一宮ジャンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一宮ジャンクション
Ichinomiya junction 2007.jpg
一宮ジャンクションの航空写真(2007年撮影)。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 25-1
本線標識の表記 (上り線)
E41 東海北陸道 岐阜 高山
E1 東名 静岡 E19 中央道
Japanese Urban Expwy Sign 0016.svg 名古屋高速
(下り線)
E41 東海北陸道 岐阜 高山
E1 名神 E8 北陸道 京都
起点からの距離 359.4 km(東京IC起点)
一宮IC (4.4 km)
(6.6 km) 羽島PA
所属路線 E41 東海北陸自動車道
本線標識の表記 E1 名神 名古屋
E1 東名 静岡
E1 名神 京都 大阪
起点からの距離 0.0 km(一宮稲沢北IC起点)
一宮稲沢北IC (0.0 km)
(1.0 km) 一宮西IC
供用開始日 1998年平成10年)12月13日
通行台数 x台/日
所在地 491-0926
愛知県一宮市大和町北高井
北緯35度16分57.44秒 東経136度46分53.56秒 / 北緯35.2826222度 東経136.7815444度 / 35.2826222; 136.7815444
テンプレートを表示
東海北陸道上り線の分岐(2021年令和3年)3月)

一宮ジャンクション(いちのみやジャンクション)は、愛知県一宮市名神高速道路東海北陸自動車道ジャンクションである。

概要[編集]

開通は1998年平成10年)12月13日

全区間高架橋構造であり、「鋼管井筒基礎」、「鋼橋脚」、「鋼箱桁橋」などが採用されている。一般道への出入りは近隣の一宮稲沢北IC(当JCTとの相互利用は不可)、一宮西IC、または一宮ICを利用する。このJCTの真下を南北に貫く形で愛知県道14号岐阜稲沢線西尾張中央道)が走っており、計画されている一宮西港道路への接続が考慮されている。

名神下り線では、土曜・日曜および長期連休中(ゴールデンウィークお盆年末年始)に当ジャンクションを先頭とする渋滞が発生しやすく、最後尾は小牧IC付近や名古屋高速16号一宮線清洲JCT付近まで伸びることがある。この渋滞の解決策として名古屋高速一宮線の一宮木曽川ICまでの延伸(直下の国道22号名岐バイパス)及び同バイパスとの交差道路の渋滞緩和も期待)が計画中である。

なお名神下り線のJCT手前には、飛驒清見ICから先は(飛驒トンネル区間)危険物積載車両通行禁止であることを示す標識が設けられている。

道路[編集]

[編集]

E1 名神高速道路
(25)一宮IC - (25-1)一宮JCT - 羽島PA(下り線のみ) - (25-2)岐阜羽島IC
E41 東海北陸自動車道
(1)一宮稲沢北IC - (25-1)一宮JCT - (1-1)一宮西IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]