コンテンツにスキップ

ひるがの高原サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひるがの高原サービスエリア
ひるがの高原スマートインターチェンジ
ひるがの高原サービスエリア(下り線)
所属路線 E41 東海北陸自動車道
IC番号 11-1
料金所番号 01-229
本線標識の表記 ひるがの高原
起点からの距離 91.5[1] km(一宮JCT起点)
高鷲IC (7.1 km)
(6.8 km) 荘川IC
供用開始日 1999年平成11年)11月27日[1] (SA)
2009年(平成21年)4月1日[2][3] (SIC)
通行台数 1,067台/日(2012年)[4]
※2013年以降は非公表
スマートIC 24時間
上り線事務所 24時間
上り線GS apollostation
24時間
下り線事務所 24時間
下り線GS apollostation
24時間
所在地 501-5302
岐阜県郡上市高鷲町鷲見
北緯35度59分16.08秒 東経136度54分37.55秒 / 北緯35.9878000度 東経136.9104306度 / 35.9878000; 136.9104306座標: 北緯35度59分16.08秒 東経136度54分37.55秒 / 北緯35.9878000度 東経136.9104306度 / 35.9878000; 136.9104306
備考 ETC専用インターチェンジ
テンプレートを表示

ひるがの高原サービスエリア(ひるがのこうげんサービスエリア)は、岐阜県郡上市高鷲町東海北陸自動車道上にあるサービスエリアである。

ETC専用のスマートインターチェンジであるひるがの高原スマートインターチェンジ(ひるがのこうげんスマートインターチェンジ)を併設している。

概要

[編集]

標高約850mに立地し[5]日本一標高の高い場所にあるサービスエリアである[注 1][5]大日ヶ岳が目の前に広がり、天気が良ければ白山を眺めることもできる。

2007年5月2日に上り線のファミリーマート[6]2007年7月31日に下り線のサークルK(当時、現在のファミリーマート)が、2008年3月25日に上下線のガソリンスタンドがそれぞれオープンした[要出典]

歴史

[編集]

道路

[編集]
ひるがのスマートインターチェンジ

施設

[編集]

上り線(名古屋・大阪方面)

[編集]
ひるがの高原SA(上り線・岐阜方面)

下り線(金沢・高山方面)

[編集]
下りSAと大日ヶ岳
紅葉に染まる大日ヶ岳白山国立公園
混雑する下り線 2007年撮影
  • 駐車場
    • 大型 - 16台
    • 小型 - 100台
  • トイレ
    • 男性 - 大6・小9
    • 女性 - 26
      • 同伴の男児用 - 1
    • 車椅子用 - 1
  • ガソリンスタンド(apollostation(エネクスフリート)・セルフ式、24時間営業)
    • 以前は伊藤忠エネクス(株)→コーナンフリート(株)→中日本エクシス(株)が運営していた[要出典]
    • 北陸道(新潟金沢)方面に向かう場合、次に給油所がある施設は小矢部川SA(約95Km先)か有磯海SA(約150Km先)[14][15][16]となる。また、能越道方面に向かう場合、当施設が最終給油所となる。
  • 給電スタンド(24時間)
  • ファミリーマートひるがの高原SA下り店(24時間営業)
  • 自動販売機

高速ひるがの高原バスストップ

[編集]
高速バス利用者の連絡路

2010年4月1日より、岐阜バスが運行する高速白川郷線が停車するために新設された[要出典]

停車する路線

[編集]

岐阜バス濃飛バス 岐阜高山線

  高速関ー高速ひるがの高原BSー高山市役所前(下り)ー高山濃飛バスセンター

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ ただしパーキングエリアも含めると東海北陸自動車道の松ノ木峠PAが日本一である。

出典

[編集]
  1. ^ a b c 東名高速 2011, p. 45.
  2. ^ a b 東海北陸自動車道ひるがの高原スマートインターチェンジ~平成21年4月1日から本格運用開始~” (PDF). ひるがの高原スマートIC地区協議会 (2009年4月3日). 2021年8月15日閲覧。
  3. ^ a b スマートIC開通箇所” (PDF). 国土交通省道路局 (2021年8月6日). 2021年8月15日閲覧。
  4. ^ a b c ひるがの高原スマートIC~開通後の利用状況及び整備効果~” (PDF). 郡上市建設部都市住宅課 (2013年4月26日). 2021年8月15日閲覧。
  5. ^ a b 東名高速 2011, p. 44.
  6. ^ a b 中日本高速道路内にファミリーマート登場!5月2日(水)ひるがの高原SA(上り)店開店!』(プレスリリース)ファミリーマート、2007年5月1日https://www.family.co.jp/company/news_releases/2007/20070501_01.html2021年8月15日閲覧 
  7. ^ 東名高速 2011, p. 62.
  8. ^ a b 東海北陸自動車道全線四車線化総決起大会の開催について” (PDF). 富山県土木課 (2019年1月23日). 2022年9月5日閲覧。
  9. ^ a b c NEXCO中日本、東海北陸道 白鳥IC~飛騨清見ICの4車線化完了。名神 一宮JCTまで120kmが4車線に”. トラベルWatch (2019年3月8日). 2022年9月5日閲覧。
  10. ^ NEXCO中日本、北陸道など3路線で5カ所のスマートICを4月から営業開始”. Car Watch (2009年3月31日). 2021年8月15日閲覧。
  11. ^ 『高速道路五十年史』編集委員会(編)『高速道路五十年史』東日本高速道路中日本高速道路西日本高速道路、2016年2月、資料39頁。 
  12. ^ “中日本高速、白鳥IC―高鷲IC間を4車線化、11月30日から”. 日本経済新聞. (2018年11月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38038790R21C18A1L91000/ 2022年9月5日閲覧。 
  13. ^ a b 4月13日土曜日東海北陸自動車道 白鳥・飛騨清見間4車線化完成祝賀会を開催しました”. 高山市建設部建設課 (2019年4月16日). 2022年9月5日閲覧。
  14. ^ 【全リスト】ガソリンスタンド空白地帯 150キロ以上16カ所も”. withnews (2015年9月19日). 2021年8月15日閲覧。
  15. ^ 東海北陸道での路外給油サービス社会実験を1年間延長”. Response. (2018年7月13日). 2021年8月15日閲覧。
  16. ^ 高速道路に乗る前に知っておきたい! ガソリンスタンド150キロ以上不在区間”. クローズアップ現代 (2022年9月6日). 2022年9月6日閲覧。

参考文献

[編集]
  • 『東名高速をゆく』イカロス出版、2011年9月30日。ISBN 978-4-86320-484-3 

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]
ひるがの高原スマートIC関連