山井太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまい とおる
山井 太
生誕 (1959-12-18) 1959年12月18日(62歳)
新潟県三条市
国籍日本の旗 日本
出身校新潟県立三条高等学校
明治大学商学部
職業スノーピーク代表取締役会長兼社長

山井 太(やまい とおる、1959年12月18日 - )は、日本実業家で、スノーピーク代表取締役会長兼社長。

人物[編集]

新潟県三条市生まれ。趣味は、フライ・フィッシング

子供のころから野球少年で、明治大学商学部入学後は、スキー用品店でのアルバイトなどを経て、大学卒業後は外資系ブランド商社リーベルマン・ウェルシュリー & Co.,SAに就く。

1986年に、父が創業した株式会社ヤマコウ(現・株式会社スノーピーク)に入社し、アウトドアをライフスタイル ととらえ、スノーピークをオートキャンピングブランドとして展開。 オートキャンピングのパイオニアメーカーとして日本のアウトドアシーンを革新する。 1996 年に社長に就任するとともに、社名を株式会社スノーピークに変更。国内での全国展開はもとより、海外20ヶ国(北米・ヨーロッパ・アジア・オセアニア地域)に展開し、日本からの情報発信も行う。 創業以来貫き通す「自らもユーザーである」との原点から、ミッションステートメント として掲げる“The Snow Peak Way”のもと、革新的な製品の開発を行い、人間と自然 が豊かにふれあえるライフスタイルの提案として、徹底的にユーザーの立場に立ったプロダクツやサービスを提供し続けている。

2014年12月11日、スノーピークは東京証券取引所マザーズに上場。翌2015年12月11日最短の1年で東京証券取引所第一部に市場変更。同年「2015年日経ビジネスが選ぶ次世代を創る100人」に選ばれている。2019年、アメリカ合衆国に移住[1]

略歴[編集]

  • 1959年(昭和34年)12月 -新潟県三条市に生まれる。
  • 1982年(昭和57年)4月 -リーベルマン・ウェルシュリー & Co.,SA入社する。
  • 1986年(昭和61年)7月 -株式会社ヤマコウ(現 株式会社スノーピーク)入社する。
  • 1996年(平成8年)11月 -代表取締役社長就任後、社名を現在のスノーピークに変更する。
  • 2011年(平成23年)4月 -キャンプフィールドを併設した店舗・工場・オフィスが一体となったHeadquatrsへと本社及び工場を移転する。
  • 2013年(平成25年)-日刊工業新聞主催「第31回優秀経営者顕彰」において最優秀経営者賞を受賞。
  • 2014年(平成26年)12月 -株式会社スノーピークを東京証券取引所マザーズへ上場させる。
  • 2015年(平成27年)12月 -スノーピークを東証一部に市場変更させる。
  • 2017年(平成29年)1月 -『シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード 2017 Presented by GOETHE』コーポレートバリューデベロップメント部門受賞
  • 2020年(令和2年)3月 - スノーピーク代表取締役社長を娘の山井梨沙に譲り、代表取締役会長に就任。
  • 2022年(令和4年)9月 - 山井梨沙の社長辞任に伴いスノーピーク代表取締役社長に復帰[2]

番組出演[編集]

著書[編集]

  • 『スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営』日経BP、2014年6月4日。ISBN 978-4822277659 
  • 山井太 『スノーピーク「楽しいまま! 」成長を続ける経営』日経BP、2019年10月18日。ISBN 978-4296103355 

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤小巻、小田翔子 (2021年7月16日). “キャンプ人気追い風スノーピーク、米国に本腰-アパレルやキャンプ場”. Bloomberg. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-15/QVWH14DWX2PS01 2021年7月25日閲覧。 
  2. ^ スノーピーク、山井社長が辞任 既婚男性との交際で” (日本語). ロイター (2022年9月21日). 2022年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]