スノーピーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社スノーピーク
Snow Peak, Inc.
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証プライム 7816
2015年12月11日上場
本社所在地 日本の旗 日本
955-0147
新潟県三条市中野原456番地
北緯37度32分44.2秒 東経139度2分42.8秒 / 北緯37.545611度 東経139.045222度 / 37.545611; 139.045222座標: 北緯37度32分44.2秒 東経139度2分42.8秒 / 北緯37.545611度 東経139.045222度 / 37.545611; 139.045222
設立 1964年1月
業種 その他製品
法人番号 3110001014316 ウィキデータを編集
事業内容 アウトドアライフスタイル製品(アウトドア製品、ガーデンファニチャー等のアーバンアウトドア製品、アパレル製品)の開発・製造・販売
代表者 代表取締役会長兼社長執行役員 山井太
代表取締役副社長執行役員 高井文寛
資本金 27億7931万6000円
(2021年12月31日現在)[1]
発行済株式総数 3814万0000株
(2021年12月31日現在)[1]
売上高 連結: 257億1353万6000円
単独: 223億8357万5000円
(2021年12月期)[1]
営業利益 連結: 38億1945万1000円
単独: 30億4559万6000円
(2021年12月期)[1]
経常利益 連結: 40億3538万3000円
単独: 31億4187万7000円
(2021年12月期)[1]
純利益 連結: 27億2548万0000円
単独: 20億8925万4000円
(2021年12月期)[1]
純資産 連結: 138億4967万4000円
単独: 127億3694万0000円
(2021年12月31日現在)[1]
総資産 連結: 213億1871万1000円
単独: 183億5023万6000円
(2021年12月31日現在)[1]
従業員数 連結: 623人
単独: 437人
(2021年12月31日現在)[1]
決算期 12月31日
会計監査人 太陽有限責任監査法人[1]
主要株主 山井太 14.6%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 9.1%
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 6.3%
日本カストディ銀行(信託口) 6.0%
東京中小企業投資育成 5.5%
THE BANK OF NEW YORK 133652 3.2%
雪峰社 2.9%
STATE STREET LONDON CARE OF STATE STREET BANK AND TRUST, BOSTON SSBTC A/C UK LONDON BRANCH CLIENTS - UNITED KINGDOM 2.8%
山井隆介 2.4%
山井梨沙 1.9%
(2021年12月31日現在)[1]
主要子会社 連結子会社の項目を参照
関係する人物 山井幸雄(創業者)
外部リンク https://www.snowpeak.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社スノーピーク: Snow Peak, Inc.[2])は、日本新潟県三条市に本社を置くアウトドア総合メーカー。山井幸雄が創業者であり、「Snow Peak」ブランドでアウトドアライフスタイル製品の開発・製造・販売を行う。世界に先駆け、「オートキャンプ」のスタイルを生んだ会社として知られる[3]。近年はキャンピングオフィス事業、複合型リゾート事業、アウトドア研修、ワーケーションの推進などに力を入れている[4][5][6][7]

概要[編集]

創業は山井幸雄商店という金物問屋で、当時の登山用品に不満があった初代社長の山井幸雄(1931〜92)が、オリジナルの登山用品・釣り具を開発したことによりアウトドアレジャーメーカーとして事業を拡大し、株式会社ヤマコウと社名変更した。

1986年に山井幸雄の長男である山井太が入社してキャンプ製品の開発を開始。1988年にオートキャンプ事業を立ち上げた[3]。これにより、オートキャンプシーンを創りだしたパイオニアとして知られることになった。1996年に山井太は代表取締役に就任して同時に社名を株式会社スノーピークと変更し、オートキャンプの需要拡大とともに新製品を市場へ投入した。

90年代前半にオートキャンプブームが収束すると減収が続く。1990年代後半、ユーザーとのキャンプイベント「Snow Peak Way」を開催した時にユーザーから語られた「製品は良いけど高い」「品揃えが悪い」という言葉にショックを受け、見直しを図る。正規特約店制度を導入し、問屋の介在を排した[8]。同時期、直火での焚き火が禁止されたキャンプ場でも焚き火ができるステンレス製の焚き火台を発売。焚き火台はロングセラー商品となった[9]

現在では日本国内のみならず海外にもグループ会社を持ちオートキャンプ登山用のテント寝具タープ、チェア、マグカップ等のアウトドア用品や自然指向のライフスタイルを実現する製品の販売を行なっている。経年劣化やユーザー自身の過失などを除いて、全ての商品に「永久保証」を付けている[4]。故障やテントの破れ等ほとんど全てのアイテムが同社のアフターサービスで修理を受けることができる。

2009年4月1日、フライフィッシング以外のフィッシング事業をグローブライド(旧:ダイワ精工)に譲渡した。譲渡後もグローブライドはスノーピークブランドを展開している。

2011年4月29日、本社機能をそれまでの三条市三貫地から同市中野原(旧:南蒲原郡下田村)に「HEADQUARTERS」として拡張移転。計165,000m2の土地に直営のオートキャンプ場「HEADQUARTERS Campfield」をオープン。同社製品の全てを手に取ることができる直営店「HEADQUARTERS Natural Lifestyle Store」を併設している。キャンプ場ではレンタルも可能。『手ぶらキャンププラン』という機材一式レンタルや宿泊利用費、スタッフによる設営サポートが含まれた初心者向けのプランも用意している。本社「HEADQUARTERS」は工場やアフターサービス、オフィスの見学が可能である。

2014年、アパレル事業をリニューアル。2015年11月、表参道に旗艦店を開店。他にも、住まいやオフィスにおけるアウトドアライフスタイルを提案するアーバンアウトドア事業を展開するなど新規事業にも力を入れている。

2016年7月、北海道帯広市と、観光振興や人材育成に協力する「包括連携協定」と結ぶ。地方自治体との同協定の締結は初めて[10][注 1]。同年9月、建築家隈研吾とコラボーションしたモバイルハウス「住箱」を発表。

2019年、社長の山井太がアメリカ合衆国に移住[17]。2020年2月26日、3月27日付で山井太が代表権のある会長に就任し、長女の山井梨沙副社長が社長に就任する人事を発表した[18][19]

2020年7月23日、長野県白馬村で体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」が全面開業[20]

2021年4月24日、本社のHeadquartersについて、周辺の土地を購入して敷地を5万坪から15万坪に拡張すると発表した[21]

同年7月8日、本社の敷地内に温浴施設を中心とする複合型リゾート「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ」を2022年春に開業すると発表した。設計は隈研吾[22]。スパの面積は約400m2。宿泊施設はヴィラ棟(2タイプ、3棟)に「住箱」を併設する予定。レストランは「神楽坂 石かわ」の石川秀樹が監修する[23]

同年12月1日、新潟土地建物販売センターと石田伸一建築事務所と協働して、2022年10月に新潟市西蒲区和納地区へ住宅街「野きろの杜」を開発すると発表した。約2万1818m2の敷地内に、34区画の分譲地と8戸の賃貸住宅からなる「住宅エリア」、ショップやイベントを通して交流が生まれる「コマーシャルエリア」、宿泊体験ができる「ゲストハウスエリア」の3つのエリアが整備される予定[24]

年表[編集]

  • 1958年(昭和33年)7月 - 山井幸雄が山井幸雄商店を創業。
  • 1963年(昭和38年)10月 - 「スノーピーク」を商標登録。
  • 1964年(昭和39年)1月 - 有限会社山井商店を設立、法人組織化。
  • 1971年(昭和46年)5月 - 株式会社ヤマコウへ組織変更。
  • 1986年(昭和61年) - 創業者山井幸雄の息子である山井太(現会長)の入社[25]
  • 1996年(平成8年)12月 - 株式会社スノーピークに商号変更。
  • 2011年(平成23年)4月 - キャンプフィールドを併設した店舗・工場・オフィスが一体となったHeadquatrsへと本社及び工場を移転。
  • 2014年(平成26年)12月11日 - マザーズ上場。
  • 2015年(平成27年)12月11日 - 東京証券取引所第一部に市場変更。
  • 2016年(平成28年)7月1日 - 株式会社スノーピークビジネスソリューションズ設立。
  • 2017年(平成29年)
    • 1月4日 - 株式会社スノーピークグランピング設立。
    • 2月1日 - 株式会社スノーピーク地方創生コンサルティング設立。
    • 3月1日 - 物流や製造、アフターサービス、営業の一部等中核機能を集約した「スノーピーク オペレーションコア HQ2」稼働開始。
  • 2022年(令和4年)
    • 4月15日 - 複合型リゾート「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ」が本社敷地内にオープン[26]
    • 9月21日 - 創業者の孫である山井梨沙社長が既婚男性との交際と妊娠を理由に社長職を辞職。同社は同日に臨時取締役会を開き、山井太会長が社長を兼務することを決議した[27]

ギャラリー[編集]

店舗[編集]

  • Headquarters
  • スノーピーク二子玉川
  • スノーピーク丸の内
  • スノーピーク昭島
  • スノーピーク表参道
  • スノーピーク新宿LUMINE
  • スノーピーク東急プラザ銀座
  • スノーピークららぽーとTOKYO-BAY
  • スノーピーク横浜みなとみらい
  • スノーピーク武蔵小杉
  • スノーピーク海老名
  • スノーピークららぽーと湘南平塚
  • スノーピークビルボードプレイス新潟
  • スノーピークららぽーと名古屋みなとアクルス
  • スノーピーク箕面自然館
  • スノーピークALBi大阪
  • スノーピーク京都藤井大丸
  • スノーピーク太宰府
  • スノーピーク天神Dice&Dice
  • スノーピーク奥日田

米国 2店舗

  • Snow Peak Portland
  • Snow Peak SoHo

韓国 4店舗

  • Snow Peak HQ Lounge (Korea)
  • Snow Peak Store Busan
  • Snow Peak Store Icheon
  • Snow Peak Store Pangyo Hyundai

台湾 1店舗

  • Snow Peak HQ Lounge (Taiwan)

合計24店舗

インストア店舗[編集]

国内49店舗、台湾6店舗 合計53店舗

ショップインショップ店舗[編集]

国内65店舗、韓国34店舗 合計99店舗

キャンプ場[編集]

  • スノーピーク十勝ポロシリ
  • Headquarters
  • スノーピーク箕面キャンプフィールド
  • スノーピークおち仁淀川
  • スノーピーク土佐清水キャンプフィールド
  • スノーピーク奥日田キャンプフィールド

主な製品[編集]

  • ランドブリーズシリーズ(テント)
  • ランドステーションシリーズ(タープ)
  • オフトンシリーズ(寝袋)
  • ギガパワーシリーズ(ストーブ・ランタン・バーナー・ヒーター等)
  • ほおずきシリーズ(LEDランタン)
  • 焚火台
  • テーブルウェア・チタンマグカップ
  • 住箱

連結子会社[編集]

2021年12月31日現在

  • 株式会社スノーピークウェル
  • Snow Peak Korea, Inc.
  • 株式会社スノーピークビジネスソリューションズ
  • 株式会社スノーピーク地方創生コンサルティング
  • 株式会社スノーピーク白馬
  • Snow Peak London, Limited.
  • Snow Peak USA, Inc.

パートナーシップ[編集]

2018年10月末現在以下のとおり。

  • 環境省国立公園オフィシャルパートナー)
  • 燕三条「畑の朝カフェ」
  • ZOZOTOWN
  • YAMAP(登山情報サイト)
  • コンサベーション・アライアンス・ジャパン
  • 一般社団法人フォレストック協会
  • TranTixxii(トランティクシー)(日本製鉄-意匠性チタンブランド)スノーピークのチタン製アウトドア製品は、全て最高級チタンのTranTixxii(トランティクシー)を使用

メディア[編集]

関連書籍[編集]

  • 『ザ・ファースト・カンパニー2016』(ダイヤモンド社、2016年1月)ISBN 9784478068588
  • 『自然にふれて取りもどす「人間の基本」』(マガジンハウス、2015年3月)ISBN 9784838727360
  • 中川淳、西澤明洋 『ブランドのそだてかた』日経BP、2012年10月18日。ISBN 978-4822264819 
  • 山井太 『スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営』日経BP、2014年6月4日。ISBN 978-4822277659 
  • スノーピーク監修 『OUTDOOR LIFE with DOGS 犬とキャンプ!』マガジンハウス、2016年8月25日。ISBN 978-4838728671 
  • スノーピーク監修 『キャンプで子育て GUIDE for FAMILY CAMP』マガジンハウス、2016年9月15日。ISBN 978-4838728794 

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 現在までに以下の地方自治体と包括連携協定を結んでいる。
    2016年 - 北海道帯広市
    2017年 - 愛知県豊田市[11]、北海道更別村、大分県日田市、 熊本県熊本市
    2018年 - 北海道上川町、高知県、茨城県つくば市、新潟県十日町市、新潟県新潟市
    2019年 - 長野県白馬村、山口県下関市
    2020年 - 熊本県人吉市、新潟県佐渡市
    2021年 - 佐賀県[12]、新潟県三条市[13]、新潟県[14]、北海道羅臼町[15]
    2022年 - 三重県いなべ市[16]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社スノーピーク (2022-03-28). 第58期(2021年1月1日 - 2021年12月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 株式会社スノーピーク 定款 第1章第1条
  3. ^ a b “スノーピークの強さと新たな成長戦略”. 繊研新聞社. (2015年7月2日). https://senken.co.jp/posts/snowpeak-toruyamai 2021年7月25日閲覧。 
  4. ^ a b “山井スノーピーク社長、コロナ禍が「自然体験欲求を喚起」 売上高6割増”. 時事ドットコムニュース. (2021年7月1日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021070100280 2021年7月25日閲覧。 
  5. ^ “浜名湖にキャンピングオフィス 東急不動産、新しい働き方提案”. 静岡新聞. (2021年7月10日). https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/927327.html 2021年7月25日閲覧。 
  6. ^ 国分瑠衣子 (2021年8月24日). “快走スノーピーク、33歳新社長の知られざる手腕 「アウトサイダーな経営者」が語った次の一手”. 東洋経済オンライン. https://toyokeizai.net/articles/-/449246 2021年9月4日閲覧。 
  7. ^ 平井良信「スノーピーク子会社 アウトドア研修好評 たき火囲んで職場に絆」 『中日新聞』2022年9月27日付朝刊、11版、地域経済、8面。
  8. ^ 苦しい時期に知った仕事の“原理原則”こそが、増収増益のカギ【株式会社スノーピーク山井社長の仕事論】リクナビNEXT Journal
  9. ^ 【フロントランナー】朝日新聞』2014年11月8日
  10. ^ 帯広市との包括連携協定について”. スノーピーク (2016年7月3日). 2021年7月28日閲覧。
  11. ^ “スノーピーク、愛知・豊田市と協定 アウトドアで観光振興”. 日本経済新聞. (2017年7月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB19HGP_Z10C17A7L21000/ 2021年2月19日閲覧。 
  12. ^ “スノーピーク(新潟県三条市)が佐賀県と包括連携協定を締結、同社の包括連携協定締結は20例目”. 日本経済新聞. (2021年4月21日). https://www.niikei.jp/72833/ 2021年7月28日閲覧。 
  13. ^ “スノーピークと地元三条市が地域活性化で包括連携協定”. ケンオー・ドットコム. (2021年7月9日). http://www.kenoh.com/2021/07/09_kyoutei.html 2021年7月28日閲覧。 
  14. ^ “新潟県・スノーピークが包括連携協定 地域活性化で”. 日本経済新聞. (2021年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC10C3O0Q1A910C2000000/ 2021年9月20日閲覧。 
  15. ^ “知床の自然で観光振興 羅臼町がアウトドア用品メーカーと協定”. NHK. (2021年10月11日). https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20211011/7000039109.html 2021年10月18日閲覧。 
  16. ^ スノーピークと三重県いなべ市が包括連携協定を締結”. スノーピーク (2022年3月7日). 2022年9月15日閲覧。
  17. ^ 伊藤小巻、小田翔子 (2021年7月16日). “キャンプ人気追い風スノーピーク、米国に本腰-アパレルやキャンプ場”. Bloomberg. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-15/QVWH14DWX2PS01 2021年7月25日閲覧。 
  18. ^ スノーピーク、新社長に山井梨沙氏 前期決算一部訂正”. 日本経済新聞 (2020年2月27日). 2020年2月27日閲覧。
  19. ^ 大塚千践 (2020年2月27日). “スノーピーク新社長に創業家3代目の山井梨沙氏 32歳での抜てき”. WWD. 2020年2月27日閲覧。
  20. ^ “コロナ禍で追い風、アウトドア「Snow Peak」社が狙う長野県白馬の「関係人口」創出の取り組みを取材した”. トラベルボイス. (2020年7月30日). https://www.travelvoice.jp/20200730-146742 2021年7月28日閲覧。 
  21. ^ “スノーピークHeadquarters開業10周年記念式典 敷地を5万坪から15万坪に拡張”. ケンオー・ドットコム. (2021年4月24日). http://www.kenoh.com/2021/04/24_snowpeak.html 2021年7月28日閲覧。 
  22. ^ “スノーピーク新潟本社にスパ施設が中心の複合型リゾートが来春開業”. ケンオー・ドットコム. (2021年7月8日). http://www.kenoh.com/2021/07/08_spa.html 2021年7月25日閲覧。 
  23. ^ “スノーピークの未来構想 野遊びの提供で「人間性の回復」を目指す”. フォーブス. (2021年7月24日). https://forbesjapan.com/articles/detail/42495/1/1/1 2021年8月6日閲覧。 
  24. ^ “スノーピーク/新潟市で住宅・商業・宿泊の街づくり「野きろの杜」に参加”. 流通ニュース. (2021年12月1日). https://www.ryutsuu.biz/store/n120116.html 2022年1月6日閲覧。 
  25. ^ 沿革 | 企業情報” (日本語). スノーピーク * Snow Peak. 2022年9月21日閲覧。
  26. ^ 境界線を曖昧に… 自然へ回帰する 『Snow Peak』新章”. エスクァイア (2022年4月26日). 2022年9月15日閲覧。
  27. ^ スノーピーク、山井社長が辞任 既婚男性との交際で” (日本語). ロイター (2022年9月21日). 2022年9月21日閲覧。
  28. ^ Hisaya-odori Park(ヒサヤオオドオリパーク)”. 【公式】愛知県の観光サイトAichi Now. 一般社団法人愛知県観光協会. 2021年10月18日閲覧。
  29. ^ “豊田・鞍ヶ池公園のリニューアル完了 グランピングや乗馬施設も整備”. 豊田経済新聞. (2021年5月2日). https://toyota.keizai.biz/headline/31/ 2021年7月4日閲覧。 
  30. ^ スノーピークEAT 豊田鞍ヶ池店”. スノーピーク. 2021年7月4日閲覧。
  31. ^ osoto久屋大通”. スノーピークのシェアオフィス・コワーキングスペース. 株式会社スノーピークビジネスソリューションズ. 2021年10月18日閲覧。
  32. ^ トレーラーハウス 住箱 - 受賞対象一覧 - Good Design Award”. GOOD DESIGN AWARD. 日本デザイン振興会. 2021年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

  • 山井太 -創業者の息子・会長兼代表取締役社長
  • 山井梨沙-創業者の孫で太の娘。既婚男性との交際と妊娠を理由に2022年社長職を辞職。
  • グローブライド -フィッシング事業の譲渡先
  • 伊藤正裕 - 社外取締役

外部リンク[編集]