八日市インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八日市インターチェンジ
Yokaichi IC.JPG
八日市インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 29
料金所番号 01-207
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0421.svgJapanese National Route Sign 0008.svg 八日市
起点からの距離 434.6 km(東京IC起点)
湖東三山PA (10.0 km)
(3.4 km) 黒丸PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0421.svg国道421号
供用開始日 1964年昭和39年)4月12日
通行台数 10,168台/日(2018年度)[1]
所在地 527-0045
滋賀県東近江市中小路町582-2
北緯35度5分32.9秒 東経136度13分33.7秒 / 北緯35.092472度 東経136.226028度 / 35.092472; 136.226028
テンプレートを表示

八日市インターチェンジ(ようかいちインターチェンジ)は、滋賀県東近江市中小路町にある名神高速道路インターチェンジである。2005年道路関係四公団民営化後は、八日市ICを含む東側が中日本高速道路(NEXCO中日本)[2]、八日市ICを含まない西側が西日本高速道路(NEXCO西日本)[3]の管轄となっている。

概要[編集]

滋賀県湖東地方の重要なICで、東近江市・愛荘町日野町などの最寄りICである。近くに工業団地があり、多くの企業が進出している。

永源寺湖東三山百済寺金剛輪寺西明寺)の京都方面からの最寄ICであり、観光でも利用数が多い。

八日市バスストップを併設する。

このインターチェンジ付近を起点に名阪国道上柘植ICへ至る地域高規格道路名神名阪連絡道路が計画されている。

道路[編集]

歴史[編集]

接続道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:6

入口[編集]

  • ブース数:2

出口[編集]

  • ブース数:4
    • ETC専用:2
    • 一般:2

周辺[編集]

[編集]

E1 名神高速道路
(27-1) 米原JCT - (28) 彦根IC - 多賀SA/スマートIC(スマートICは事業中) - (28-1) 湖東三山PA/スマートIC - (29) 八日市IC - 黒丸PA/スマートIC(スマートICは事業中) - (29-1) 蒲生スマートIC- (29-2) 竜王IC

八日市バスストップ[編集]

名神八日市とも呼ばれる。

バス路線[編集]

高速バス(高速道路側)

路線バス(一般道側)
()付きは一部停車

脚注[編集]

  1. ^ 滋賀県統計書 平成30年度(2018年度) 高速道路インターチェンジ別出入交通量 (PDF)”. 滋賀県総合企画部統計課 (2020年3月13日). 2021年1月23日閲覧。
  2. ^ 第15期 有価証券報告書』(PDF)中日本高速道路、2020年6月24日、46頁。2021年1月23日閲覧。
  3. ^ 第15期 有価証券報告書』(PDF)西日本高速道路、2020年6月23日、39頁。2021年1月23日閲覧。

関連項目[編集]