高速道路交流推進財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

財団法人高速道路交流推進財団(こうそくどうろこうりゅうすいしんざいだん)は、日本の高速道路に関する公益事業と、一般国道サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)の整備・管理・運営を行う公益法人。 2013年3月1日をもって、財団法人国土計画協会と合併して消滅法人として解散した。元国土交通省所管。

概要[編集]

1965年財団法人道路施設協会として設立され、1998年の法人分割時に財団法人道路サービス機構(愛称:J-SaPa(ジェイサパ))に改称。かつては日本全国各地の高速道路(特に旧日本道路公団管理の道路が中心)上のSA・PAの管理・運営を一手に引き受けていた(一部を除く)が、道路関係四公団民営化に伴い、2006年4月1日付けで、一部を除き(後述)、それぞれ、ネクセリア東日本東日本高速道路のSA・PA運営子会社)、中日本エクシス中日本高速道路のSA・PA運営子会社)、西日本高速道路サービス・ホールディングス西日本高速道路のSA・PA運営子会社)に事業を承継し、現名称に改称した。

なお、道路サービス機構時代には、秋田県[1]山形県[2]東京都石川県三重県島根県[3]香川県高知県長崎県大分県[4]には、この道路サービス機構(ジェイサパ)のサービスエリアやパーキングエリアは、一箇所も存在しなかった。山形・島根には、ハロースクエアのサービスエリアやパーキングエリアも存在しなかった。

沿革[編集]

組織[編集]

  • 総務部
    • 総務課
  • 企画部
    • 企画一課
    • 企画二課

主な事業[編集]

2009年3月、景気対策の一環として、ETC車載器購入費助成に、JH時代に形成した約340億円の資産のうち最大約60億円を拠出する。

脚注[編集]

  1. ^ 秋田県内には、この道路サービス機構(ジェイサパ)の管理するサービスエリアやパーキングエリアは存在しなかったが、岩手県内秋田自動車道錦秋湖SAに同道として唯一の道路サービス機構(ジェイサパ)のサービスエリアが存在していた。
  2. ^ 山形県には、ハイウェイ交流センター(ハロースクエア)はおろかこの道路サービス機構(ジェイサパ)のサービスエリアやパーキングエリアすら存在しなかったが、宮城県内山形道古関PAに同道として唯一の道路サービス機構(ジェイサパ)のパーキングエリアが存在していた。
  3. ^ 島根県には、ハイウェイ交流センター(ハロースクエア)はおろかこの道路サービス機構(ジェイサパ)のサービスエリアやパーキングエリアすら存在しなかったが、広島県内浜田道寒曳山PAに同道として唯一の道路サービス機構(ジェイサパ)のパーキングエリアが存在していた。
  4. ^ 大分県には、この道路サービス機構(ジェイサパ)の管理するサービスエリアやパーキングエリアは、存在しなかったが、福岡県内大分道山田SAに同道として唯一道路サービス機構のサービスエリアが存在していた。
  5. ^ SA・PAの運営・管理は、一部を除き、ネクセリア東日本などに引き継がれる。
  6. ^ トイレと自動販売機コーナーのみ。レストランと売店は先行して2月11日に営業終了。
  7. ^ その後、西日本高速道路が管理を継承し2012年4月から5月にかけてセブン-イレブンと飲食店がオープンしている。
  8. ^ トイレと自動販売機コーナーのみ。レストランと売店は先行して3月20日に営業終了。

外部リンク[編集]