・大阪方面)が停車する(新宿方面への中央高速バスや松本・長野方面へのみすずハイウェイバスは停車しない)。[1]

停車する路線[編集]

注記[編集]

  1. ^ 過去に、高速バス「南アルプス号」新宿駅新南口行きがJRバス関東の停留所名が、伊北インターで停車していた。

[編集]

E19 中央自動車道
(21) 岡谷JCT - 川岸BS - 辰野PA - (22) 伊北IC - 箕輪BS - (23) 伊那IC

関連項目[編集]