稲武町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いなぶちょう
稲武町
瑞龍寺のしだれ桜
瑞龍寺のしだれ桜
稲武町旗
稲武町章
稲武町旗 稲武町章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
稲武町旭町足助町藤岡町小原村下山村豊田市
現在の自治体 豊田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
東加茂郡
市町村コード 23545-8
面積 98.63km2
総人口 2,977
(2005年3月1日)
隣接自治体 旭町足助町設楽町津具村恵那市岐阜県
根羽村長野県
町の木 スギ
町の花 ツツジ
稲武町役場
所在地 441-2513
愛知県東加茂郡稲武町大字稲橋字竹ノ下1-1
Toyota City Hall Inabu branch in 2019 ac.jpg
座標 北緯35度12分57秒 東経137度30分33秒 / 北緯35.21597度 東経137.50908度 / 35.21597; 137.50908座標: 北緯35度12分57秒 東経137度30分33秒 / 北緯35.21597度 東経137.50908度 / 35.21597; 137.50908
稲武町、県内位置
特記事項 合併後市外局番0536(設楽MA)から0565(豊田MA)に変更されている。
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

稲武町(いなぶちょう)は、かつて愛知県北設楽郡東加茂郡に属していた

1940年(昭和15年)に稲橋村武節村が合併して成立した。前身2村から一字ずつとったのが町名の由来である。成立時は北設楽郡に属していたが、2003年(平成15年)に東加茂郡に変更され、2年後の2005年(平成17年)4月1日には周辺5町村とともに豊田市へ編入された。

地理[編集]

愛知県の北東端に位置し、愛知県・長野県岐阜県との3県境付近に位置する。美濃三河高原に属し、町域の大部分を山地が占める。井山には面ノ木風力発電所が設置されている。矢作川とその支流沿いに集落が点在する。

町域のほぼ中央、名倉川と黒田川の合流地点に位置する市街地は、三州街道沿いの宿場町(武節宿)として発展した街である。

隣接していた自治体[編集]

愛知県
東加茂郡旭町足助町
北設楽郡設楽町津具村
岐阜県
恵那市
長野県
下伊那郡根羽村

沿革[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

その他[編集]

交通[編集]

稲武バスセンター

町内を走る鉄道路線は存在しない。

道路[編集]

路線バス[編集]

  • 稲武バス(旧稲武町営バス) 稲武 - 足助、稲武 - 根羽、稲武 - 下山、稲武 - 押山 の4路線
  • 設楽町営バス 稲武 - 下山 - 田口(設楽町)の1路線

娯楽[編集]

  • 稲武劇場 - 映画館[2]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国税と車両登録関係は所属郡変更前から西三河の管轄区域だった。
  2. ^ 『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。同文献を出典としている1960年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」を参照した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]