中日本エクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中日本エクシス株式会社
Central Nippon Exis Company Ltd.
NEXCO Central.png
Nagoya Hirokoji Building 20140824.JPG
名古屋本社が入居する名古屋広小路ビルヂング(2014年8月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
460-0008、105-6007(東京本社)
愛知県名古屋市中区2丁目3番1号 名古屋広小路ビルヂング18階
(東京本社)東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー7F
設立 2005年12月8日
業種 サービス業
事業内容 中日本エリアにおけるサービスエリア・パーキングエリアの管理運営
代表者 代表取締役社長 勝美雄次
資本金 4,500万円
従業員数 連結:1,050人
単体:270人
主要株主 中日本高速道路 100%
主要子会社 中日本ハイウェイアドバンス(株) 100%
中日本ハイウェイリテール横浜(株)
外部リンク http://www.c-exis.co.jp/
テンプレートを表示

中日本エクシス株式会社(なかにほんエクシス)は、愛知県名古屋市中区に本社がある中日本高速道路(NEXCO中日本)管轄内のサービスエリアパーキングエリアの管理運営会社である。

「エクシス (EXIS)」は、「高速道路」を指す "EXpressway" と「オアシス (oasIS) 」との造語。

歴史[編集]

財団法人道路サービス機構(J-SaPa)と財団法人ハイウェイ交流センター(HELLO SQUARE)が管理してきた高速道路にあるサービスエリアパーキングエリアのうち、NEXCO中日本管内のものを2006年4月1日に引き継いだ。

運営対象外のSA・PA[編集]

刈谷PAを除きいずれも第三セクターによる運営である。

サービス等[編集]

速弁[編集]

中日本エクシスとJTB中部との共同事業で、サービスエリア・パーキングエリアにて高級弁当の販売に力を注いでいる。

電子マネーの利用[編集]

中日本エクシスの全てのSA・PAでは売店・レストランにおいてEdyを使用することが出来る。

ただし、軽食の食券購入やテナントのコンビニの一部などでは利用できない。Edyギフトの受け取りはエリアコンシェルジュ(いわゆる「インフォメーションコーナー」)で行える。

エリアスタンプ[編集]

2007年から中日本エリア管内138箇所のうち、トイレのみの施設を除くSA・PAに設置されている。すべてのスタンプに社名表示が入っていない。その代わりスタンプには道路名のほか、SA・PA名が入るようになった。その後2011年までに141箇所に増えている。

スタンプ一覧は公式サイト内一覧を参照。

スタンプが設置されていない主なエリア

ぷらっとパーク[編集]

サービスエリアおよびパーキングエリアを、一般道から利用できるように設けられた施設。徒歩での利用のみに限られ、車両の本線流入出はできない。

NEXCO西日本管内のSA・PAを管理する西日本高速道路サービス・ホールディングスでは同様のサービスとしてウェルカムゲートという施設を整備している。

設置箇所については公式サイトぷらっとパークを参照。

サービスエリアガイド[編集]

サービスエリアのコンシェルジュコーナーにおいて無料で配布されている高速道路地図である。サービスエリアガイドという名称であるため、高速道路地図がメインではなく地図の裏側に掲載されているサービスエリア・パーキングエリアの営業時間などの情報やお勧めグルメなどの紹介がメインである。地図は、道路施設協会時代から発行されていた「SA・PAガイド」の様式をほぼそのまま継承している。

毎年四半期(1月・4月・7月・10月)に発行されており、東名・新東名版、中央自動車道版、名神・北陸道版の3種類が存在し、各版の主要掲載道路は以下のとおりである。かつては、東版(現在の東名・新東名版及び中央自動車道版)と西版(現在の名神・北陸道版)の2種類だったが、2012年4月号からは3種類になった。

配布箇所については公式サイト内配布場所案内を参照。

全国版高速道路地図[編集]

サービスエリアガイドの他に、サービスエリアのコンシェルジュコーナーにて有料(400円)で販売している。

2009年4月1日より毎年、各年度版を販売しており、B2サイズで表裏に地図を掲載し4部1セットである。サービスエリアガイドとは違い上質な用紙を使用し、地図は簡易ケースに入っている。2011年度版までは300円であったが、2012年度版より今までの道路地図にICとSA、PAを掲載した略路線図と全国地図が追加されて400円に値上げした。

NEXCO中日本管轄のサービスエリアのコンシェルジュコーナーに限らず、NEXCO中日本バーチャルサービスエリア(通信販売)や一部のNEXCO西日本・NEXCO東日本のサービスエリアでも販売している。

高速家族[編集]

中日本エクシスが2007年7月から発行している高速道路のサービスエリアパーキングエリア、お土産品などを紹介しているフリーペーパー。隔月20日(創刊号のみ奇数月、2号以降から偶数月)に発行していたが、2011年度は震災の影響などにより、奇数月の15日発行となっている。2011年度からは制作をサンケイリビング新聞社が行っており、読者モデルの家族が実際にSA・PAに行ってお土産を買ったり食事をしたりする様子をレポートする「ドライブ日記」のページが新たに加わるなど、よりいっそう読者にとって親しみやすい内容となった。エリアコンシェルジュのあるSA・PAで入手できる。

リニューアルしたり、特徴のあるSA・PAをクローズアップして紹介する「ピックアップ SA・PA」、SA・PAの旬な情報を紹介する「旬トレ」、読者モデル登場の「ドライブ日記」、子育て中のママのための「高速ママサポーターズクラブ」、ドライブに関するお役立ち情報のページ「ドライブトリビア」、沿線別にご当地者のお土産品や食事を紹介する「ハイウェイ旅すごろく」、読者投稿コーナー「高速写真館」などのコンテンツで構成されている。「ハイウェイ旅すごろく」は、携帯電話の二次元コードを読み込むと、画面にサイコロが現れ、スゴロクを楽しみながら読めるユニークなしかけになっている。

公衆無線LAN[編集]

主要なSAにおいて、公衆無線LANFREESPOTが設置されている。コンシェルジュコーナー付近が受信範囲。

SAPAカメラ[編集]

3月から富士川サービスエリア(上り線)と浜名湖サービスエリアに設置したWebカメラでの、富士山浜名湖のライブ映像をホームページで表示を開始した。SAPAカメラ

EXPASA(エクスパーサ)[編集]

一部のサービスエリアについては、商業施設EXPASA」としてリニューアルしている。「EXPASA御在所」(東名阪自動車道 御在所SA(上下線))を皮切りに今後展開していく。

NEOPASA(ネオパーサ)[編集]

新東名高速道路のサービスエリア・パーキングエリアについては、商業施設NEOPASA」としてオープンしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]