スノーピーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 スノーピーク
Snow Peak, Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7816
2015年12月11日上場
略称 スノーピーク
本社所在地 日本の旗 日本
955-0147
新潟県三条市中野原456
設立 1964年1月
業種 その他製品
事業内容 アウトドアライフスタイル製品(アウトドア製品、ガーデンファニチャー等のアーバンアウトドア製品、アパレル製品)の開発・製造・販売
代表者 代表取締役社長 山井太
資本金 9,952万円
売上高 連結78億54百万円(2015年12月期)
純資産 連結40億65百万円(2015年12月)
総資産 連結68億42百万円(2015年12月)
従業員数 単体198人(2015年12月)
決算期 12月31日
主要株主 山井太 20.6%(2015年12月)
主要子会社 関連子会社の項目を参照
外部リンク http://www.snowpeak.co.jp/
テンプレートを表示

スノーピークは、日本の新潟県三条市に本社を置くアウトドア総合メーカー(Snow Peak, Inc. )およびそのブランド名(Snow Peak )である。世界に先駆け、「オートキャンプ」のスタイルを生んだ会社で知られており、「自らもユーザーである」という立場から、「自分たちが本当にほしい製品」を作ることで、それまでなかった「自然の中で豊かで贅沢な時間を過ごすアウトドアの楽しみ方」を確立してきた。創業以来一貫して革新的な新製品の開発を行い、顧客本位の高品質なモノづくりを続けている。コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」である。

概要[編集]

創業は山井幸雄商店という金物問屋で、当時の登山用品に不満があった初代社長がオリジナル登山用品・釣り具を開発した事からアウトドアレジャーメーカーとして事業を拡大、株式会社ヤマコウと社名変更。1986年には山井幸雄の長男、山井太が入社しキャンプ製品の開発をスタートし在のオートキャンプシーンを創りだした長パイオニアとして知られるに1996年に代表取締役し、同時に社名を株式会社スノーピークとし、オートキャンプの需要拡大とともに新しい製品を市場へ投入している。

90年代前半にオートキャンプブームが収束すると減収が続く長いトンネルに入る。90年代後半ユーザーとのキャンプイベント「Snow Peak Way」を開催し、その時にユーザーから語られた「製品は良いけど高い」、「品揃えが悪い」という言葉にショックを受け、見直しをはかる。正規特約店制度を導入し全商品の品揃えを確保できる店舗展開や問屋を介さないことでマージンを抑え販売価格のを下げる努力を続ける[1]、同時期直火での焚き火が禁止されたキャンプ場でも焚火ができるステンレス製の焚火台をリリースしロングセラー商品として育て上げるなど状況に応じた製品開発で苦境を脱した[2]。現在では日本国内のみならず海外にもグループ会社を持ちオートキャンプ登山用のテント寝具タープ、チェア等のアウトドア用品や自然指向のライフスタイルを実現するアイテム等の販売を行なっている。

徹底してユーザーの立場に立った製品開発を行なうこと、そしてフィールドで実証することにより品質を磨くことをものづくりの理念としている。また、経年劣化やユーザー自身の過失などを除いて永久保証制度を敷いている。故障やテントの破れ等ほとんどすべてのアイテムが同社のアフターサービスで修理のサービスを受けることができ、「良い物を長く」「捨てない=エコロジー」の提案を実証している。製品の価格は高めとなっているが、高品質で高いサービスを提供している。

2009年4月1日にはフライフィッシング以外のフィッシング事業をグローブライド(旧ダイワ精工)に譲渡した。譲渡後もグローブライドはスノーピークブランドを展開している。

2011年4月29日、本社機能をそれまでの三条市三貫地から同市中野原(旧・南蒲原郡下田村)に「HEADQUARTERS」として拡張移転。計165,000m2の土地に直営のオートキャンプ場「HEADQUARTERS Campfield」をオープン。同社製品の全てを手に取ることができる直営店「HEADQUARTERS Natural Lifestyle Store」を併設している。キャンプ場ではレンタルも可能。『手ぶらキャンププラン』という機材一式レンタルや宿泊利用費、スタッフによる設営サポートが含まれた初心者向けのプランも用意している。本社「HEADQUARTERS」は工場やアフターサービス、オフィスの見学が可能である。

2014年よりアパレル事業をリニューアル。『Home⇌Tent』をコンセプトに「日常と自然の距離をなくす服」を開発し店舗展開も進めている。2015年11月表参道に旗艦店をオープン。他にも、住まいやオフィスにおけるアウトドアライフスタイルを提案するアーバンアウトドア事業を展開するなど新規事業にも力を入れている。2016年9月世界的建築家隈研吾氏とコラボーションしたモバイルハウス「住箱-JYUBAKO」を発表

自然の中で生きる力、家族や友人とのコミュニケーション等、現代社会で失われつつある「自然と人のつながり」や「人と人とのつながり」を大切にし、自然と共に生きることにより人間性を回復するアウトドアライフスタイルの提案をミッションとしている。

沿革[編集]

  • 1958年(昭和33年)7月 - 山井幸雄商店を創業。
  • 1963年(昭和38年)10月 - 「スノーピーク」を商標登録。
  • 1964年(昭和39年)1月 - 有限会社山井商店を設立、法人組織化。
  • 1971年(昭和46年)5月 - 株式会社ヤマコウへ組織変更。
  • 1996年(平成8年)12月 - 株式会社スノーピークへ社名変更。
  • 2011年(平成23年)4月 - キャンプフィールドを併設した店舗・工場・オフィスが一体となったHeadquatrsへと本社及び工場を移転。
  • 2014年(平成26年)12月11日 - マザーズ上場。
  • 2015年(平成27年)12月11日 - 東京証券取引所第一部に市場変更。
  • 2016年(平成28年)7月1日-株式会社スノーピークビジネスソリューションズ設立。
  • 2017年(平成29年)1月4日-株式会社スノーピークグランピング設立。
  • 2017年(平成29年)2月1日-株式会社スノーピーク地方創生コンサルティング設立。
  • 2017年(平成29年)3月1日-物流や製造、アフターサービス、営業の一部等中核機能を集約した「スノーピーク オペレーションコア HQ2」稼働開始。

店舗展開

  • Headquarters
  • スノーピーク二子玉川
  • スノーピーク丸の内
  • スノーピーク昭島
  • スノーピーク表参道
  • スノーピーク新宿LUMINE
  • スノーピーク東急プラザ銀座
  • スノーピークららぽーとTOKYO-BAY
  • スノーピーク横浜みなとみらい
  • スノーピーク武蔵小杉
  • スノーピーク海老名
  • スノーピークららぽーと湘南平塚
  • スノーピークビルボードプレイス新潟
  • スノーピーク箕面自然館
  • スノーピークALBi大阪
  • スノーピーク京都藤井大丸
  • スノーピーク太宰府
  • スノーピーク天神Dice&Dice
  • スノーピーク奥日田

米国2店舗

  • Snow Peak Portland
  • Snow Peak SoHo

韓国4 店舗

  • Snow Peak HQ Lounge (Korea)
  • Snow Peak Store Busan
  • Snow Peak Store Icheon
  • Snow Peak Store Pangyo Hyundai

台湾1店舗

  • Snow Peak HQ Lounge (Taiwan)

合計24店舗

インストア店舗[編集]

国内49店舗、台湾6店舗 合計53店舗

ショップインショップ店舗[編集]

国内65店舗、韓国34店舗 合計99店舗

キャンプ場[編集]

  • Headquarters
  • スノーピーク箕面キャンプフィールド
  • スノーピーク奥日田キャンプフィールド

主な製品[編集]

  • ランドブリーズシリーズ(テント)
  • ランドステーションシリーズ(タープ)
  • オフトンシリーズ(寝袋)
  • ギガパワーシリーズ(ストーブ・ランタン・バーナー・ヒーター等)
  • ほおずきシリーズ(LEDランタン)
  • 焚火台

関連子会社[編集]

2016年3月末現在以下のとおり。

  • 株式会社スノーピークウェル
  • Snow Peak Korea, Inc.

メディア[編集]

関連書籍[編集]

  • 『ザ・ファースト・カンパニー2016』(ダイヤモンド社、2016年1月)ISBN 9784478068588
  • 『自然にふれて取りもどす「人間の基本」』(マガジンハウス、2015年3月)ISBN 9784838727360
  • 『ブランドのそだてかた』(日経BP、2012年10月)ISBN 9784822264819 -スノーピークも取り上げられている。
  • 山井太著『スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営』(日経BP、2014年)ISBN 9784822277659
  • 『OUTDOOR LIFE with DOGS 犬とキャンプ! 』(マガジンハウス、2016年8月)
  • 『キャンプで子育て GUIDE for FAMILY CAMP』(マガジンハウス、2016年9月)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]