浜田自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高速自動車国道
(有料)
浜田自動車道
E74 浜田自動車道
地図
路線延長 56.6 km
開通年 1989年平成元年)
- 1991年(平成3年)
起点 北広島町千代田JCT
主な
経由都市
邑南町
終点 浜田市浜田IC
接続する
主な道路
記法
E2A 中国自動車道
E9 山陰自動車道
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
瑞穂IC手前2 kmの上り線

浜田自動車道(はまだじどうしゃどう、HAMADA EXPRESSWAY)は、広島県山県郡北広島町から島根県浜田市へ至る高速道路高速自動車国道)である。略称は浜田道(はまだどう、HAMADA EXPWY)。中国横断自動車道広島浜田線千代田ジャンクション (JCT) 以北の区間と山陰自動車道浜田JCT - 浜田インターチェンジ (IC) の道路名である。高速道路ナンバリング(高速道路等路線番号)では、広島自動車道中国自動車道(広島北JCT - 千代田JCT間、「E2A」と重複ナンバリング)とともに「E74」が割り振られている。

概要[編集]

1989年平成元年)10月18日に旭インターチェンジ(IC) - 浜田ICで供用を開始し、1991年平成3年)12月7日に全線開通した。

全区間を西日本高速道路(NEXCO西日本)が管理・運営している。

付加車線設置、4車線化の動き[編集]

浜田自動車道は暫定2車線での供用となっている。2019年(令和元年)9月、国土交通省 第35回国土幹線道路部会にて「高速道路における安全・安心基本計画」が検討され、4車線化の優先整備区間として、瑞穂IC - 金城PA/SIC が選定された。調査設計の上、事業費、財源状況を踏まえて順次事業化される見込み[1]

インターチェンジなど[編集]

IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
25 千代田JCT E2A 中国自動車道 0.0 - 広島県 山県郡
北広島町
- 千代田西BS - 2.1
- 蔵迫チェーン脱着所[2] - 4.8[3] -
1 大朝IC 国道261号
県道5号浜田八重可部線
12.6
- 寒曳山PA - 16.5
- 大塚チェーン脱着所 - 18.7[4] -
- 猪子山TN - - 長さ 2,595 m
島根県 邑智郡
邑南町
- 市木チェーン脱着所 - 22.3[5] - 猪子山トンネルに隣接
2 瑞穂IC 県道5号浜田八重可部線
県道50号田所国府線
24.2
- チェーン脱着所 - - 大朝・広島方面 浜田市
- 重富BS - 34.9
- 旭チェーン脱着所[2] - 36 -
3 旭IC 県道329号桜江旭インター線
県道52号弥栄旭インター線
39.2
3-1 金城PA/SIC 47.0
3-2 浜田JCT E9 山陰道江津道路 55.3 -
- 浜田TB - 56.0 -
4 浜田IC 国道9号E9 浜田バイパス 56.6

歴史[編集]

路線状況[編集]

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度 備考
千代田JCT - 浜田JCT 2=1+1
(暫定2車線)
70 km/h 各JCT・IC・PA付近は一部、4車線
浜田JCT - 浜田IC 4=2+2 50 km/h

サービスエリア・パーキングエリア[編集]

サービスエリア (SA) は設置されていない。

また、売店については寒曳山パーキングエリア (PA) 上り線のみ設置されており、その他のPAは自動販売機軽食〈寒曳山PA上下線〉・飲料)による物販がなされている。ガソリンスタンドについては全線にわたり設置されていない。

主なトンネル[編集]

トンネルの数[編集]

区間 上り線 下り線
千代田JCT - 寒曳山PA 0 0
寒曳山PA - 瑞穂IC 1 1
瑞穂IC - 旭IC 4 4
旭IC - 金城PA 0 0
金城PA - 浜田JCT 1 1
浜田JCT - 浜田IC 0 0
合計 6 6

道路管理者[編集]

ハイウェイラジオ[編集]

  • 大朝(大朝IC - 猪子山トンネル)

交通量[編集]

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成17(2005)年度 平成22(2010)年度 平成27(2015)年度
千代田JCT - 大朝IC 03,666 05,206 03,912
大朝IC - 瑞穂IC 02,888 04,740 03,121
瑞穂IC - 旭IC 02,788 04,665 02,887
旭IC - 金城PASIC 02,620 06,323 02,766
金城PASIC - 浜田JCT 02,608 06,649 02,711
浜田JCT - 浜田IC 03,365 13,092 04,060

(出典:「平成22年度道路交通センサス」・「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

  • 平成22年度は、調査期間中において高速道路無料化社会実験が行われていたため、一部の交通量に影響が見られる。

2002年度 日交通量(台)[6]

  • 全線(平均) : 3,695(前年度比97.0%)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 審議会・委員会等:第35回国土幹線道路部会 配付資料 - 国土交通省”. www.mlit.go.jp. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ a b チェーン規制区間 (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局・西日本高速道路. p. 6 (2018年12月27日). 2019年1月5日閲覧。
  3. ^ Google ストリートビュー 広島県山県郡北広島町蔵迫”. Google ストリートビュー (2011年8月). 2014年1月17日閲覧。
  4. ^ Google ストリートビュー 広島県山県郡北広島町大塚”. Google ストリートビュー (2011年8月). 2014年1月17日閲覧。
  5. ^ Google ストリートビュー 島根県邑智郡邑南町市木”. Google ストリートビュー (2011年8月). 2014年1月17日閲覧。
  6. ^ 2003年度日本道路公団年報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]