蒲生スマートインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
蒲生スマートインターチェンジ
下り線出入口
下り線出入口
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 29-1
本線標識の表記 国道477号標識蒲生
起点からの距離 441.2km(東京IC起点)
黒丸PA (3.2km)
(6.0km) 竜王IC
接続する一般道 滋賀県道41号土山蒲生近江八幡線
供用開始日 2013年12月22日
通行台数 3,182台/日
2015年度(平成27年度))
スマートIC 24時間
所在地 529-1562
滋賀県東近江市木村町
テンプレートを表示
上り線出入口

蒲生スマートインターチェンジ(がもうスマートインターチェンジ)は、滋賀県東近江市木村町の名神高速道路八日市IC - 竜王IC間に設置されている本線直結型のスマートインターチェンジである。

概要[編集]

蒲生スマートICの建設を告知する看板(2010年10月29日)

滋賀県2009年3月13日に当スマートインターチェンジと湖東三山スマートインターチェンジ(当初の仮称は秦荘スマートIC)の実施計画書を西日本高速道路中日本高速道路に提出し、2009年6月30日金子一義国土交通大臣が建設を許可した。総事業費は約22億4,000万円で、このうち県の負担は約2億円である。将来予想利用台数は2,000台。利用対象車はETC車載器を搭載した全車種で利用時間は24時間である。

このインターチェンジ付近を起点に名阪国道上柘植ICへ至る地域高規格道路名神名阪連絡道路が計画されている。

歴史[編集]

  • 2009年平成21年)3月13日 : 滋賀県が当スマートICの実施計画書を西日本高速道路に提出。
  • 2009年(平成21年)6月30日 : 国土交通省が建設を許可する。
  • 2009年(平成21年)9月5日 : 着工。
  • 2013年(平成25年)12月22日 : 供用開始[1]

道路[編集]

接続道路[編集]

周辺[編集]

  • 雪野山歴史公園
  • 悠久の丘蒲生あかね古墳公園
  • 雪野山史跡広場「妹背の里」

[編集]

E1 名神高速道路
(28-1)湖東三山PA/スマートIC - (29)八日市IC - 黒丸PA - (29-1)蒲生SIC - (29-2)竜王IC - 菩提寺PA - (29-3)栗東湖南IC(大阪方面のみ)

脚注[編集]

  1. ^ 蒲生スマートインターチェンジの開通について|NEXCO 西日本2013年10月29日閲覧
[ヘルプ]

外部リンク[編集]