一宮インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一宮インターチェンジ
国道22号名古屋方面側の入口直上の高架橋は名古屋高速16号一宮線
国道22号名古屋方面側の入口
直上の高架橋は名古屋高速16号一宮線
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 25
料金所番号 01-202(出入口)
01-223(名古屋高速)
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0022.svgJapanese Urban Expwy Sign 0016.svg
(上り線)一宮 名古屋
(下り線)一宮 名古屋高速
起点からの距離 355.0km(東京IC起点)
尾張一宮PA (1.8km)
(4.4km) 一宮JCT
所属路線 Japanese Urban Expwy Sign 0016.svg 名古屋高速16号一宮線
料金所番号 01-223・41-523
本線標識の表記 一宮
起点からの距離 6.3km(清洲JCT起点)
一宮南出口 (0.7km)
接続する一般道 名岐バイパス国道22号
供用開始日 (名神)1964年9月6日
(名高速)2005年2月11日
通行台数 (名神)36,407台/日(2006年度)
(名高速)31,184台/日(2014年度)
所在地 491-0824
愛知県一宮市丹陽町九日市場字竹之宮204
テンプレートを表示

一宮インターチェンジ(いちのみやインターチェンジ)は、愛知県一宮市丹陽町にある名神高速道路インターチェンジである。

概要[編集]

一宮市近郊の尾張地区の最寄のインターチェンジで一宮市以外にも稲沢市清須市北名古屋市にも近い。名古屋高速16号一宮線および名岐バイパス国道22号)に接続する。名古屋高速道路と接続する料金所では、名古屋高速の料金収受と名神高速の料金処理(通行券の発券、料金の収受)を同時に行う。名神高速と名古屋高速とは清洲JCT方面のみ接続しており、一宮東・一宮中方面と名神高速との行き来は出来ない。

なお稲沢市との市境近くにあり、料金所の一部は稲沢市域に所在する。

名神上り線では、土休日および長期連休中に当ICを先頭とする渋滞が発生しやすく、最後尾は関ヶ原インターチェンジ付近や東海北陸自動車道一宮木曽川インターチェンジ付近まで伸びることもある。

接続する道路[編集]

料金所[編集]

レーン運用は、時間帯やメンテナンスなどの事情により変更される場合がある。

  • レーン数 : 23

入口[編集]

  • レーン数 : 9
名古屋高速→名神乗継

名古屋高速の料金を収受し、名神高速の通行券を渡す。

  • レーン数 : 6
    • ETC専用 : 3
    • 一般 : 1
    • 休止中 : 2
一般道からの入口
  • レーン数 : 3
    • ETC専用 : 1
    • ETC/一般 : 2

出口[編集]

  • レーン数 : 14
一般道への出口
  • レーン数 : 6
    • ETC専用 : 3
    • 一般 : 1
    • 休止中 : 2
名神→名古屋高速乗継

名神高速の料金と名古屋高速の料金を合併収受する。

  • レーン数 : 8
    • ETC専用 : 3
    • 一般 : 1
    • 休止中 : 4

[編集]

E1 名神高速道路
(24)小牧IC - 尾張一宮PA - (25)一宮IC - (25-1)一宮JCT - 羽島PA - (25-2)岐阜羽島IC
Japanese Urban Expwy Sign 0016.svg 名古屋高速16号一宮線
(1603,1613)一宮西春出入口 - (1604)一宮南出口 - 一宮出入口 - (1605,1615)一宮東出入口

関連項目[編集]

外部リンク[編集]