高速道路株式会社法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高速道路株式会社法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 高速道路会社法
法令番号 平成16年法律第99号
効力 現行
種類 交通法
主な内容 高速道路会社の運営
関連法令 高速自動車国道法
条文リンク 法令データ提供システム
テンプレートを表示

高速道路株式会社法(こうそくどうろかぶしきがいしゃほう、平成16年6月9日法律第99号)は、道路関係4公団を民営化した6つの株式会社の事業の範囲等を定めた、日本の法律である。通称は高速道路会社法。最終改正は平成17年(2005年7月29日法律第89号。所管官庁は国土交通省

概要[編集]

いわゆる道路公団民営化の議論を経て成立した法律であり、「道路関係4公団民営化関係4法」と総称される法律の一つである。残りの3法は以下。

本法の内容は、先例とされた国鉄分割民営化時の「旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律(JR会社法)」の内容を基本的に踏襲している。ただし、発行株式の 1/3 を政府[1](首都・阪神・本四連絡は地方公共団体も含む)保有と明記したり、事業内容を細かく規定しているなど、JR会社法より規制色の強い内容となっている。

設立された会社[編集]

日本道路公団は、国鉄同様、地域別に分社化されて民営化した。
(附則第2条の規定により、将来的にNEXCO西日本と合併することとされている。)

法律の構成[編集]

  • 第1章 総則(第1条 - 第4条)
  • 第2章 事業等(第5条 - 第14条)
  • 第3章 雑則(第15条 - 第17条)
  • 第4章 罰則(第18条 - 第23条)
  • 附則

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名義はごく一部(例:NEXCO3社の 0.05 %財務大臣)を除き国土交通大臣