八日市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八日市駅
Ohmi Railway Yokaichi Station ac.jpg
駅舎(2016年)
ようかいち
YOKAICHI
所在地 滋賀県東近江市八日市浜野町485
北緯35度6分52.2秒 東経136度11分41.4秒 / 北緯35.114500度 東経136.194833度 / 35.114500; 136.194833座標: 北緯35度6分52.2秒 東経136度11分41.4秒 / 北緯35.114500度 東経136.194833度 / 35.114500; 136.194833
駅番号 OR15
所属事業者 近江鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
[* 1]2,141人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1898年明治31年)7月24日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 本線
キロ程 25.3 km(米原起点)
OR14 河辺の森 (2.3 km)
(2.2 km) 長谷野 OR26
所属路線 八日市線(万葉あかね線)
キロ程 0.0 km(八日市起点)
(0.6 km) 新八日市 OR16
*当駅より河辺の森方面には湖東近江路線、長谷野方面には水口・蒲生野線の愛称あり。
テンプレートを表示

八日市駅
配線図

河辺の森駅

ENDEa STR
STR STR+l ABZgr
ABZg+l ABZgr ABZgl STR+r
ENDEa STR+BSl STR+BSr STR STR+BSl BUILDING
STR STR+BSl STR+BSr STR STR+BSl
STRl ABZg+r STR STR STR
STRl ABZg+r ABZg+l STRr
ABZgl+l ABZgr+r
STRq STRq STRr STR

新八日市駅
  長谷野駅

八日市駅(ようかいちえき)は、滋賀県東近江市八日市浜野町にある近江鉄道である。駅番号OR15本線八日市線の接続駅である。終日有人駅。第1回近畿の駅百選に選定されている。

千葉県の八日市場駅と時々混同した記述が見られる[2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

乗り場は駅舎に隣接した単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面3線構造で[11]、単式ホーム側から1・2・3番のりばとなっている[11]。また、単式ホームと島式ホームの間に車両留置用の中線が[1]、島式ホームの外側と米原方に側線がある[1]

ホームと駅舎は跨線橋で結ばれており[1]、エレベーターも設けられている。駅舎は近江鉄道の中で最も大きく、近代的な作りである。LED電光式の列車発着表示器が改札口頭上に設置されている。

隣の新八日市駅との駅間距離は500mと短いため、当駅と新八日市駅の場内信号は駅南側の踏切を挟んで向かい合うように立っている。

当駅構内配線の都合上、当駅始発・終着の列車は踏切を支障する。

旧駅舎は大柄な木造駅舎で、広告看板が多く貼られていた[12]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 本線(水口・蒲生野線) 下り 貴生川方面[13]
2 本線(湖東近江路線) 上り 米原方面[14]
3 八日市線(万葉あかね線) - 近江八幡方面[15]

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員の推移は下記のとおり。(東近江市統計書による)

年度 1日平均
乗車人員[注釈 1]
2002年(平成14年) 2,009
2003年(平成15年) 1,986
2004年(平成16年) 2,011
2005年(平成17年) 2,023
2006年(平成18年) 2,049
2007年(平成19年) 2,062
2008年(平成20年) 2,050
2009年(平成21年) 1,896
2010年(平成22年) 2,056
2011年(平成23年) 2,077
2012年(平成24年) 2,081
2013年(平成25年) 2,023
2014年(平成26年) 2,041
2015年(平成27年) 2,047
2016年(平成28年) 2,146
2017年(平成29年) [* 2]2,217
2018年(平成30年) [* 3]2,161
2019年(令和元年) [* 1]2,141

駅周辺[編集]

駅前広場(2008年3月)

バス路線[編集]

駅前ロータリー内に「八日市駅」停留所があり、近江鉄道バスちょこっとバスの各路線が発着する[17]

八日市駅
乗り場 運行事業者 系統または路線名・行先 備考
1 近江鉄道バス 御園線:永源寺車庫 東近江総合医療センター経由は平日の朝昼のみ運行
2 神崎線能登川駅  
3 ちょこっとバス 市原線:永源寺支所
愛東線:八日市駅
湖東線:八日市駅
沖野玉緒線東近江総合医療センター
南部御園線:土器
市内循環線:八日市駅
正月三が日は全路線運休
備考

FMひがしおうみ[編集]

  • びわ湖キャプテンが運営するコミュニティ放送局であり、2005年に開局した[10]。同局は幹線道路沿いにあったが、東近江市中心市街地活性化基本計画の一環として、2022年(令和4年)4月5日に当駅の待合室内へ移転した[18]。なお、移転先の新スタジオには「えきなか局」という愛称がある[19]

隣の駅[編集]

近江鉄道
本線(湖東近江路線・水口・蒲生野線)
河辺の森駅(OR14) - 八日市駅(OR15) - 長谷野駅(OR26)
八日市線(万葉あかね線)
快速(平日朝の1本のみの運転、到着列車のみ)
八日市駅(OR15)武佐駅(OR20)
普通
八日市駅(OR15) - 新八日市駅(OR16)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 東近江市統計書に記載のある年間乗車人員を年間日数(365または366)で除している。なお、小数点以下は四捨五入している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 川島 2009, p. 76.
  2. ^ 最も顕著な誤り例:三宅俊彦著『鉄道未公開古写真』(新人物往来社)2007年 38頁。八日市場停車場(千葉県)の古絵葉書が、近江鉄道八日市停車場として掲載。
  3. ^ 朝日 2011, p. 12.
  4. ^ 朝日 2011, p. 13.
  5. ^ 朝日 2011, p. 14.
  6. ^ 平成プレーバックひがしおうみ - 滋賀報知新聞、2019年4月28日
  7. ^ “11月2日(土)八日市駅に「近江鉄道ミュージアム」オープン!” (PDF) (プレスリリース), 近江鉄道, (2019年10月25日), https://www.ohmitetudo.co.jp/file/railway_newsrelease_20191025.pdf 2021年7月22日閲覧。 
  8. ^ “滋賀)近江鉄道ミュージアム 2日新装 八日市駅”. 朝日新聞デジタル. (2019年11月2日). オリジナルの2019年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191105094812/https://www.asahi.com/articles/ASMC14RQ2MC1PTJB00K.html 2021年7月22日閲覧。 
  9. ^ a b “駅ナカで入場無料の博物館 近江鉄道ミュージアムが人気”. 産経ニュース. (2020年2月4日). https://www.sankei.com/article/20200204-ORL3QMYFKRNUTPNY4S5EDGKRLI/ 2021年7月22日閲覧。 
  10. ^ a b 近江鉄道駅からラジオ放送 電車待つ人ガラス越しに 滋賀・東近江市”. 京都新聞. 2022年4月18日閲覧。
  11. ^ a b 川島 2009, p. 11.
  12. ^ 辻󠄀 良樹『日常懐古 キンテツが走る裏庭へ』34頁 芸文社「ノスタルジックトレインNo.2」所収 2009年。
  13. ^ 八日市駅(貴生川方面)の時刻表|近江鉄道”. 近江鉄道. 2022年9月18日閲覧。
  14. ^ 八日市駅(米原方面)の時刻表|近江鉄道”. 近江鉄道. 2022年9月18日閲覧。
  15. ^ 八日市駅(近江八幡方面)の時刻表|近江鉄道”. 近江鉄道. 2022年9月18日閲覧。
  16. ^ 歴史好きは絶対に行くべし!「近江鉄道本線&多賀線」6つのお宝発見の旅【後編】”. GetNavi Web (2020年12月8日). 2021年7月22日閲覧。
  17. ^ 主要駅における乗り場のご案内について(八日市駅)”. 近江バス・湖国バス. 2022年9月9日閲覧。
  18. ^ 近江鉄道盛り上げニュース ガチャ盛り通信 Vol.6”. 滋賀県 (2022年4月25日). 2022年8月29日閲覧。
  19. ^ ラジオスイート新スタジオ えきなか局 開局”. ラジオスイート: Radiosweet (2022年4月5日). 2022年8月29日閲覧。

統計[編集]

参考文献[編集]

  • 川島令三 『【図説】日本の鉄道東海道ライン 全線・全駅・全配線 第6巻 米原駅-大阪エリア』講談社、2009年8月20日。ISBN 978-4-06-270016-0 
  • 『週刊歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄 29 近江鉄道/信楽高原鐵道/伊勢鉄道/養老鉄道』朝日新聞出版、2011年10月9日。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]