美濃関ジャンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美濃関ジャンクション
Mino-Seki Junction from Mount Tenno.jpg
天王山から望む美濃関ジャンクション(2018年10月)
所属路線 E41 東海北陸自動車道
IC番号 5-1
起点からの距離 31.4 km(一宮JCT起点)
長良川SA (1.3 km)
(1.0 km) 美濃IC
所属路線 C3 東海環状自動車道
起点からの距離 73.0 km(豊田東JCT起点)
富加関IC (7.0 km)
(2.9 km) 関広見IC
供用開始日 2005年3月19日
通行台数 x台/日
所在地 501-3217
501-3755
岐阜県関市下有知
岐阜県美濃市志摩
北緯35度31分1.04秒 東経136度53分58.11秒 / 北緯35.5169556度 東経136.8994750度 / 35.5169556; 136.8994750
テンプレートを表示
各務原アルプスの明王山から望む美濃関ジャンクション
東海北陸自動車道の美濃関ジャンクション付近(上り線)

美濃関ジャンクション(みのせきジャンクション)は、岐阜県美濃市関市にある東海北陸自動車道東海環状自動車道を結ぶジャンクションである。

東海北陸自動車道の当JCTから一宮稲沢北ICまでの区間および東海環状自動車道の全線では、高速料金が大都市近郊区間の料金水準となる[1]

接続する路線[編集]

歴史[編集]

[編集]

E41 東海北陸自動車道
(5)関IC - 関SA(上り線のみ) - 長良川SA(下り線のみ) - (5-1)美濃関JCT - (6)美濃IC
C3 東海環状自動車道
(10)富加関IC - (5-1)美濃関JCT - (11)関広見IC

その他[編集]

  • ランプの曲線橋の一部は川田工業が施工、鋼・コンクリート混合桁形式が採用された。曲線部の曲率半径は80m。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 料金の額及びその徴収期間 (PDF)”. 1.高速自動車国道中央自動車道富士吉田線等に関する事業変更について. 中日本高速道路. pp. 3,30,36-40 (2020年5月1日). 2021年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]