鞍ヶ池パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鞍ヶ池パーキングエリア
鞍ヶ池スマートインターチェンジ
The Observatory and FamilyMart in Kuragaike PA (Uchimawari), Yanami-cho Toyota 2019.jpg
Kuragaike SIC (Uchimawari), Yanami-cho Toyota 2019.jpg
【上段】
展望台とファミリーマート鞍ヶ池PA店(内回り)
(2019年(令和元年)5月)
【下段】
鞍ヶ池スマートインターチェンジ(内回り)
(2019年(令和元年)5月)
所属路線 C3 東海環状自動車道
IC番号 2-1
料金所番号 01-227・01-228
本線標識の表記 鞍ヶ池
起点からの距離 6.3 km(豊田東JCT起点)
豊田松平IC (2.9 km)
(3.4 km) 豊田勘八IC
供用開始日 2005年3月19日 (PA)
2009年4月1日 (SIC)
通行台数 x台/日
スマートIC 24時間
所在地 471-0002
愛知県豊田市矢並町法沢
備考 ハイウェイオアシス併設。
ETC専用のインターチェンジ(スマートIC)併設。
テンプレートを表示

鞍ヶ池パーキングエリア(くらがいけパーキングエリア)は、愛知県豊田市にある東海環状自動車道パーキングエリアである。

ハイウェイオアシスを併設しており、鞍ケ池公園へ連絡できる。コンビニエンスストアサークルKファミリーマート2018年(平成30年)9月20日転換)が内回り側にあるが、NEXCO中日本グループの中日本エクシス株式会社が運営していないため、サービスエリアガイド等には記載されていない。

2008年(平成20年)2月16日午前10時から、スマートインターチェンジの運用が開始された。

足助稲武方面は豊田勘八インターチェンジよりも最寄のインターチェンジである。 なお、スマートインターチェンジについて全長12メートル以上の車は利用できない。また、一般道からスマートインターチェンジを利用して本線に入る場合、パーキングエリアを経由・利用することはできない(ハイウェイオアシスの駐車場を利用すればパーキングエリアの利用は可能)。

歴史[編集]

施設[編集]

外回り 豊田東JCT(新東名)・豊田JCT(東名・伊勢湾岸道)・中部国際空港方面[編集]

内回り 土岐JCT(中央道)・美濃関JCT(東海北陸道)・テラスゲート土岐方面[編集]

  • 駐車場
    • 大型 32台(障害者用1台)
    • 小型 120台(障害者用3台)
  • トイレ
    • 男性 大 2器(和式 1器・洋式 1器)・小 6器
    • 女性 15器(和式 7器・洋式 8器)
      • 同伴の男児用 1器
    • 障害者用 1器(オスメイト対応)
  • ファミリーマート 鞍ヶ池PA店(24時間)
  • 自動販売機
  • 展望台
  • 電気自動車用EV急速充電スタンド
  • スマートインターチェンジ(車長12メートルまでの全車種)

ハイウェイオアシス[編集]

「プレイハウス」や「展望台」、緑の牧場と一体となった「四季の古里(さと)」などの施設。

内回りパーキングエリア・ハイウエイオアシスと外回りパーキングエリアを徒歩で移動することはできない。
外回りからの利用は、スマートインターチェンジをいったん流出(ここまでの通行料金を精算)する必要がある。
2010年(平成22年)12月までは、内回り・外回りとも鞍ケ池公園の直接利用が可能であったが、改修により外回りの駐車場(第二パーキング)が公園の一般駐車場になり使用できなくなった。また、一時閉鎖中の期間(2010年(平成22年)12月~2011年(平成23年)3月)は外回りからの利用は不可能になった。

周辺[編集]

[編集]

C3 東海環状自動車道
(2)豊田松平IC - 鞍ヶ池PA/SIC - (3)豊田勘八IC

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]